タグ:フライフィッシング ( 160 ) タグの人気記事

Rainy Brown

雨降りの朝。近くのプチ本流にて再び短時間の朝練。

この雨で水温が下がって魚の活性があがっているに違いない。
流れには少し濁りが入っていて、これがプラスに転じるかマイナスになるかは微妙なところ。
レインウェアのフードをかぶり、雨音に叩かれながらラインを伸ばす。
d0051707_09190444.jpg
いつものオリーブのBHマラブーでスタートしたが、黒に変えてみる。そして3投目。
d0051707_09190433.jpg
瀬の頭をスイング中にどんっときたのはこの川で初めてのブラウン。
d0051707_09190509.jpg
少し釣り下ってリトリーブ中の黒をひったくったのはRainy Rainbow。

2時間の朝練では上出来。

[PR]
by akisiko | 2017-09-10 09:24 | | Comments(4)

九月の朝の出会い

朝の少しの時間を釣りに。
前夜Youtubeで見ていたOPSTの動画が脳に残っていて、近くのプチ本流までいってスカジット。

いつもは水量豊富な流れ込み付近が、今朝はいつになく減水していた。そこでいつもは流さないランの頭から探ってゆく。
d0051707_10332484.jpg
ヘッド部分のみのキャストから、流れが広くなるにつれてすこしずつランニングを延ばしていく。
対岸ギリギリにキャストしたラインが、流れに逆らってグイっと重くなる。枝にでもかけたかな、とロッドを立てると根がかりのような重さののちグングンっと生体反応。
d0051707_10332488.jpg
よく肥って体高のあるシルバーのボディは素晴らしい走りを見せた。
開始から30分のうれしい出会い。
d0051707_10332583.jpg
短い夏はもう去ってしまったようだ。風はすっかり秋めいてきた。

*Beulah Platinum switch 10'8" Wt7
*OPST Commando Head 350gr
*Sinktip 10' T-11

[PR]
by akisiko | 2017-09-03 11:00 | | Comments(2)

雨上がりの小渓流にて

d0051707_21094533.jpg
川が増水するような降水量はずいぶん久しぶりのことのような気がする。
朝のうちにまとまった雨が降って、昼前には上がった。

午後2時ごろから時間が空いたので、これまたひさしぶりに川へ出かけた。
本流筋は泥色の濁りになっていたから、考えた末に濁りの入らない支流に入ることにする。
d0051707_21094249.jpg
支流にも少しの濁りと少しの増水があって、釣りとしては絶好のコンディションに思われた。
到着したポイントは前回訪れてから一年以上ご無沙汰していた場所。
昨年の台風で少し様子が変わっていたがそれはポジティブなほうに変化していて、フライフィッシングには絶好の淵へと様変わりしていた。
d0051707_21094382.jpg
倒木がらみのぶっつけの深みがあり、そこに瀬から流れ込む早い流れ。沈み石もある。
雨上がりの蒸した空気。川面にはひんやりと冷やされた川霧が流れる。

水面を見るとスプラッシュライズが多数。そしてそれらは想像通り小ニジちゃんたちのものであった。
それにしてもその数たるや!
釣れども釣れどもドライに出てくる小ニジたち。。
大きくても30cmくらいのニジマスを一体この淵でいくつ釣ったことだろうか。
d0051707_21094557.jpg
ストマックからは#16ほどのメイフライニンフやシャック、それに小さなハチなどのテレストリアル。
フライはビーパラ、フォームビートル、クリップルダン、スティミュレィター、あるいはビードヘッドニンフなどを試してみてどれでも釣れたけれど、最も効果的だったのはエゾシカとCDCをウィングに使った#10カディスだった。
d0051707_21094318.jpg
そんな狂喜乱舞の釣りを楽しんで、反応もそろそろなくなって、もう場荒れしたかな…と思ったころに今日イチのサイズがドバンと出た。
40チョイの大きさだけれどその広い体高に水流を受けてよく走ること。しかもフックは鼻っ面。ネットに入るまでちょっとヒヤヒヤさせられた。
d0051707_21094479.jpg
ここにはゴーマルもいそうな気配だけれど、今日はここまでで終了。
d0051707_21103412.jpg
帰り道、ひんやりとした空気に夕暮れ空が映っていた。そこにはもう秋の気配が漂っていた。

[PR]
by akisiko | 2017-08-29 21:56 | | Comments(2)

クリークにビートルを

d0051707_12240224.jpg
早起きして朝のみの釣り。
日頃の疲れを癒すために、体は水辺を欲しているのだ!
朝霧に霞む小麦ロールを眺めながら川へ。
d0051707_12240376.jpg
良型がいるはずのあそこへ直行。まだドライには出ないだろうからニンフで直撃。
一投で当たったけど、残念ながら若者。場が荒れてしまってこの一尾のみ。
d0051707_12240341.jpg
場所を変えて流れを叩く。チビさんたちは水面を見ているようで、丸く肥った夏の虹鱒たちが次々とビートルに出てくる。
d0051707_12240406.jpg
渇水気味で40クラスがなかなか見つからない。
最後のポイントでなんとか良型に出会えた。
d0051707_12240438.jpg
本日の立役者は軽めのビートルパラシュートでした。

[PR]
by akisiko | 2017-08-06 13:15 | | Comments(6)

初夏の鱒釣り

d0051707_19491303.jpg
4時に目が覚めてちょっくら釣りに。
d0051707_19491245.jpg
近郊の水域を回ってみたのですが。
d0051707_19491363.jpg
辿り着いたのは小さな流れ。不人気河川なのか、人の入った形跡なし。
d0051707_19491412.jpg
それだけに魚影も濃く、反応も純真。魚の意識はばっちり水面に向いていた。
d0051707_19491510.jpg
フライセレクトは流れの中ではフォームビートル、フラットプールではクリップルダン。
この川では40クラスは良サイズ。サイトで見つけて大きめのを狙って釣る楽しみ。
d0051707_20164532.jpg
初夏の鱒釣り、癒された~。

[PR]
by akisiko | 2017-07-02 20:17 | | Comments(0)

渓流へ撮影に?

d0051707_16595443.jpg
これぞ北海道の夏!といった感じの十勝晴れ。
d0051707_16595451.jpg
緑にあふれた小道を歩いて、
d0051707_16595540.jpg
はっとする落とし物に出会ったり、
d0051707_16595522.jpg
渓に降りれば、それは見事な、
d0051707_16595694.jpg
視界から溢れる色彩、陰影、グラデーションの奔流
d0051707_16595511.jpg
生命感が満ち溢れ、
d0051707_16595796.jpg
それはまるで桃源郷のようであった。
d0051707_16595752.jpg
魚の画像がないのはご愛敬。そんな日もあるさ。


[PR]
by akisiko | 2017-06-18 17:07 | | Comments(0)

近所釣行2

d0051707_19340295.jpg
先週に引き続き、家の近くで竿を出すことにしてみる。今日はちょっと距離を伸ばして、車で10分。
d0051707_19340329.jpg
川は雪代も落ち着き、いよいよ盛期に突入というところ。トビケラやカゲロウのハッチも見られた。
d0051707_19340322.jpg
ニジマスの活性も高くて、ニンフを流すと反応が多数。
大きいのが潜んでいそうな深みに沈めて狙うのだけれど、それでもちびっこばかりで大きくて35くらい。
d0051707_19340413.jpg
分厚い流れでスカジット&スイングの釣りもやってみた。
こちらもクンクンっというアタリはそこそこある。しかしフックアップするのは大きくて尺上サイズ。
でかいの、どうやって釣るのかなあ…


[PR]
by akisiko | 2017-05-21 20:21 | | Comments(0)

近所の橋の下

d0051707_18413242.jpg
家から車で5分。あまりに近すぎて今まで行ったことのなかったポイント。
d0051707_18413298.jpg
毎日通勤している橋の下にて、16:00からのチョイ釣りであります。
d0051707_18413303.jpg
対岸にはタンチョウ。
d0051707_18413317.jpg
ニンフを流していると、グングンッ!おー、なんだ、イイのいるじゃん。
d0051707_18413435.jpg
季節限定のような気もするけど、しぶとく釣ったらもう少し大きいのもいるかもね。

[PR]
by akisiko | 2017-05-14 19:10 | | Comments(2)

フライ初魚種

d0051707_18445515.jpg
ゴールデン労働ウィークの13日間を勤め上げ、リフレッシュの一日。
アメマスを求めて下流へ。現着は4時30分。
水面にはモジリが多数。これはもらった!
d0051707_18445621.jpg
と思いきや、フライを通すもなかなか反応がない。やっと捉えた小さなアタリはなんとキュウリウオ。フライで初めて釣った魚種であります。
d0051707_18445782.jpg
作戦を変え、ボトム近くをスイングさせるとウグイが多数。
d0051707_18445652.jpg
ウグイを釣り続ければアメマスも混じるかと思いつつ、ひたすら探り続ける。
やっとかかったチビアメは撮影前にオートリリース…
d0051707_18445624.jpg
アメマスの減少が危惧される昨今。
個体数が少ないのか、それとももう海に下ってしまったのか、はたまた釣りの腕が悪いのか。
出遅れてしまった感のある今シーズンは、真相がわからないままに終わりそう。

[PR]
by akisiko | 2017-05-07 19:21 | | Comments(0)

三月の真珠


明日から北海道を離れるので、春の釣りは一時中断。
その前にひと勝負しに川へ。
d0051707_21215303.jpg
すっかり強くなった陽ざしと日に日に溶けてゆく雪。
何か月かぶりに顔をのぞかせた土は水を含んでゆるみ、そのにおいが風にのっている、
そこにはもう真冬のような厳しい景色はない。

そして川の水はうっすらと雪代が混じって青白く濁っていた。
この水色は…チャンスかも!
d0051707_21215954.jpg
その読みは珍しく的中。
ニンフをボトムまで送り届けて、竿先でその流れを追いかける。ラインが一瞬止まる。反射的に竿を立てる。グンッと重い生命反応。それからは…
d0051707_22584611.jpg
そして出会ったSuper Fatty Rainbow。超危ういところでネットインして安堵。
d0051707_21220775.jpg
なぜこんなに美しくなれるのか。自然の造形はいつでも人智を越えている。

[PR]
by akisiko | 2017-03-17 22:59 | | Comments(0)