カテゴリ:暮( 228 )

笹かま猫

d0051707_08322778.jpg
みやぢの毛色はこの猫独特のものだと今まで思っていたんだけど、
どうやら世の中では「笹かま猫」という名前がついて知れ渡っているらしい。

小さいときは白い毛で、大きくなるにつれて「焦げてきて」、背中や額や耳が茶色くなってくる。
そして目は青い。


googleで検索すると、みやぢそっくりな猫がたくさんヒットした。
d0051707_08322708.jpg
愉快だ。

by akisiko | 2019-01-13 08:54 | | Comments(2)
d0051707_20434336.jpg
薪ストーブ屋さんが新春初売りだというので行ってみる。
30%オフだったので、Helkoのスプリッティングアックス(薪割り斧)を購入。

このドイツ製の斧。刃先は鋭いのだが、根本に行くにつれて楔形状に広がっている。
振りおろした刃は薪の木口に喰い込み、それから縦方向の力が横方向に変換されて割り進めてゆく、という力学。

持ち帰ってさっそく試し割りをしてみた。
確かに、今まで使っていた和斧とは割る感触が全く違う。

和斧はハマグリ刃であり、打撃で割る感じで、ガコンという衝撃と共に割れる。
一方こちらはスパンと切れるように薪に入ってゆく。
もう少し使いこんでみないとはっきりとしたことはわからないけれど。
重量も今までものより軽いし、負担が軽減されることは明らか。
d0051707_20434363.jpg
柄の保護のために、家にあった蜜蝋を塗りこんだ。つやつやすべすべになって、色にも深みが出る。
使いこむうちに味が出るのが楽しみだ。


by akisiko | 2019-01-06 21:05 | | Comments(2)

新春薪集め

d0051707_16500707.jpg
防風柵も早く終わってしまったし、宿題であったノートPCのSSD換装も意外と簡単に完了。
暇なので薪集めに出かけた。

年末にも一度運びに行ったんだけれど、労力の割には集まる薪が少ないコスパの悪い現場なのであった。
しかし、時間があるのでもう一度行くことにする。
軽トラ一台積み込むのに2時間もかかり、しかも満載まで積み込む前に根気のほうが負けてしまったが、まあ仕方のないことだ。
d0051707_16500837.jpg
道すがら川を覗いてみるけれど、とても竿を出す気になれない極寒の様相。
d0051707_16500751.jpg
これもまた仕方ないことなので、家に戻って薪割りをする。
d0051707_16500754.jpg
こうやってコツコツと集めるのも悪くないんだけど、やはり集めるときはドカっと集めないと一年分焚くだけには貯まらない。
薪つくり強化月間は3月の予定としよう。そうしよう。

by akisiko | 2019-01-03 16:49 | | Comments(0)
by akisiko | 2019-01-01 00:01 | | Comments(2)

足寄町湧水散歩

d0051707_14440262.jpg
先日、偶然出会った山中の湧水。
それは日中でも氷点下という真冬日なのに、水草の繁茂する沢を発見したことが手掛かりになった。
d0051707_14440349.jpg
今日改めてカメラを片手に訪れてみることに。
山のくぼみにぽかんと空いた溜まり。その中にもバイカモが生えている。
d0051707_14440321.jpg
湧水の噴出孔は大きな口を開け、青い水を吐き出している。
d0051707_14444155.jpg
カメラを水中に沈めてみる。相当な水量が噴き出していて、ちょっとコワイくらいに神秘的。
d0051707_15334808.jpg
外気は厳寒、しかし水中には緑が映える。
d0051707_14440333.jpg
美しくて不思議な光景。
d0051707_14440398.jpg
一方、こちらは白糸の滝と呼ばれる、かなりマイナーなスポット。
姿は美しいけれど、すこし迫力に欠ける小さな滝。
しかしこの滝の見どころは、滝の上に登ったところにあり。
d0051707_14440427.jpg
これまたぽっかりと空いた穴から、砂を巻き上げて噴き出す湧水なのである。

湧水の温度は一年を通してほとんど変わらない。
だから冬の湧水には、不思議な光景が現れる。
雪中の梅花藻や水蒸気が昇華した霜は、外気との温度差が生み出す神秘。

厳冬期の湧水めぐりは、湧水好きにはたまらないのだ。

by akisiko | 2018-12-31 15:24 | | Comments(0)

防風柵の設置

d0051707_14191481.jpg
西風を防ぐための防風柵設置。
今年の春に家の裏の防風林が伐採されて、以来の課題であった。
時間のある年末年始の休みに片付けてしまおうと思い立つ。
d0051707_14191377.jpg
単管による骨組みは5月に終わらせてあった。
毎度のことだけれどそのままほったらかしにしてあったわけ。

金具を取り付けてワイヤーを張る。
d0051707_14191480.jpg
そこに市販の防風ネットを取り付ける。
意外と捗る。
d0051707_14191401.jpg
仕上げは、何ごとにも経験豊富なTさんにヘルプをお願いする。
2日かかると思っていたけど、半日ちょっとで完成。

家の前に雪の吹きだまりができなければ成功だ。


by akisiko | 2018-12-30 17:00 | | Comments(0)

鶏を絞めて、食す

デシューツ・リバーの旅の思い出、なかなか執筆が進まないので一時中断。
直近の出来事をお伝えします。

鶏を屠畜する画像が含まれています。
閲覧にご注意ください。
d0051707_19393310.jpg
わが家で飼っているコッコさん、3年目になって卵を産まなくなった。さらにはだいぶ弱っている様子。
これから冬を迎えるにあたって、厳冬期を越せないのではないかと懸念。
いよいよ絞めて食べてあげる頃合いなのだと判断。積雪もなく、作業しやすい時期に決行することにした。
d0051707_19481473.jpg
今まで卵を産んでくれてありがとう。最後に外に出して自由な時間を過ごしてもらう。みやぢも挨拶しに来た。

いよいよ作業開始です。見たくない方はページを閉じてください。














d0051707_19393456.jpg
両方の羽を掴んで、さらに首を固定。のどの下の動脈を小出刃包丁で切る。
気道は切らずに動脈だけ切って絞めるのがいいらしいが、そううまくはいかない。

そのあと、足をもって逆さにして血抜き。
d0051707_19393431.jpg
60℃のお湯に一分ほど漬けて、羽を抜きやすくする。
その後、ひたすら丁寧に毛抜き。産毛はガストーチで焼いて処理する。
d0051707_19393419.jpg
毛を抜くとすっかり食材になる。
見よう見まねで解体。
d0051707_19393558.jpg
手順を省略して記してみると。
脚とモモ肉を外す→手羽と胸肉を外す→ささ身を取る→背骨側とあばら骨側にがばっと開く→内蔵の可食部を分ける。
d0051707_19393569.jpg
かなり苦労して屠畜解体作業を終え、次はその調理。
初日は鶏ガラで出汁を取り、シンプル塩ラーメンに。
d0051707_19393563.jpg
翌日は肉そば。もも肉で出汁を取って、そぎ切りにして具にする。山形の郷土料理。
d0051707_19393504.jpg
みやぢにもおすそ分け。ささ身をどうぞ。



by akisiko | 2018-11-06 20:09 | | Comments(2)

集合煙突拡張工事

d0051707_17063949.jpg
集合煙突の引き込み口の径は日本の煙突サイズにできているから3.5寸=105mm。
対してわが家で使っているダッチウエストの薪ストーブの煙突径は152mm。
d0051707_17063992.jpg
その差を埋めるために、引き込み口にはこの異径アダプターが装着されている。
かねてから薪ストーブの燃えが悪いと感じていたのだが、この部分がその原因なのではないかと。
ここがボトルネックになって煙の流れが阻害されているのでは?

ちなみに集合煙突とは屋内にあらかじめ設置されている煙突で、土管の周りがコンクリで固められた構造になっている。
土管の内径はおよそ180mmだから、集合煙突部分の煙の流れは良好なはず。
d0051707_17064173.jpg
唯一細くなっている壁面の引き込み部分を拡張しようというのが今回のDIY工事。
自力施工の自信は全くないけど、薪ストーブ屋さんも自分でできますよって言うし。
d0051707_17064045.jpg
まずはいつものkoi農場のTさんに、ハンマードリルなる電動工具をお借りする。
d0051707_17064079.jpg
コンクリートをはつる。
しかしなかなかうまくいかない。ハンマードリルが重たいし、横向きで力が入らないし。
時間ばかり経って作業が進まない。
d0051707_17064040.jpg
たまたま通りかかったTさんを捕まえて、「なんかうまくいかないんだけど~」って助けを求めた。
さすがTさん、パワープレイでがつがつと壊していく。…が、やっぱりかなりの労力と時間を要することが判明。
d0051707_17064010.jpg
困り果てて建築会社の専務さんにヘルプの電話を入れた。
この部分だけお金を払ってプロにお願いしようかと。
すると専務さん、工具を貸すから自分でやってみな、とのお返事。
なんだか、みんなが「自分でやれ」って言ってくれて助けてくれるのが面白くて、それじゃあやってみようかという気になってしまう。
d0051707_17064053.jpg
そんないきさつでお借りしたMakitaの電動ピックが、軽いのに超強力。午前中に難儀していた作業が1時間ほどで終わる。
やっぱ、道具と手法は大事だね。素人にはそのへんが難しい。
d0051707_17064193.jpg
煙突がすっぽり入る穴をあけた。その隙間をモルタルで埋めるのだが、これまたどうやったらいいものやら?
d0051707_15414725.jpg
2週間後の9月16日、いい方法が思い浮かばないままモルタル埋めにチャレンジ。
少量ずつ手に取って突っ込んでいく。
d0051707_15414797.jpg
煙突をストーブに接続して位置を決め、再びモルタルを押し込む。
d0051707_15414791.jpg
なんとか隙間なく仕上げて作業完了。
さてこれでガンガン燃えるようになるか?
今シーズン初の点火まで、あと一か月というところでしょうか。

by akisiko | 2018-09-04 17:00 | | Comments(0)

薪小屋作成

d0051707_20234981.jpg
8月14日。6月以降再び放置してあった薪小屋の建設に着手。
d0051707_20234930.jpg
屋根の骨組みをつくる。
d0051707_20234980.jpg
骨組みの上にポリカ波板をビス止め。
d0051707_20235086.jpg
8月19日。ブロックの上に廃材を乗せて土台を作成。
d0051707_20235088.jpg
壁面に垂木を番線で固定。
d0051707_20235082.jpg
8月22日。夏空の下、薪を積み始める。
d0051707_20234892.jpg
9月2日。満タンまでもう少しのところまで。
d0051707_16281896.jpg
9月5日。収納完了。冬に作った薪がちょうど収まっていい具合。
現在、家には2年分のストックがあると思われるので、今年は薪集めをしなくていいかな。

by akisiko | 2018-08-22 20:22 | | Comments(0)

薪小屋と防風柵の設置

d0051707_18422875.jpg
昨年秋からほったらかしにしてあった薪小屋設置作業の続きをやっと始める。
d0051707_18422862.jpg
が、あれやったりこれやったりしながらなので、なかなか作業が進まない。
d0051707_18422841.jpg
ブロックにモルタルを詰めて基礎にする作戦。
d0051707_18422966.jpg
単管を使った作業を同時にやってしまう。
家の西側に防風柵を設置したい。
わが家を西風から守ってくれていたトドマツの防風林が伐採されてしまったので、その対策に。

とりあえず支柱は立った。ここにネットを張るつもり。
どうやったらいいのか?強度的にどうなのか?とか、よくわからないことばかり。
なんだけど、とりあえずどんどん進めてみる。

by akisiko | 2018-06-10 18:59 | | Comments(0)