ネゴンボの日曜市

d0051707_21274779.jpg
帰国日は再びネゴンボに戻ってきた。
ネゴンボにはラグーンがあり、その河口が漁業の基点となっている。漁師町をぶらぶら歩いてみる。

スリランカの人工の7割がシンハラ人で、その大多数が仏教徒と言われている。
しかし漁師町の人々はキリスト教を信仰する。
殺生を善しとしない仏教とは相容れないからだそうだ。
今日はイースターなのでどの漁師も休みである。あちこちの教会では祝祭の準備を行っている。
d0051707_21351577.jpg
浜では干し魚を多く生産している。家の軒先でも魚を干している光景。
d0051707_21385225.jpg
しばらく歩くと中央市場で日曜市。
これがまたスリランカらしい賑わいで、人混み、物を売る掛け声、さまざまな匂いと色彩が溢れている。
d0051707_21404849.jpg

d0051707_21422291.jpg
驚いたのは干し魚を売っているエリア。平日は市場として使われている体育館ほどの建物の中が、干し魚を売る人たちで埋め尽くされている。
d0051707_21453847.jpg
スリランカ料理において干し魚は重要な食材なのだが、それにしてもありとあらゆる魚介類が乾物になっている。
d0051707_21451044.jpg
これはターポンかも。
d0051707_21473577.jpg



そろそろ日本へのフライトへの搭乗時刻です。
スリランカからの投稿はこれで最後です。
これまで読んでくださった皆様、ありがとうございました。

[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2018-04-01 21:26 | スリランカ〈2018〉 | Comments(0)