カテゴリ:釣( 188 )

Intruder "GBS"

d0051707_14132773.jpg
現代のスティールヘッディングにおいてスタンダードなIntruderというパターンに、ご当地定番ウェットフライGreen Butt Skunkのカラーリングを施してみる。
d0051707_14133072.jpg
巻き手としては満足な出来栄え。魚からすればどう見えるのかな?

[PR]
by akisiko | 2018-07-03 14:23 | | Comments(0)

晴耕雨tie

雨が多いのでタイイングがはかどる。
d0051707_18101542.jpg
Steelhead用の毛バリを巻き貯める。だいぶ慣れてきたイントルーダー。
d0051707_18101516.jpg
もう一つの大型アトラクター系のフライはHohbo Speyというパターンに白羽の矢が立った。
デシューツの鱒には黒と紫が鉄板カラーらしい。
d0051707_18101613.jpg
ヘアウイングウェットフライにはFright Trainsというパターンを追加。
「貨物列車」という名のフライは、やはりデシューツ川沿いを走る鉄道に由来するんだろうな。そんな米国人的なユーモアが気に入って採用。
紫色をフィーチャーしたウェットフライだが、構成はほかのフライと変わらないので細部は自由にアレンジしてみた。

[PR]
by akisiko | 2018-07-01 18:21 | | Comments(2)

蝦夷梅雨ブラウン

d0051707_17070503.jpg
本州は史上最も早い梅雨明けを迎えたようだが、北海道にそのつけがやってきたみたい。
前線が停滞して雨が多い。まさに梅雨。
ひんやりとした雨が続く蝦夷梅雨はこれまでも経験したけれど、蒸し暑いようなものは今回が初めてかもしれない。
d0051707_17070536.jpg
雨降りの午前中はタイイングをして過ごし、午後から近場へ。
d0051707_17070684.jpg
スイングの釣りの練習のつもりだったけれど、対岸に投げたフライが流れになじんだ直後にゴン!
d0051707_17070676.jpg
激流をグングンと下ってゆくのを追いかけ、なんとか手中に収めたごっつい茶鱒。
良型ブラウンと私との出会いは、季節の変わり目に多いような気がする6月の終わり。

[PR]
by akisiko | 2018-06-29 17:19 | | Comments(2)

阿寒のDORADOに会いに

d0051707_21130151.jpg
金色の魚体をモンカゲロウで。そんな釣りがしたくて阿寒湖へ。
d0051707_21230801.jpg
いくつかのモンカゲパターンを前夜に仕込んで出発。
d0051707_21130340.jpg
10時頃のハッチを目指してやってきたのだが、思った以上に晴れた。
シーズン最盛期とあって満員御礼の湖畔。
d0051707_21130136.jpg
ハッチはあれどライズは無い。
d0051707_21275243.jpg
しばしの休憩をはさんで12時過ぎ、雲が少しかかって風が収まったタイミングに遭遇。葦際で盛り上がるようなライズが発生。
d0051707_21130338.jpg
フローティングニンフにゴボッと出てくれた一尾。
d0051707_21130240.jpg
その後も陽の光が強いせいか、なかなか岸際に魚が寄ってこない。
d0051707_21130251.jpg
そんな状況のなか、ピーカンのシャローで単発ライズをしていたこの子を狙い撃ち。
黄金過ぎてまぶしい。
d0051707_21130105.jpg
イブニングに期待したけれど、冷たい風が吹いて不発。
いいチャンスがあれば、また来たいな。

[PR]
by akisiko | 2018-06-17 21:36 | | Comments(2)

朝のチョイ釣り

雨が本降りになるまでの間、竿を出すことに。
d0051707_08571431.jpg
近くのプチ本流ポイントは昨年秋の工事で流れが変わってしまった。
どうかなー?と思いつつスイングさせるとグングンっとアタリ。
よく走るレインボーとブラウン。いい季節になりました。

[PR]
by akisiko | 2018-06-12 09:11 | | Comments(0)

6月の鱒釣り

d0051707_05354657.jpg
ワクワクしながら夜明けの川に降りる。
d0051707_05274732.jpg
幸先よく答えてくれた鱒はよく肥えていた。
d0051707_05274711.jpg
渓流でのフライフィッシングは、開幕と同時に最盛期を迎えるのかもしれない。
d0051707_05274605.jpg
水中は高活性だったようだ。
ウェイトとフライを調整しながらニンフの仕掛けを作ってゆく。
d0051707_05274661.jpg
辿り着いたシステムがハマったようで連発。
d0051707_05274693.jpg
これほど多くの虹鱒がストックされているとは驚きだった。
今回はタイミングが良かったのでしょう。
多くの場合は釣りの腕が足りなくて出会えないのだなあ、と痛感。



[PR]
by akisiko | 2018-06-03 16:35 | | Comments(2)

新緑と雪代レインボー

ひさびさに釣りの日曜日。
暗いうちから出発して、ダブルハンドを振れる大きめの水域を目指した。
…が、思った以上に雪代がきつく、数投で見切りをつける。

標高を下げながらあちこち見て回って、結局だいぶ戻ってきてしまった。
d0051707_17171975.jpg
ところが、この付近が今日のホットスポットだったらしい。
やや青白く濁った水の中には、ごきげんに高活性な魚がたくさんいたようだった。
d0051707_17171872.jpg
アタリの多くはウグイ様。それも巨大な。50cmは楽にあるヤツが竿を曲げて、「お、これは!」と思わせるのだが…
d0051707_17171826.jpg
釣り続けると、その中に良型レインボーが混ざる。
d0051707_17171973.jpg
同じような斑紋の同じようなサイズが良く釣れる。
d0051707_17171804.jpg
特定の季節限定の場所だと思うし、条件もそろっていたのだろう。
それにしてもこんなにたくさんの魚がいるなんて。ちょっと信じられないような一日だった。


[PR]
by akisiko | 2018-05-27 17:38 | | Comments(2)

NEW魂

4月22日
午後2時からおニューロッドを携えて川へ向かう。
d0051707_18040837.jpg
冷たい風の中、なんとか手にした最初の一尾。8wtツーハンドのデビュー戦でした。

[PR]
by akisiko | 2018-05-04 18:07 | | Comments(0)

General Practitioner

d0051707_15572921.jpg
甲殻類を模したこのフライ。北海道でその効果は十分わかっているつもり。
d0051707_15572958.jpg
コイツで是非釣りたい。

[PR]
by akisiko | 2018-03-16 15:59 | | Comments(2)

初めてのサーモンフライ

d0051707_16563502.jpg
初めて買ったサーモンフックに初めてのヘアウィングフライ
Macks Cayon
d0051707_16563589.jpg
このフライたちがアメリカの川で泳ぐ日に備えて…
Steelheadへの旅はタイイングデスクの上から始まった。


[PR]
by akisiko | 2018-03-09 17:41 | | Comments(5)