集合煙突拡張工事

d0051707_17063949.jpg
集合煙突の引き込み口の径は日本の煙突サイズにできているから3.5寸=105mm。
対してわが家で使っているダッチウエストの薪ストーブの煙突径は152mm。
d0051707_17063992.jpg
その差を埋めるために、引き込み口にはこの異径アダプターが装着されている。
かねてから薪ストーブの燃えが悪いと感じていたのだが、この部分がその原因なのではないかと。
ここがボトルネックになって煙の流れが阻害されているのでは?

ちなみに集合煙突とは屋内にあらかじめ設置されている煙突で、土管の周りがコンクリで固められた構造になっている。
土管の内径はおよそ180mmだから、集合煙突部分の煙の流れは良好なはず。
d0051707_17064173.jpg
唯一細くなっている壁面の引き込み部分を拡張しようというのが今回のDIY工事。
自力施工の自信は全くないけど、薪ストーブ屋さんも自分でできますよって言うし。
d0051707_17064045.jpg
まずはいつものkoi農場のTさんに、ハンマードリルなる電動工具をお借りする。
d0051707_17064079.jpg
コンクリートをはつる。
しかしなかなかうまくいかない。ハンマードリルが重たいし、横向きで力が入らないし。
時間ばかり経って作業が進まない。
d0051707_17064040.jpg
たまたま通りかかったTさんを捕まえて、「なんかうまくいかないんだけど~」って助けを求めた。
さすがTさん、パワープレイでがつがつと壊していく。…が、やっぱりかなりの労力と時間を要することが判明。
d0051707_17064010.jpg
困り果てて建築会社の専務さんにヘルプの電話を入れた。
この部分だけお金を払ってプロにお願いしようかと。
すると専務さん、工具を貸すから自分でやってみな、とのお返事。
なんだか、みんなが「自分でやれ」って言ってくれて助けてくれるのが面白くて、それじゃあやってみようかという気になってしまう。
d0051707_17064053.jpg
そんないきさつでお借りしたMakitaの電動ピックが、軽いのに超強力。午前中に難儀していた作業が1時間ほどで終わる。
やっぱ、道具と手法は大事だね。素人にはそのへんが難しい。
d0051707_17064193.jpg
煙突がすっぽり入る穴をあけた。その隙間をモルタルで埋めるのだが、これまたどうやったらいいものやら?
d0051707_15414725.jpg
2週間後の9月16日、いい方法が思い浮かばないままモルタル埋めにチャレンジ。
少量ずつ手に取って突っ込んでいく。
d0051707_15414797.jpg
煙突をストーブに接続して位置を決め、再びモルタルを押し込む。
d0051707_15414791.jpg
なんとか隙間なく仕上げて作業完了。
さてこれでガンガン燃えるようになるか?
今シーズン初の点火まで、あと一か月というところでしょうか。

[PR]
by akisiko | 2018-09-04 17:00 | | Comments(0)

薪小屋作成

d0051707_20234981.jpg
8月14日。6月以降再び放置してあった薪小屋の建設に着手。
d0051707_20234930.jpg
屋根の骨組みをつくる。
d0051707_20234980.jpg
骨組みの上にポリカ波板をビス止め。
d0051707_20235086.jpg
8月19日。ブロックの上に廃材を乗せて土台を作成。
d0051707_20235088.jpg
壁面に垂木を番線で固定。
d0051707_20235082.jpg
8月22日。夏空の下、薪を積み始める。
d0051707_20234892.jpg
9月2日。満タンまでもう少しのところまで。
d0051707_16281896.jpg
9月5日。収納完了。冬に作った薪がちょうど収まっていい具合。
現在、家には2年分のストックがあると思われるので、今年は薪集めをしなくていいかな。

[PR]
by akisiko | 2018-08-22 20:22 | | Comments(0)

薪小屋と防風柵の設置

d0051707_18422875.jpg
昨年秋からほったらかしにしてあった薪小屋設置作業の続きをやっと始める。
d0051707_18422862.jpg
が、あれやったりこれやったりしながらなので、なかなか作業が進まない。
d0051707_18422841.jpg
ブロックにモルタルを詰めて基礎にする作戦。
d0051707_18422966.jpg
単管を使った作業を同時にやってしまう。
家の西側に防風柵を設置したい。
わが家を西風から守ってくれていたトドマツの防風林が伐採されてしまったので、その対策に。

とりあえず支柱は立った。ここにネットを張るつもり。
どうやったらいいのか?強度的にどうなのか?とか、よくわからないことばかり。
なんだけど、とりあえずどんどん進めてみる。

[PR]
by akisiko | 2018-06-10 18:59 | | Comments(0)

屋根塗装が終わる

d0051707_05473344.jpg
先週に引き続き、Mくんにお願いして倉庫屋根の塗装を。
d0051707_05473313.jpg
今日は塗装日和。
d0051707_05515660.jpg
Mくんが朝早くから来てくれたおかげで午後には完了。
これで一仕事終わって、ああよかった。
次は母屋の屋根を塗ろう!



[PR]
by akisiko | 2018-05-20 18:46 | | Comments(0)

車庫屋根の塗装

昨年秋から計画していた車庫の屋根の塗装。
帯広の塗装屋さんのMくんが塗ってくれる&技術を教えてくれるということで前々から話をしていたのだけれど、なかなか日程と天候が合わずにいました。
今週やっと一緒に作業できることに。
d0051707_17400138.jpg
作業道具は意外とシンプル。勾配の屋根でも滑らない靴とかケレン用の研磨剤とかを教えてもらいます。
シンプルな道具の中にも、DIYの域を超えたレクチャーが満載。現場で教えてもらうことってやっぱ大事ね。
d0051707_17400112.jpg
で、屋根に登ってケレン作業開始。
研磨材「ケンマロン」で浮いた塗料やごみをざっと取り払います。
去年ひとりで作業しようとおもって一度は登ってみたけれど、勾配が意外ときつくて断念した屋根。
しかし、プロといっしょなら安心。簡単な足場を組んで、確保用のロープも張ったら私でも作業できる状態に。
d0051707_17400209.jpg
ケレンが終わったら塗装に移る。
2液性の塗料は混合が必要。そしてそれをシンナーで伸ばす。その配合は「適当に」とのこと。
だけれど、よくよく話を聞いたらぜんぜん適当じゃない。やっぱりその日の気温や天候によって塗りやすい濃度があって、職人的なさじ加減で最適な塗りやすさになるように調整しているようだ。
d0051707_17400130.jpg
それから塗装の命であるハケの管理も面白い。ハケの管理箱みたいなのがあって、基本的にシンナーに常に漬かっている状態で保管されている。
やはりプロ用のハケは値段も高額だから、大事にメンテナンスして使っていくようだ。
d0051707_17400171.jpg
ハケの種類も様々。Mくんはカスタム仕様がお気に入りらしい。
d0051707_17400223.jpg
で、いよいよ塗装。
ハケの扱い方、塗料のつけ方、塗り方などなど細かい指導をたくさんしてくれるMくん。
やっぱりそれは経験を積んだ職人さんの技なので、真似しようと思ってもできるものではない。
でも、そんなのめったに教えてもらえない。面白いよね。

さてこれからってときに、降水確率50%だった雨がパラパラ降り始めて強制終了。
また来週に持ち越しとなりました。

[PR]
by akisiko | 2018-05-13 18:07 | | Comments(0)

薪棚作り(1)

薪置場の増設はかねてからの希望。
やろうやろうと思いつつ先伸ばしにしていた課題にいよいよ着手。
d0051707_17590108.jpg
雪交じりの雨が降っている間には鉛筆片手にざっくりとした構想、設計。
それから資材の買い出しに出かける。単管、木材、ポリカ波板、その他いろいろを軽トラに積んで帰った。
d0051707_17590271.jpg
薪棚建設予定地には無計画に積まれた薪の山。来年の冬用に割ってある薪がブルーシートをかけたまま放置したままだ。
まずこれをよけなくちゃ。
d0051707_17590225.jpg
右から左へ移すだけの単純な作業です。
d0051707_17590200.jpg
だけど、ちょっとは工夫をして野積みを。円形に壁を作ってゆく。内部には適当に放り込んでゆく。
おお、これはちょっとたのしいぞ。
d0051707_17590482.jpg
移動完了。かなりコンパクトになったし、積む作業も早くて効率的。欠点は乾きにくいことだけれど、冬の間の仮積みだから問題なし。
d0051707_20141250.jpg
それから建設予定地を決める。慣れない土木作業で水糸とか使ってみたけれどかなりざっくり適当に。
d0051707_20141278.jpg
穴掘って土台にするブロックを置いてみる。レベルはだいたいだし、正確な位置は後ほど決める感じ。すべて大雑把。いいのいいの単管だからと甘んじているけど、本当に大丈夫かな。
d0051707_20141356.jpg
それから単管の切り出し。設計の詰めが甘いところをこれで補う。家にあったサンダーで普通に切れた。
d0051707_20141385.jpg
さていよいよ組み上げ!というところで雪が降ってきて今日は作業中止。
基礎部分はビニールシートで養生して、また今度。
とはいえ、土壌凍結も積雪ももう間近。柱を立てて基礎を埋めてしまえばそのあとは雪が降っても作業ができるのだけれど…そこまでできるかな?
次回の作業はいつになることやら。まあのんびりやろう。

[PR]
by akisiko | 2017-11-19 20:00 | | Comments(0)

鶏小屋つづき

d0051707_21261777.jpg
工期あとわずかにつき、昨日はam4:30からの早朝作業
あと1週間でニワトリが来るのです

d0051707_21261761.jpg
朝の1hで、屋根の下地→トタン屋根を張るところまで
d0051707_21311699.jpg
本日、天候の都合で一日フリーな時間がとれた
作業を続ける
金網とOSBで外壁を作ってゆくと、急に小屋っぽくなってきた
d0051707_21423336.jpg
現物合わせでコンパネと金網を切っては貼って
d0051707_21311687.jpg
しだいに形が見えてきた
d0051707_21311691.jpg
金網貼りをあと一か所残すところで材料不足…
今日はここで終了
あとは細かい部分の仕上げのみ
d0051707_21311784.jpg
日没とともに今日の作業終了
何とか間に合いそうで一安心

[PR]
by akisiko | 2016-05-17 22:01 | | Comments(0)

鶏小屋の製作

d0051707_21045997.jpg
5月晴れ、休日。こんな日は川に遊びにでも行きたい…
でも鶏小屋の新設が遅れている。ぐっと我慢して今日も日曜大工の日。
d0051707_21045953.jpg
家の裏のスモモが満開。去年は気づかなかったけれど実がなるのかしら?
乱高下を繰り返す気温は、今日のところ上昇中。風景を愛でながらの作業。
d0051707_21045967.jpg
小屋の骨組は、ほとんど丸ノコカット&ビス止めで済ませるが、屋根の部分のみ、ノコギリとノミでの素人細工。
d0051707_21050031.jpg
精度はいまいちだけど、こんなもんでしょ。
d0051707_21050056.jpg
基礎と柱材を固定してないので、家にあったこんなモノを埋め込むことに。
d0051707_21050022.jpg
バールで地面にねじ込んで、番線で木材と固定する。
d0051707_21195098.jpg
無知による無計画ゆえ、いちいちわからないところを調べてみたり、悩んでみたり、足りない材料を買い出しにいったり、あっちに手を付けこっちに手を付け、さっぱり作業が進まない。
やばい、このままでは来週も釣りに行けないぞ!
かくなる上は早朝作業かけなくちゃ、かな。


[PR]
by akisiko | 2016-05-15 21:29 | | Comments(2)

いい冬支度の日

1122で「いい夫婦」の日だけれど、無理矢理語呂を合わせて「いい冬支度」の日と勝手にした。
Nと二人で早朝から薪運び。
d0051707_20560852.jpg
凛と冷えた青空と、梢に降りた霜。もう冬なんだな。
d0051707_20560883.jpg
ハスクのステマではありません。薪集めの合間にかっこつけた写真を撮る。
d0051707_21074697.jpg
帰ってからは鶏小屋の冬支度。
現状のままでは冬を越せないので、移設・増築・改築をする計画。
…が、いつもやるべきことを後回しにして遊んでしまうせいで、冬も間近な今になって着手というわけ。

d0051707_20560746.jpg
そうこうしているうちに昼飯の時間に。
あんかけ中華麺風スパゲッティという不可思議な料理だけれど、ウマい!
「スパゲティを茹でる際に重曹を入れるとラーメンのようになる」という海外生活時代には非常に有用だった知識を、今になって初めて試すために考案したレシピ。
現在ではネット上にたくさんのレシピがあります。ので詳細は割愛。
d0051707_20560777.jpg
そしてみゃーと昼寝。
d0051707_21111101.jpg
昼からも鶏小屋移設作業。
d0051707_21111856.jpg
鉄筋の現状に木造の増築をするつもりですが、それはまた後日。



[PR]
by akisiko | 2015-11-22 21:28 | | Comments(2)