<   2018年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

蝦夷梅雨ブラウン

d0051707_17070503.jpg
本州は史上最も早い梅雨明けを迎えたようだが、北海道にそのつけがやってきたみたい。
前線が停滞して雨が多い。まさに梅雨。
ひんやりとした雨が続く蝦夷梅雨はこれまでも経験したけれど、蒸し暑いようなものは今回が初めてかもしれない。
d0051707_17070536.jpg
雨降りの午前中はタイイングをして過ごし、午後から近場へ。
d0051707_17070684.jpg
スイングの釣りの練習のつもりだったけれど、対岸に投げたフライが流れになじんだ直後にゴン!
d0051707_17070676.jpg
激流をグングンと下ってゆくのを追いかけ、なんとか手中に収めたごっつい茶鱒。
良型ブラウンと私との出会いは、季節の変わり目に多いような気がする6月の終わり。

[PR]
by akisiko | 2018-06-29 17:19 | | Comments(2)

阿寒のDORADOに会いに

d0051707_21130151.jpg
金色の魚体をモンカゲロウで。そんな釣りがしたくて阿寒湖へ。
d0051707_21230801.jpg
いくつかのモンカゲパターンを前夜に仕込んで出発。
d0051707_21130340.jpg
10時頃のハッチを目指してやってきたのだが、思った以上に晴れた。
シーズン最盛期とあって満員御礼の湖畔。
d0051707_21130136.jpg
ハッチはあれどライズは無い。
d0051707_21275243.jpg
しばしの休憩をはさんで12時過ぎ、雲が少しかかって風が収まったタイミングに遭遇。葦際で盛り上がるようなライズが発生。
d0051707_21130338.jpg
フローティングニンフにゴボッと出てくれた一尾。
d0051707_21130240.jpg
その後も陽の光が強いせいか、なかなか岸際に魚が寄ってこない。
d0051707_21130251.jpg
そんな状況のなか、ピーカンのシャローで単発ライズをしていたこの子を狙い撃ち。
黄金過ぎてまぶしい。
d0051707_21130105.jpg
イブニングに期待したけれど、冷たい風が吹いて不発。
いいチャンスがあれば、また来たいな。

[PR]
by akisiko | 2018-06-17 21:36 | | Comments(2)

朝のチョイ釣り

雨が本降りになるまでの間、竿を出すことに。
d0051707_08571431.jpg
近くのプチ本流ポイントは昨年秋の工事で流れが変わってしまった。
どうかなー?と思いつつスイングさせるとグングンっとアタリ。
よく走るレインボーとブラウン。いい季節になりました。

[PR]
by akisiko | 2018-06-12 09:11 | | Comments(0)

薪小屋と防風柵の設置

d0051707_18422875.jpg
昨年秋からほったらかしにしてあった薪小屋設置作業の続きをやっと始める。
d0051707_18422862.jpg
が、あれやったりこれやったりしながらなので、なかなか作業が進まない。
d0051707_18422841.jpg
ブロックにモルタルを詰めて基礎にする作戦。
d0051707_18422966.jpg
単管を使った作業を同時にやってしまう。
家の西側に防風柵を設置したい。
わが家を西風から守ってくれていたトドマツの防風林が伐採されてしまったので、その対策に。

とりあえず支柱は立った。ここにネットを張るつもり。
どうやったらいいのか?強度的にどうなのか?とか、よくわからないことばかり。
なんだけど、とりあえずどんどん進めてみる。

[PR]
by akisiko | 2018-06-10 18:59 | | Comments(0)

極悪みやぢ

d0051707_18355971.jpg
いつもはこんなかわいい寝顔でにゃんにゃんしているみやぢだけれど…
d0051707_18355988.jpg
なんと!例の巣箱に突撃してしまいました。
掃除できるように開閉式にした屋根を開けて、頭突っ込んでますわ。
d0051707_18355842.jpg
止めなさい!と制したけれど時すでに遅し。
肉食獣の子孫であるみやぢは、獲物を捕らえて遊んでいました。

[PR]
by akisiko | 2018-06-10 18:38 | | Comments(5)

6月の鱒釣り

d0051707_05354657.jpg
ワクワクしながら夜明けの川に降りる。
d0051707_05274732.jpg
幸先よく答えてくれた鱒はよく肥えていた。
d0051707_05274711.jpg
渓流でのフライフィッシングは、開幕と同時に最盛期を迎えるのかもしれない。
d0051707_05274605.jpg
水中は高活性だったようだ。
ウェイトとフライを調整しながらニンフの仕掛けを作ってゆく。
d0051707_05274661.jpg
辿り着いたシステムがハマったようで連発。
d0051707_05274693.jpg
これほど多くの虹鱒がストックされているとは驚きだった。
今回はタイミングが良かったのでしょう。
多くの場合は釣りの腕が足りなくて出会えないのだなあ、と痛感。



[PR]
by akisiko | 2018-06-03 16:35 | | Comments(2)