人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0051707_17104477.jpg
◆◆◆大活躍中のマシュマロシケーダのタイイングです◆◆◆
d0051707_17115993.jpg
◆マテリアル
フック:マルトw13 6号
ボディ:マシュマロファイバー(シナモン、ゴールデンオリーブ)
アンダーボディ:シールズファー(オレンジ)、ペレットダブ(グリーンペレット)
アンダーウィング:コックデレオン
オーバーウィング:エゾシカ
レッグ:ラバーレッグ(Centipede Legs)
d0051707_17115935.jpg
◆マシュマロボディの下ごしらえ
マシュマロファイバー3本(シナモン2とオリーブ1)を半分に切って6本分にする
ファイバーを櫛でよくとかし、中央をナイロンティペット1号で縛る
縛る前と後に、櫛でよくとかすのがポイント
d0051707_17115941.jpg
◆フックはウェットフックを使用
◆スレッドはveevus 8/0
d0051707_17115981.jpg
◆下巻したらループを作ってシールズファーとペレットダブをブレンドしたものを挟み、ツイスト
d0051707_17191999.jpg
◆シャンクの半分ちょっとまでダビング
d0051707_17191983.jpg
◆マシュマロボディを留める
固定後に瞬間接着剤で補強
d0051707_17263550.jpg
◆ラバーレッグとレオンのサドルハックルを留める
d0051707_17192004.jpg
◆レオンをハックリング
d0051707_17192006.jpg
◆エゾシカヘア―を乗せる
◆ヘッド部分にもエゾシカをフレアさせて巻く(今回はスペースが足りず割愛)
d0051707_17192068.jpg
◆ヘッドを整形して完成
d0051707_17304293.jpg
◆下に出たハックルはカットしても可
d0051707_17304923.jpg
◆使用前にボディにジェル状フロータントをすりこむと、数尾釣っても浮力が持ちます




by akisiko | 2019-05-29 07:00 | | Comments(2)

猛暑日の水遊び

d0051707_12242550.jpg
季節外れの猛暑がニュースになる北海道。
朝だけ遊びに行こうと、早朝に出発。
d0051707_15110488.jpg
クルマのリアゲートに腰かけてコーヒーをすすりつつ、ゆっくり準備。
使い古したリーダーを変えて、ドライ用にティペットをつなぐ。
d0051707_15292903.jpg
大量のカディスが遡上飛行するなか、ポイントと釣り方がいまいち噛み合わずにいた。
大場所をニンフで叩き終え、残るは瀬頭の流れ込みだけとなった。
攻め方を一転してセミドライに結び変えてみる。
流心の脇をゆっくりとドリフトする毛鉤に、モコッと出てきた青鼠色の頭。
d0051707_12242433.jpg
やっぱり釣りは一期一会だ。
d0051707_12242488.jpg
陽射しはすぐに強くなり、気温もグングン上がる。
帰りにちょっと支流へ寄り道。
d0051707_12242436.jpg
フッキングしてからしばらくはこちらの言うことを聴いてくれたけれど、そのうちに下流に向かって走り始めた。
狭いけれど水量のある流れに乗ってくだりまくられて、汗だくになりながら追いかけてやっと手中に収めたのは陽光に輝く雄。
d0051707_12242418.jpg
新緑がまぶしくて、いい季節になりました。

by akisiko | 2019-05-28 07:00 | | Comments(0)

セミフライ炸裂

d0051707_18001709.jpg
朝5時から3時間の釣り。
川はいよいよ目覚め始めて、無数の水生昆虫がハッチして飛び回っている。
d0051707_18001613.jpg
水量も水質も申し分ない好条件だけれど、この時期のこの川ではなかなかドライに反応しずらい経験がある。
そこで朝イチはニンフィングで。
d0051707_18001523.jpg
さすがに大物は出てくれないものの、40クラスを拾うように釣る。
d0051707_18001792.jpg
そろそろ切り上げなきゃ、という時間帯にセミが鳴きはじめる。
最後にセミフライに切り替えて。
浅い流れ込みの頭でモコッと出てくれた君。期待に応えてくれてありがとう。
さて、シーズン到来です。

by akisiko | 2019-05-26 19:04 | | Comments(0)

現場ラジオ

d0051707_07023608.jpg
木切り・薪割り作業のお供に、HITACHI(現HiKOKI)のコードレスラジオを導入。
Bluetooth搭載でスマホとつなげるから、何でも聴ける。
もちろんチェーンソー運転中は聴こえませんが!


ほんとはマキタのほうがかっこよいのだが、手持ちの電動工具がHITACHIなものでバッテリー仕様の都合上こちらになった。
d0051707_07023716.jpg
とにかく単調で退屈になりがちな反復作業。これで少し集中力が保てればいいな。


by akisiko | 2019-05-23 07:00 | | Comments(4)
d0051707_11503821.jpg
もうすぐやってくるセミの季節。
水面に浮かべた大型フライにためらいもなくアタックする鱒たち。
フライフィッシャーが待ち焦がれるエキサイティングなシーズン。
d0051707_11503847.jpg
というわけで、準備したマシュマロシケーダ。
今年もこれでいきます。
d0051707_11503850.jpg



by akisiko | 2019-05-22 07:00 | | Comments(0)

山菜の天ぷら

d0051707_06435489.jpg
休日作業の昼休み。
ささっとタラの芽を採って帰って、すぐに天ぷらにする。
サクサクのほくほくである。
d0051707_06435417.jpg
麺がウマい季節になりました。
d0051707_06435480.jpg
ギョウジャニンニクとアスパラも天ぷらに。
次はウドを採ってこよっと。

by akisiko | 2019-05-21 06:48 | | Comments(0)

茶色フライズ

d0051707_05444125.jpg
晴耕雨tie。雨の休日に久々にタイイングをして過ごした。
出来上がったフライはなぜかナチュラルアースカラーばかり。
d0051707_05444104.jpg
モンカゲフローティングニンフ。
d0051707_05444152.jpg
フラッタリング用のモンカゲダン。

そして巨鱒にまけないEx Heavy Wireのニンフを補充。
さて、実弾投入はいつどこになるか?

by akisiko | 2019-05-15 05:58 | | Comments(0)

薪つくり、再び

d0051707_05504820.jpg
再び丸太に埋もれる日々。
注文していた薪材が、忙しい季節と重なって運搬されてきたものだから、本業の合間を見て薪を作っている。
d0051707_05504997.jpg
実はこの薪、販売しようと思っているのです。
乾燥させるための保管パレットも同時製作。
ナラ材100%、火持ちが良くてカロリーが高い最高品質の薪。
d0051707_05504972.jpg
大量の原木を、チェーンソーと斧そして己の肉体のみで作っていきます。
d0051707_05504906.jpg
まだまだ先は長いぞ。

by akisiko | 2019-05-14 06:00 | | Comments(0)

芽吹きと清流とニンフ

作業アンド作業の日々。その時間を縫って、16時から軽トラに竿を積んで出発!
d0051707_21472563.jpg
生命感があふれてきた五月の清流。
d0051707_21472649.jpg
ドライシーズンも間近だけれど、まだ早い。
ニンフを結び、ショットをつけてボトムを流す。思うところに流すまで、ウエイトを調整しながらキャストを繰り返す。
d0051707_21472561.jpg
すると、期待を裏切ることなく竿を曲げてくれる晩春の使者。
GWでたくさんの釣り人が見受けられたけれど、まだ魚は残っているようで一安心。

by akisiko | 2019-05-12 22:00 | | Comments(2)