タグ:FUJIFILM X-T20 ( 34 ) タグの人気記事

d0051707_09113461.jpg

今朝も厳しく冷え込んで、最低気温は-26.1℃。
朝イチは鼻毛も凍るほどの寒さだけれど、せっかくなので川面から湯気のように立ち上る霧=けあらし(気嵐)を観察しに出かけた。
d0051707_09113321.jpg
ポイントはダムからの放水口の近く。ダムからの放水は、川よりも水温が若干高い(推定4℃)ので、盛大にけあらしが立ちのぼるのだ。
d0051707_09113382.jpg
霧が河畔の樹々に凍りつき、朝日に照らされて美しい。
d0051707_09113448.jpg
ついでに立ち寄った湧水。以前からチェックしていたのだが、初めて立ち入ったポイント。
湧水も温度が高いので、けあらし発生。
d0051707_09113430.jpg
霜の花が咲いている。
d0051707_09113360.jpg
こんな厳冬期なのに、水中にはクレソン。
d0051707_09113368.jpg
白樺の根っこに抱かれた岩の、その下からこんこんと湧き出す。なかなかGoodな湧水ポイントだった。
d0051707_09113366.jpg
思っていたより湧水量も多い。
d0051707_09113418.jpg
最後に本流も観察。
d0051707_09113452.jpg
蓮氷(はすごおり)が流れ、逆光に照らされるけあらし。

by akisiko | 2019-02-10 09:29 | | Comments(2)

糠平湖氷上散歩

d0051707_19185379.jpg
糠平湖のアイスバブルが当たり年だというので行ってきた。

この冬は驚くほどに降雪量が少ない十勝地方。
糠平の湖面は深さ20cmほど氷結しているようだが、その上に雪が全くないためにガラス張りの湖面を歩くような不思議な体験ができたのであった。
d0051707_19185347.jpg
ワカサギ釣りのテント多数。さらに写真撮影目当ての方も多く訪れて大盛況の糠平湖。
d0051707_19185326.jpg
足元には透きとおる氷と、その下に青い湖水。
d0051707_19185339.jpg
驚くほどの透明度の氷。まるで宙に浮いているみたい。
d0051707_19185392.jpg
湖底から湧く気泡が氷の層に閉じ込められるアイスバブル。
なかなか珍しい現象だと想像するのだが、いたるところアイスバブルだらけなので観察し放題。
d0051707_19185257.jpg
ニペソツがくっきり。東大雪の山や、日高山系の山々が輪郭も鮮やかに近くに見える。
遠くの山が近くに見えるのは天気が崩れる兆候といわれるが、はたして。

by akisiko | 2019-01-13 19:41 | | Comments(6)

エゾフクロウ

d0051707_17144955.jpg
エゾフクロウを観察しに出かける。
この樹で寝ているときもあるし、いないこともある。
観察するときは警戒させないように、静かにゆっくりと。
d0051707_17144839.jpg
あっ、起こしちゃった。ごめんなさい。

by akisiko | 2019-01-04 17:18 | | Comments(2)

寝猫26

d0051707_07330833.jpg
寝るならやっぱりニャンモック
d0051707_07311742.jpg
そしてストーブ前と相場がきまっております
d0051707_07311795.jpg
寝ているときは子供の顔に戻るなあ
d0051707_11043884.jpg
夜更けに薪をくべに起きたら、みやぢがやってきてストーブ下に潜り込んだ。
今夜も冷えるもんな。


by akisiko | 2018-02-18 07:40 | | Comments(2)

青色みやぢ

d0051707_20360431.jpg
雪が降る夕方。
厚い雲を通して届く夕刻の光は少し青みを帯びていて、彼の目を染めていました。
d0051707_20355703.jpg

by akisiko | 2018-02-17 20:40 | | Comments(0)

皆既月食

d0051707_18555333.jpg
スーパーブルーブラッドムーンということで、当地では今年初めて見られる天体ショー。
ビリっと冷え込む夜空に怪しく浮かぶ赤い月。

ISOを10000まで上げて、手持ち撮影でササっと撮る…激寒いから。

でも、三脚を使ったら普段はあり得ない光景が写せたのに。光量が落ちた満月の周りには星たちが輝いていました。
d0051707_18555366.jpg
地球の影が浸食している姿はこちら。

by akisiko | 2018-02-01 19:14 | | Comments(0)

ジュエリーアイス再び

d0051707_15262862.jpg

豊頃町大津海岸のジュエリーアイスが見ごろだということで再び行ってきました。
d0051707_14593598.jpg
2週間前に行ったときには数えるほどしかなかった氷が、今日は海岸いっぱいに打ち上げられていました。
d0051707_15010695.jpg
人もたくさん来ていましたよ。
d0051707_15010635.jpg
現地の気温は-13℃。
ちなみに本別町を出発時には-22℃までの冷え込み。最低気温は-23.6℃だということで今季最低なのではないでしょうか。
d0051707_15010631.jpg
どうやって撮ってもいい感じの画になります。
d0051707_15010652.jpg
休憩所「ジュエリーハウス 」でサルシッチャ(生ソーセージ)と野菜スープをいただいてきました。
注文してからサルシッチャを焼いてくれます。野菜ときのこの味がよく出たスープに肉の旨みで体が温まります。
予想以上の本格的な味でした。満足。

by akisiko | 2018-01-28 15:25 | | Comments(0)

ジュエリーアイス

豊頃町の大津海岸にジュエリーアイスを見に行く。
d0051707_19111956.jpg
ジュエリーアイスとは、結氷した十勝川の氷が海に流れ出して海岸に打ち上げられたもの。
情報ではまだ少ないとのことだったけれど、偵察がてら海までドライブ。
d0051707_19114132.jpg
今季一番の冷え込みのなか海岸に立ってみると、海からは「けあらし」が。
つまり、寒すぎて海から湯気が立っているわけ。
そしてその向こうにくっきりとそびえる日高山脈。凍り付いたテトラポッドがいかに寒さが厳しいかを物語る。
d0051707_19114019.jpg
午前9時頃の気温はマイナス15℃ほど。
この程度の気温には慣れているものの、海岸部は少し風が吹いていてそれだけで体感温度は驚くほど下がる。
顔が痛い!ちょっと撮影をしている間に手が痛くなる。
d0051707_19114026.jpg
ジュエリーアイスはいくつかしか見られなかったものの、この厳寒を体感出来て、真冬の海の風景を見られただけで満足。


d0051707_20341674.jpg
十勝川河口には結氷した浮氷を見ることができた。
アムール川で凍った氷がオホーツク海に流れてくるのが流氷。
ジュエリーアイスはつまり十勝川の流氷なのだけれど、太平洋の海水温は高いので溶けてしまう。それが見られるのは河口周辺の大津海岸だけ、ということなのだろうか。

d0051707_19114135.jpg
少し散策するとオジロワシも発見。雪原と海を眺める孤独な姿の猛禽類。
d0051707_20341509.jpg
すっかり冷え切った体を温めるために美味しい食べ物を。
ボリュームたっぷりのハンバーグスパを食べて帰りましたよ。



by akisiko | 2018-01-14 20:46 | | Comments(2)

厳寒薪割

d0051707_16114749.jpg
十勝らしい厳しい冷え込みが戻って、今朝は-19℃。
d0051707_16114791.jpg
樹々には霜がびっしりと降りて、朝日の逆光に輝いていた。
d0051707_16114785.jpg
お隣さんの農家にいる"ばん馬"の背中にはカラス。
d0051707_16114729.jpg
そんなクッソ寒い中、今日も薪と格闘。
北側の日陰なのでなお寒いね。動けば体は温まるけど、顔と手足が冷えすぎて痛い!
d0051707_16114866.jpg
それでもよく働きました。あともうふた息ってところです。
が、明日から仕事なので一時中断。

by akisiko | 2018-01-05 16:53 | | Comments(0)

湿雪

d0051707_17154385.jpg
低い雲から大粒の雪が静かに降りる。そんな新年2日目。
d0051707_17201839.jpg
初詣に行くかわりに、難攻川へ運試し。
結果は…なんもなし!腕がないのに運に頼るからダメよね。
魚の顔を見られないのは寂しいから川を変えて挑戦したけれど、意外に渋くて小吉が3尾でした。

by akisiko | 2018-01-02 17:25 | | Comments(0)