カテゴリ:旅( 24 )

オーロラ画像

お待たせしました。
1月後半のアラスカ旅行で撮影したオーロラの画像を紹介します。

【1月19日】
滞在初日。快晴の深夜に期待が高まる。素晴らしい星空をまず一枚。
d0051707_17444193.jpg

10時過ぎ、北の地平線の上にあられれたオーロラ。
d0051707_17523058.jpg

肉眼で見ると想像していたより暗い。
左下に赤く見えるのは、ロッジの裏にある小学校の街灯。
右端には人工衛星の軌跡がすこし映っています。
d0051707_17532060.jpg

【1月21日未明】
2日目。
深夜2時ころ現れはじめたオーロラは、数分ののちに頭上にやってきて強烈な光彩を放った。
d0051707_1824716.jpg

光の帯は刻々と姿と色あいを変えてゆく。
緑のなかに白やオレンジの光が混ざって、視界のなかをうねってゆく。
白やオレンジに色が変わるほどの強いオーロラは、フェアバンクスでも年に数回しか見られないレベルらしい。
ちょっと怖くなるくらいの強烈な光景。
d0051707_1824411.jpg

そのすさまじいオーロラが見られたのはわずか3分ほどの間だった。
結果から言うと滞在一週間の間に、この3分間がもっとも強いオーロラだった。
d0051707_1824189.jpg


【1月22日未明】
3日目。
d0051707_18115197.jpg

写真に写すと赤く映るオーロラ。肉眼では赤く見えなかったのだが。
d0051707_18114742.jpg

オーロラの起こる仕組みは複雑で、その見え方も多様である。

4日目以降も毎日オーロラは姿を現した。
しかし、フェアバンクスのロッジの上空は薄曇りが続いて、いい条件とは言えなかった。

新聞では強い磁気嵐が地球で起こっていて、各地で大規模なオーロラが見られたと報道していが、見えてるのは雲を透かして見える淡い光だけ。

なんとも歯がゆい気持ちだったけど、こればかりはしかたのないこと。
宇宙と地球の作り出す様々な条件が重なるからこそ姿を見せるその美しさ。

それでも7泊の滞在中にこれだけのオーロラが見えたから、私たちは幸運だったのだ、きっと。
[PR]
by akisiko | 2012-03-10 17:55 | | Comments(2)

旅の終わり

ただいま北海道雄武町に戻ってまいりました。
旅先でお世話になった皆様、ひさしぶりに会ったみんな、どうもありがとうございました。

帰国後の後半戦はブログ更新をサボってしまいましたし、旅行中の写真でまだ公開していないものもあります。
今後少しずつ整理しながら振り返ってお見せできればと思います。

さて、今日は東京から旭川へ飛行機で移動して、旭川からは知人宅に預けてあった自家用車で雄武に走るという旅の締めくくりでした。
今日まで順調に進んでいた旅だったのに、最終日は波乱続きでした。

まずその予兆らしきものが旭川に降り立った直後におこりました。ふと腕時計をみると長年使ってきたその時計のガラスがパカッと外れていました。
仕事にも遊びにも、高温低温、海水淡水、高所潜水、過酷な環境に黙って働くいいやつでした。

旭川から愛車で走り始めるとすぐにトラブル。ファンベルトが切れてしまいました。
近くにあったスタンドに助けを求め、修理に1時間半。

やっと直ったと思って走りだしたら今度はヒーターが効かない!
日も暮れ始めて外気温はー10℃からどんどん下がってゆく。

凍えながらやっと着いた雄武は大雪の直後。住民でも驚くような降りようで、雪を押しやって玄関がやっと開く状況。

家に入ったら今度は水が出ない!
水抜きはしていったけど、配管のあちこちに残った水が凍っているみたい。

まあ、今日は寝られればいいや。

とりあえずただいま!
雪かきやらは明日じっくりやろう。
[PR]
by akisiko | 2012-02-27 22:12 | | Comments(0)

7年ぶりの遠野

d0051707_1832289.jpg

花巻から列車に乗り、遠野へ。
ここに大船渡の災害ボランティア「さんさんの会」をやっている晶美さんという方がいて、2日間お世話になります。

実は晶美さん宅には7年前に放浪していた時にも泊めさせていただきました。

まず朝食をいただいて、それから宿泊の対価として家の周りの雪かきをお手伝い。

その後早池峰神社と旦那さんの働くワサビの種苗生産施設に案内してもらって、今は情緒あふれる大沢温泉に来ています。
d0051707_18473782.jpg

ひさしぶりにみちのくに来て、やっぱりいいなぁと思います。
里の風情が穏やかで、人と自然とのバランスが適当な配分に見えます。

さて、明日はいよいよ三陸入り。
人と自然云々と言ってられない現実が待っています。
[PR]
by akisiko | 2012-02-16 18:31 | | Comments(0)

西新宿にてバスを待つ

帰国したけど旅は続く。
かつて住んだことのある大船渡へ行くために高速バスに乗る。
d0051707_716249.jpg

喧騒の西口で逃れるように入った蕎麦屋「渡邊」。
冬のビル風に鴨南そば。やっぱり日本の食は旨い。
[PR]
by akisiko | 2012-02-16 07:13 | | Comments(0)