くさびを使って薪を割る

d0051707_21394342.jpg
山で調達してくる薪材の中には、追い上げ材という根元の部分がある。
この部分は曲がっていたり腐っていたりすることがあるから、一般材にするときに切り捨てるのだ。

根張りは木の重量を支える部分だから当然固くて、斧では割れないことがある。
チェーンソーで縦挽きしてもいいのだが、今回は伐倒用のクサビを打ち込んで割ってみることにした。

↓その様子は動画にてどうぞ



=========================================

ブログの動画をYoutube チャンネルにまとめました。
https://www.youtube.com/channel/UCdj764gyaRvDJupb6V0voDw

=========================================



# by akisiko | 2019-02-21 07:00 | | Comments(0)
薪ストーブといえばこの機種というほど、日本では昔から愛されているバーモントキャスティングスのアンコール。
d0051707_21424023.jpg
それはなぜなのか?

焚いてみて初めて分かった、その美しさ。

「格子に映る炎が美しい」
そんなんどうでもいいと思っていたけれど、実際に見てみると納得してしまった。


=========================================

ブログの動画をYoutube チャンネルにまとめました。
https://www.youtube.com/channel/UCdj764gyaRvDJupb6V0voDw

=========================================

# by akisiko | 2019-02-18 21:49 | | Comments(0)
d0051707_06173730.jpg
薪ストーブを入れ替えるというのは、贅沢なことである。

お金に余裕というものは全くない。
いままでのストーブもとても良いものだし、性能に見合った暖房効果は得られている。
だけど、だいぶ悩んだ挙句。
今使っているダッチウエストのセネカから、バーモントキャスティングのアンコールに買い替えることにした。
d0051707_06173773.jpg
施工当日の朝までフル稼働で働いていたセネカ。
最低気温はマイナス17℃になっていたから、火をいれずには過ごせない。

9時を過ぎて寒さが緩むころでも、まだ熾きが残っていて熱い状態だった。
ストーブ本体が冷める時間を計算して灰を取り出し、窓を全開にして冷却する。
このとき天板の温度計はまだ100℃を示していて、素手では触れないほど。
d0051707_06173713.jpg
予定の時刻に業者さんが来て、セネカを撤去する。
d0051707_06173764.jpg
そして、ひと回り大きなアンコールが迎え入れられたのであった。
d0051707_06173671.jpg
設置、組み立てが終わった後は、早速慣らし運転。
d0051707_06173730.jpg
慣らしとはいえ、かなりの火力を見せるアンコール。
これは楽しみ…だが、本気焚きは夜から…
d0051707_06173716.jpg
さて、今まで頑張ってくれたセネカは、次の家にドナドナされていくのである。
幸い、近所に欲しいという方がおられたので、軽トラに積んで自分たちで運ぶ。
d0051707_06183525.jpg
そこの家で現在まで使われていたのは、約20年前のドイツ製の鋳物ストーブなんだそうだ。
この画像より、もっと重厚で貫禄のあるストーブだという印象を受けた。
20年使って、修復不能なほど傷んでしまったとのこと。

とっても素敵なご夫婦なので、この家で働くことができればセネカも喜ぶのではないかと安心した。


# by akisiko | 2019-02-18 06:18 | | Comments(2)

3年目のトラクター除雪

d0051707_18580239.png
Koi牧場からお借りしているトラクターでの除雪も3年目。

だいぶ慣れてきた、かな?


=========================================

ブログの動画をYoutube チャンネルにまとめました。
https://www.youtube.com/channel/UCdj764gyaRvDJupb6V0voDw

=========================================

# by akisiko | 2019-02-17 07:59 | | Comments(4)

セネカの2次燃焼

d0051707_19233343.jpg
昨年、煙突径の拡張工事をDIYで行って以来、見違えるように調子よく燃えるようになったセネカ。
ヘタっていた触媒も交換したら、強力に家を温めてくれるようになった。

すでに生産中止となっているホーローレッドの色合いも気に入っていて、とても愛着のある薪ストーブ。

だが、そんな赤セネカちゃんとも今週でお別れだ。
薪ストーブ入れ替え計画が進行中で、今週末には新しい顔が導入される予定。

赤セネカちゃんの二次燃焼を動画に記録しておこうと思って、例によって動画を作ってみました↓




=========================================

ブログの動画をYoutube チャンネルにまとめました。
https://www.youtube.com/channel/UCdj764gyaRvDJupb6V0voDw

=========================================

# by akisiko | 2019-02-12 20:26 | | Comments(0)
d0051707_09113461.jpg

今朝も厳しく冷え込んで、最低気温は-26.1℃。
朝イチは鼻毛も凍るほどの寒さだけれど、せっかくなので川面から湯気のように立ち上る霧=けあらし(気嵐)を観察しに出かけた。
d0051707_09113321.jpg
ポイントはダムからの放水口の近く。ダムからの放水は、川よりも水温が若干高い(推定4℃)ので、盛大にけあらしが立ちのぼるのだ。
d0051707_09113382.jpg
霧が河畔の樹々に凍りつき、朝日に照らされて美しい。
d0051707_09113448.jpg
ついでに立ち寄った湧水。以前からチェックしていたのだが、初めて立ち入ったポイント。
湧水も温度が高いので、けあらし発生。
d0051707_09113430.jpg
霜の花が咲いている。
d0051707_09113360.jpg
こんな厳冬期なのに、水中にはクレソン。
d0051707_09113368.jpg
白樺の根っこに抱かれた岩の、その下からこんこんと湧き出す。なかなかGoodな湧水ポイントだった。
d0051707_09113366.jpg
思っていたより湧水量も多い。
d0051707_09113418.jpg
最後に本流も観察。
d0051707_09113452.jpg
蓮氷(はすごおり)が流れ、逆光に照らされるけあらし。

# by akisiko | 2019-02-10 09:29 | | Comments(2)