タグ:薪ストーブ ( 38 ) タグの人気記事

薪割り

d0051707_16464940.jpg
先日玉切った薪材の山。今日は薪割りに着手。
d0051707_16465068.jpg
体が疲れているので釣りには出かけず薪割りを。でもこれもなかなかしんどい作業…
d0051707_16465086.jpg
お、監督が視察に来ましたよ
d0051707_16465053.jpg
なかなか減らない薪の山

d0051707_16465129.jpg
本日の成果は一か月分くらいでしょうか。

[PR]
by akisiko | 2017-03-05 17:01 | | Comments(0)

来冬の準備へ

d0051707_17392615.jpg
重い腰をあげて薪切りに着手。昨年秋に集めてきた丸太が次の冬の暖になる。
d0051707_17392687.jpg
Nとふたりで一気に片付けちゃう作戦。半日で終わったら午後は自由時間というのが目標。
d0051707_17392750.jpg
地面に雪が残っていたほうがチェーンソーで切りやすい。
今回はいつもより5㎝ほど薪の長さを長くした。標準38㎝、最長42㎝というばか棒を作って測りながら切る。
寸足らずは30㎝ほどの長さになるように調整。なるべく雑端をつくらないように。
d0051707_17392744.jpg
昼前に切り終わって目標達成。
次はこれを割って積む作業だが、また今度にしようっと。

[PR]
by akisiko | 2017-02-26 17:48 | | Comments(2)

みやぢvsダッチウエスト


薪ストーブのガラスに映るナニモノかにちょっかいを出すみやぢ。
おいおい、やけどするよ。

[PR]
by akisiko | 2016-11-08 21:24 | | Comments(2)

KINDLING CRACKER 使ってみた

d0051707_20184432.jpg
先日のKINDLING CRACKER、2×4で設置する台を作りいよいよ稼働OK。
d0051707_20184460.jpg
早速焚き付け作りをやってみる。
コン、コン、コン、チーン!っていう鋳物の響きがかわいらしいね!

今までの焚き付け作りは丸太の薪割り台に手斧、それに飛び散り防止の廃タイヤ。
KINDLING CRACKERではそれより圧倒的に早く、簡単に小割薪が作れました。


[PR]
by akisiko | 2016-11-06 21:00 | | Comments(0)

KINDLING CRACKER

Nからの誕生日プレゼント。
d0051707_21290725.jpg
欲しかったんだよね、これ!
d0051707_21293292.jpg
これは何かというと、薪を小割にして焚き付けにするためのツール。

↑こういう風に使います
輪のなかに薪を入れ、ハンマーで叩くと上向きになった刃によって割られる。
斧とは上下反転した発想だ。
d0051707_21371126.jpg
ニュージーランドの女の子が発案したという、薪割り専用器具。
安全、早い、簡単という謳い文句そのままに、シンプルでいて使いやすい構造。

ダッチウエストを導入してから、焚き付け用に小割にした薪を思ったより多く消費するようになった。
焚き付けは大きな薪に着火するというのが本来の目的。
しかし鋳物薪ストーブの欠点である「着火から本燃焼まで時間がかかる」ことを克服するには焚き付けがキーであることが、一年使って分かった。
焚き付けを多く使うことによってストーブ本体の温度を早く上昇させ、そして熾きを早い段階で作ることがコツ。

ということでKINDLING CRACKERで薪の小割もらくらく。なはず。
とりあえず設置台を2×4材で作ろうと思います。

[PR]
by akisiko | 2016-10-16 21:30 | | Comments(0)

軽トラ始動

d0051707_20360835.jpg
軽トラを使って薪運びの日。
新車を山に入れるの、勇気が要ります。
荷台にあるコの字型木材は新ツール。
d0051707_20360922.jpg
積み荷が崩れないように柱にします。
しかし、生木で重いので、たいした高さには積めません。
d0051707_20360994.jpg
d0051707_19564813.jpg
本日の出来高…1.5か月分くらいかな。
d0051707_19564278.jpg

[PR]
by akisiko | 2016-09-26 20:00 | | Comments(0)

アスパラとピッツァ


d0051707_18104082.jpg
いっしょにあそぶ?
d0051707_18104036.jpg
庭の野良アスパラが出始めた。
d0051707_18104006.jpg
採れたて茹でたて、最高の味。
d0051707_18104074.jpg
メインは今シーズン最後になるかと思われる薪ストーブピッツァ。十勝マッシュルームでした。

[PR]
by akisiko | 2016-05-09 19:00 | | Comments(0)

残雪と青空

d0051707_18484985.jpg
呼吸をするだけで気持ちが良い、雪解けの北海道。
d0051707_18502787.jpg
新竿3魚種目にして、北海道のこの顔がきた。
沈める釣りに関していえば、6番か7番のスイッチロッドは万能だ。
d0051707_18494797.jpg
午後から薪割りの続き。
昨日の残りをやっつけてから、最後に太丸に相対す。
コイツは手強い。チェーンソーで縦引きが必要かとも思ったが、まずはマサカリで挑む。
素性が良かったのであっけなく割れた。数打撃目にガコンと割れる感じが気持ちいい。

[PR]
by akisiko | 2016-04-06 18:42 | Comments(0)

現実復帰の薪割り

旅を終えて放心状態。
しかし家に帰ればまだ仕事が残っている。
昨年秋に集めた薪材が、雪の中から現れた。
d0051707_21205436.jpg
遊び呆けて鈍った体には良いリハビリか?
チェーンソーで玉切ってみたらけっこうなボリューム。
d0051707_21222367.jpg
あとはこつこつマサカリで割る。
d0051707_21222352.jpg
もう少しのところまでいったけど、体が悲鳴を上げてきてやめた。

[PR]
by akisiko | 2016-04-05 21:29 | | Comments(0)

薪切りが終わる

d0051707_22404346.jpg
本日の薪切りはこちらの一山に着手。
d0051707_22404351.jpg
家でぬくぬくするのに忙しいみやぢが、貴重な時間を割いて手伝いに来てくれた。
d0051707_22404338.jpg
そして一服していると労をねぎらってくれる。
d0051707_22433109.jpg
今日はNと2馬力の作業なのでスピードが早い。昼すぎにはチェーンソーとまさかりの仕事が完了。

薪小屋には通路スぺースを残しておかないと、今焚いている薪が取りづらい。
入りきらない薪は雪が解けるまで雨ざらしにしておいて、本格的な春が来てから片付けることにする。
雪の下にまだある薪材も同様、4月以降の仕事に先延ばし。
旅行から戻ってきたら雪も解けているだろう。

とりあえず次の冬に困らないだけの薪はありそうだ。
これで一安心。

[PR]
by akisiko | 2016-03-05 22:57 | | Comments(0)