タグ:フローター ( 4 ) タグの人気記事

d0051707_21070510.jpg
ずっと天候不順だった十勝。
8月になってやっと厚い雲が晴れ、真夏日が訪れるようになった。

暑さを逃れ、疲れた体もリフレッシュしなきゃ。
そこで山上湖にフローターを持ち込んでの釣り。
d0051707_21070666.jpg
急峻な山を降りて湖岸にアクセスする。フローターを広げて足踏みポンプで空気を入れていると、すぐ目の前をゆっくり泳いでゆく魚影。
これは…!今日はいい釣りができそう…

フローターの準備を途中にしたまま、竿を用意してクルージングライズを岸から狙う。
d0051707_21070618.jpg
ほぼ同じ場所で繰り返されるライズ。何度か打ち直して…
d0051707_21070674.jpg
がぽっといつものセミドライを銜えた。おかっぱりでまず一尾。
d0051707_21072665.jpg
それからフローターに乗りこみ、あちこちさまよいながらドライを打ってゆく。
かつてのリザーバーバス釣り少年には、ワクワクするようなポイントの風景。
d0051707_21072689.jpg

d0051707_21072626.jpg
スカッと晴れてそよ風が吹く。フローターの釣りにはもってこいの天気だ。
d0051707_21072624.jpg
セミドライで快釣。
岩盤をブラインドで打つより、ワンド内でのクルージングライズを探してコースを読んでフライを浮かべる、というアプローチが吉。
2時間ほどで40前後を8尾。サイズは伸びず。
午後になると急に反応がなくなって苦戦。終了間際にようやくシメの1尾。
これから上向くイブニングはあきらめ、夕焼けを背に帰途についた。


[PR]
by akisiko | 2016-08-07 19:00 | | Comments(6)
d0051707_21212222.jpg
フローターを持ち込んで、初夏の湖面へ。
d0051707_21212263.jpg
ティペットに結ぶのは、まだまだ活躍してくれるセミ。
d0051707_21212230.jpg
岩盤ギリギリにフライを落としてゆく。
ぽてっと落ちるフライ。ちゅぽっと吸い込むライズ。一呼吸おいて竿を立てる。グングン!!乗った!!
d0051707_21212295.jpg
急深の湖で、下へ下へと潜ってゆく走り。竿先が水面下にのめりこむ。
しかし、どこまで走られても、こちらは湖面の上を自由に移動できる。圧倒的釣り人の優位。その辺がちょっとずるい。
d0051707_21212257.jpg
大きな湖水の小さな一角。小さな沢の流れ込みが作る小さな流れ。
セミをその流れのほどけるところに浮かべる。
ここだろってところでやっぱり!レッドバンドを水面にあらわにして踊り出てきた元気くん。
d0051707_21212277.jpg
さて、親玉はどこにいるのか?

[PR]
by akisiko | 2016-07-03 22:00 | | Comments(3)

ゼファーボート進水式

今日はあの方面をあちこち見て回るつもりだったのですが。
d0051707_22133420.jpg
途中立ち寄った止水をみたら、どうしても浮かべたくなってしまいました。
d0051707_22143590.jpg
というわけでゼファーボートのデビュー戦。
d0051707_22143403.jpg
新作のセミフライも合わせて入魂となり、うれしいかぎりです。
d0051707_22143556.jpg

[PR]
by akisiko | 2014-06-15 22:18 | | Comments(4)

未見の止水を巡る

登山のために南へ足を延ばしたついでに、もちろん釣りもしてくる。
実を言えばどちらが「ついで」なのかわからないけれど。
d0051707_22465582.jpg

幸いなことに十勝には行くべきフィールドがたくさんあって、体も時間も足りないほど。


初めて見る水域。事前調査は無し。情報もほとんど知らない。

「きれいなところだな!」ってまずは驚いて、それから「魚はどこにいるのか」と地図を見ながら適当に区間の目星をつけ、それから車でアクセスできる最短の入渓ポイントを探し、自信のないまま竿を出す。
そんな「自分で自分の釣り場を探す」楽しみに没頭するこの2カ月。
いつもどおりの行き当たりばったり。
それでも何かしらの魚の反応があるところが十勝のすごいところ。

今回は大きな河川の上流にあるダム湖を2つ廻ってみた。
どちらも深い山を背後に持つ谷のなかにある。
d0051707_22492299.jpg

一つめのダムではインレットまで歩いて行ってライズを狙う。
対岸で時々起る激しいライズ。水面をばたつく蛾などを食べている模様。
距離は私のへなちょこキャストでわずかに届かない。しかもオーバーハングの木の下。
d0051707_234537.jpg

何度目かのトライで、まぐれで届いてまぐれで木の下に入ったキャストに一発で出た。
サイズは小さいがうれしい一尾。
d0051707_2364676.jpg

2箇所めは地図にも載っていなかったある止水。
あちらこちらへと車を走らせているうちにたどり着いた場所。
ちょうどゴムボートを準備していたお兄さんに話を聞くと、なかなか景気の良い話をしてくれるので、それでは、とフローターを浮かべることに。

ここでもキーワードはオーバーハング。
木から落ちた昆虫を演出するようにキャストすると、ゴボンとでた。
d0051707_2384521.jpg

重い突進をこらえて水面に現れたのは・・・
d0051707_23133132.jpg

52cmの太いメス。
適当に入ってもこの魚が出てしまう・・・すごい。
[PR]
by akisiko | 2012-08-16 23:15 | | Comments(0)