タグ:マシュマロシケーダ ( 2 ) タグの人気記事

秋のビッグドライ

d0051707_18215706.jpg
一雨ごとに気温が下がっていく。一日に1分ほどの割合で日没が早くなる。
秋の気配が次第に濃厚になる9月。

夜の間、静かに降っていた雨がやんだ日曜日。午前中にDIYのあれこれをやっていたら天気が回復して気温も上がってきた。
川面にライズする風景が脳裏に浮かぶ。
そうなったらどうも作業が手に着かなくなる。急いで雑事を片付けて川に行くことにした。
d0051707_18215621.jpg
入渓地点の橋から川を覗くと、早い流れの中に泳ぐ魚影を発見。ちょっといいサイズかも。
早速川に降りてビッグドライを結び、一投目で出たのは丸々太った45cm。

川はすこし濁りが入って若干の増水。気温が高くて風はない。ウエーダー越しに感じる水温は、夏に比べればずいぶん下がっているだろう。
魚は早い流れに入って水面を見ている。
これは…当たりコンディションの日だろうか。
d0051707_18215696.jpg
少し歩いて目的のポイント。
デカいのが高活性時に定位するであろうピンポイントを真っ先に狙うこと3投目。上流からフライを追いかけてきてグォボンッ!
d0051707_18215744.jpg
なんと、こんなごっついサイズが潜んでいたとは。
d0051707_18215683.jpg
結んでいたのは使い古しのマシュマロシケーダ。そしてこのフライが今日は再び活躍することに。
d0051707_18215702.jpg
秋の陽はつるべ落とし。川を変えポイントをランガンしていたら、もう陽が傾いている。
初めて入ったポイントは、いかにもな雰囲気をもつ大場所。
深みへと流れる流れ込みの頭。大物が付くのはここだろってところにマシュマロシケーダを叩きこむ。逆光でほとんど見えないドライフライが流れから消えたように見えた。それからは…。

世は3連休で、多くの釣り人が川へ来ているようだった。
今日訪れたポイントでも人に会ったし、足跡も多数。ずいぶんと叩かれていることは間違いない。
それでも、およそ3時間の釣りで50up×2と出会えたのは幸運としか言いようがない。
心地よい秋の釣り。たまにはこんなこともある。

[PR]
by akisiko | 2018-09-23 19:00 | | Comments(2)

季節外れのタイイング

外は雪色に覆われた。風はすこぶる冷たくて、冬がひたひたと近寄っているのを感じる。
…なのに、なぜか。
マシュマロファイバーを使ったテレストリアルを巻いてみたくなった。
早速ネットでマテリアルを取り寄せ、タイイングしてみた。
ドライフライのシーズンは先日終わったばかりなので、使える時期は半年以上先どり。…なんて天の邪鬼な。
d0051707_18521648.jpg
ネットにてお手本情報を探す。島崎憲司郎さんのタイイング動画を主に参照



d0051707_18521738.jpg

d0051707_18521701.jpg
現在、セミフライのスタメンはフォームボディ。
マシュマロシケーダは一軍入りを奪取することができるか?
d0051707_18521851.jpg


d0051707_18521833.jpg
アンダーボディのコントラストの付け具合にも悩むところ
d0051707_18521818.jpg


d0051707_18521541.jpg
ビートルパターンは今季の釣りでも少し使った。効果は折り紙付き。
d0051707_18521694.jpg
アトラクターパターンだけじゃなくて、アントやテントウムシやハムシなどのリアルパターンにもこれから応用したい。

冬が来る前から夏を待つ。
これ、フライフィッシャーならみんなそうなのでは。

[PR]
by akisiko | 2017-11-04 19:09 | | Comments(2)