タグ:フライフィッシング ( 157 ) タグの人気記事

母川礼賛

d0051707_07055934.jpg
私にとってのフライフィッシングの「母なる川」へ。
Wisertimeさんと共に、年に一度のお参り釣行。
10月としては季節外れの暖かな陽射しの中、風景を愛でながら川を歩く。
d0051707_07060073.jpg
季節、天候、潮回り、川の水量、もろもろの条件がうまくかみ合っていたのだろうか。
鱒たちの活性はかなり高い状態にあったに違いない。
川通しに巡るポイントごとに鱒たちの気配があり、駆け引きがあった。そのうちのいくつかは大鱒とのドラマとなって私たちの心に強く残った。

そうした出会いは自然相手の遊びである釣りが持つ偶然性からなる一期一会でもあるし、この川が鱒を育む懐の深さゆえであるともいえる。
d0051707_07055978.jpg
鱒たちからのサインを読みとって行動を予測することができたのは、いままで私たちがフライフィッシングから得て蓄積してきた経験があってこそのことだろう。
水面や水中にアプローチする釣法の幅も広がって、かつては気づかなかった、あるいは釣れなかったであろう魚にも手が届くようになったのを実感した。
もちろん技術の未熟さゆえに逃した魚にがっくりと肩を落としたし、それと同時に、新しい発見や驚きにもそこかしこで出会った。
d0051707_07060086.jpg
やっぱりこの川は私にとって特別だ。来てよかった。
濃密な釣行であった。
d0051707_07055962.jpg
ヒグマにかじられたと思しきカラフトマスの死骸。
自然もやはり濃密で、この環境に身を置くだけで心地よい。


[PR]
by akisiko | 2017-10-08 20:00 | | Comments(2)

秋のドライフライゲーム


10月初めの休日。
よく晴れて気温も上がる予報だったので、ドライの釣りがしたいな。
そして今季はまだフローターも稼働していないから、どこか浮かべるところ…
d0051707_19474066.jpg
そこでまだ行ったことのない沼へ行ってみることにした。
釣果が期待できるかどうかは別として、すくなくとも道東の自然の中にどっぷりと浸ることは出来そうだ。

朝7時に湖面に降りてみる。誰もいない。静かに晴れる秋。
d0051707_19472274.jpg
とにかくぐるっと廻ってみようとフローターを漕ぎだして、最初に目についた場所でさっそくドライに出てくれたちびちゃん。
おお、これは期待できるかも。
d0051707_19472145.jpg
ところが穏やかな天候の割には昆虫は飛ばず、ライズも少ない。
苦戦しそうなのでラインをタイプ3のシューティングヘッドに変えて水面下を探ってみることに。
d0051707_19472219.jpg
トンギョを追うボイルも見かけたのでリトリーブの釣りは効くだろう。フライはいつものBHオリーブマラブー。
引っ張るならここだろっていう地形の変化のポイントを攻めると、やっぱりグンッときた45サイズ。
この一尾でとりあえず満足。
再びフローティングラインに戻してドライで良型を狙う。
d0051707_19472156.jpg
水はクリア、水深はごく浅い。そこにたまーに見つけることができる良型のクルージング。
ライズするポイントはごく限られている。
静かに静かに観察してキャスト。

一発はすっぽ抜け、一発はラインブレイク。見に来るも見切られたり、ゴボッと出たはずなのに乗らなかったり…
なかなかシビアな釣りに時間を忘れた。
d0051707_19472320.jpg

[PR]
by akisiko | 2017-10-01 20:56 | | Comments(0)

雨後のニンフィング

朝に前線が北海道を通過して冷たい雨が降った。
雨があがるのを待ってからどこへ行こうか迷いながら出発。

「前線通過後は秋の冷たい空気をもたらす」との予報なのでライズゲームは期待できず、ニンフィングで攻めることに。
d0051707_20492487.jpg
一本目の河川は初めて釣る川。
まあ、なんとたくさんのチビさんがいること!
時にこんな場面も。
d0051707_20274395.jpg
しかし釣れども釣れども良型が出てこないので、川を変えて一発大物狙いへシフト。
ロッドを1番手あげて、システムも組みなおして。
d0051707_20274493.jpg
若干の濁りがある早い流れにショット付きのシステムを打ち込むと、いきなり答えてくれたビューティー&ハイパーパワー。
いったんは岩に巻かれて万事休す。ティペット2.5号に変えておいてよかったー。
d0051707_20274331.jpg
日が暮れて、気が付けば重い雲は去り夕焼けが川に映っていた。
d0051707_20274305.jpg
イタドリの葉も枯れ始めている。

[PR]
by akisiko | 2017-09-28 20:36 | | Comments(2)

緑の鏡とライズリング

不意に時間の空いたウィークディ。
明け方まで降り続いた強い雨で近くの川は釣りにならないだろう。
もうちょっと練習をしたい本流の釣りもこの状況なら厳しい。
行き先を少し悩んだ後に、あそこならライズ狙いの釣りができるかもと出かけてみる。
d0051707_19131321.jpg
訪れるのは昨年8月以来。谷は深い山々に囲まれて、壁のような森から圧倒されるような気配が漂う。
樹々の緑は成長のピークを越えて急速に老化してきているが、紅葉にはもう少し早い。
d0051707_19131492.jpg
目指す水面にはやはりライズリングがあった。
鏡のような水面に鼻先を出してライズする何尾かの鱒たち。
そうこなくちゃ。魚のサイズはどうであれこの光景を見にここに来たのだ。
d0051707_19131562.jpg
ゆっくりと流れてくる泡の塊には、極小の浮遊物が含まれているに違いない。
繰り返してライズしたかと思えば、また流れてくるバブルレーンに移動する。

出かける前に巻いてきた、アワフキムシ対応の#14カディス。一投目に見に来るもののそっぽを向き、それからは無視。
アワフキムシにはまだ時期が早いのかな。
もっともっともっと小さいものを食べているはずなのだがフライボックスにそんなものはない。
それからは手持ちのフライであれやこれやと試行錯誤。
d0051707_19131499.jpg
どうにかしてだますことができた鱒はこの水域特有の顔付きをしていた。
d0051707_19131489.jpg
カッコイイその姿をもっとかっこよく撮ろうと思ったんだけど、逃げられちゃった。
d0051707_19143323.jpg
季節はさらに秋へと進む。

[PR]
by akisiko | 2017-09-15 19:00 | | Comments(4)
d0051707_16572781.jpg
本流用にイントルーダーを少しだけ補充
手持ちのマテリアルで一番しっくりくるのはビーズとマラブーの組み合わせ
カラーは以下を用意してみた
*白×オリーブ
*オリーブUV
*白×紫
*黒×紫


しかし、先日訪れたポイントは工事が入るらしくしばらく入れない模様
違うところ探さなきゃ…

[PR]
by akisiko | 2017-09-12 17:07 | | Comments(0)

Rainy Brown

雨降りの朝。近くのプチ本流にて再び短時間の朝練。

この雨で水温が下がって魚の活性があがっているに違いない。
流れには少し濁りが入っていて、これがプラスに転じるかマイナスになるかは微妙なところ。
レインウェアのフードをかぶり、雨音に叩かれながらラインを伸ばす。
d0051707_09190444.jpg
いつものオリーブのBHマラブーでスタートしたが、黒に変えてみる。そして3投目。
d0051707_09190433.jpg
瀬の頭をスイング中にどんっときたのはこの川で初めてのブラウン。
d0051707_09190509.jpg
少し釣り下ってリトリーブ中の黒をひったくったのはRainy Rainbow。

2時間の朝練では上出来。

[PR]
by akisiko | 2017-09-10 09:24 | | Comments(4)

九月の朝の出会い

朝の少しの時間を釣りに。
前夜Youtubeで見ていたOPSTの動画が脳に残っていて、近くのプチ本流までいってスカジット。

いつもは水量豊富な流れ込み付近が、今朝はいつになく減水していた。そこでいつもは流さないランの頭から探ってゆく。
d0051707_10332484.jpg
ヘッド部分のみのキャストから、流れが広くなるにつれてすこしずつランニングを延ばしていく。
対岸ギリギリにキャストしたラインが、流れに逆らってグイっと重くなる。枝にでもかけたかな、とロッドを立てると根がかりのような重さののちグングンっと生体反応。
d0051707_10332488.jpg
よく肥って体高のあるシルバーのボディは素晴らしい走りを見せた。
開始から30分のうれしい出会い。
d0051707_10332583.jpg
短い夏はもう去ってしまったようだ。風はすっかり秋めいてきた。

*Beulah Platinum switch 10'8" Wt7
*OPST Commando Head 350gr
*Sinktip 10' T-11

[PR]
by akisiko | 2017-09-03 11:00 | | Comments(2)

雨上がりの小渓流にて

d0051707_21094533.jpg
川が増水するような降水量はずいぶん久しぶりのことのような気がする。
朝のうちにまとまった雨が降って、昼前には上がった。

午後2時ごろから時間が空いたので、これまたひさしぶりに川へ出かけた。
本流筋は泥色の濁りになっていたから、考えた末に濁りの入らない支流に入ることにする。
d0051707_21094249.jpg
支流にも少しの濁りと少しの増水があって、釣りとしては絶好のコンディションに思われた。
到着したポイントは前回訪れてから一年以上ご無沙汰していた場所。
昨年の台風で少し様子が変わっていたがそれはポジティブなほうに変化していて、フライフィッシングには絶好の淵へと様変わりしていた。
d0051707_21094382.jpg
倒木がらみのぶっつけの深みがあり、そこに瀬から流れ込む早い流れ。沈み石もある。
雨上がりの蒸した空気。川面にはひんやりと冷やされた川霧が流れる。

水面を見るとスプラッシュライズが多数。そしてそれらは想像通り小ニジちゃんたちのものであった。
それにしてもその数たるや!
釣れども釣れどもドライに出てくる小ニジたち。。
大きくても30cmくらいのニジマスを一体この淵でいくつ釣ったことだろうか。
d0051707_21094557.jpg
ストマックからは#16ほどのメイフライニンフやシャック、それに小さなハチなどのテレストリアル。
フライはビーパラ、フォームビートル、クリップルダン、スティミュレィター、あるいはビードヘッドニンフなどを試してみてどれでも釣れたけれど、最も効果的だったのはエゾシカとCDCをウィングに使った#10カディスだった。
d0051707_21094318.jpg
そんな狂喜乱舞の釣りを楽しんで、反応もそろそろなくなって、もう場荒れしたかな…と思ったころに今日イチのサイズがドバンと出た。
40チョイの大きさだけれどその広い体高に水流を受けてよく走ること。しかもフックは鼻っ面。ネットに入るまでちょっとヒヤヒヤさせられた。
d0051707_21094479.jpg
ここにはゴーマルもいそうな気配だけれど、今日はここまでで終了。
d0051707_21103412.jpg
帰り道、ひんやりとした空気に夕暮れ空が映っていた。そこにはもう秋の気配が漂っていた。

[PR]
by akisiko | 2017-08-29 21:56 | | Comments(2)

クリークにビートルを

d0051707_12240224.jpg
早起きして朝のみの釣り。
日頃の疲れを癒すために、体は水辺を欲しているのだ!
朝霧に霞む小麦ロールを眺めながら川へ。
d0051707_12240376.jpg
良型がいるはずのあそこへ直行。まだドライには出ないだろうからニンフで直撃。
一投で当たったけど、残念ながら若者。場が荒れてしまってこの一尾のみ。
d0051707_12240341.jpg
場所を変えて流れを叩く。チビさんたちは水面を見ているようで、丸く肥った夏の虹鱒たちが次々とビートルに出てくる。
d0051707_12240406.jpg
渇水気味で40クラスがなかなか見つからない。
最後のポイントでなんとか良型に出会えた。
d0051707_12240438.jpg
本日の立役者は軽めのビートルパラシュートでした。

[PR]
by akisiko | 2017-08-06 13:15 | | Comments(6)

初夏の鱒釣り

d0051707_19491303.jpg
4時に目が覚めてちょっくら釣りに。
d0051707_19491245.jpg
近郊の水域を回ってみたのですが。
d0051707_19491363.jpg
辿り着いたのは小さな流れ。不人気河川なのか、人の入った形跡なし。
d0051707_19491412.jpg
それだけに魚影も濃く、反応も純真。魚の意識はばっちり水面に向いていた。
d0051707_19491510.jpg
フライセレクトは流れの中ではフォームビートル、フラットプールではクリップルダン。
この川では40クラスは良サイズ。サイトで見つけて大きめのを狙って釣る楽しみ。
d0051707_20164532.jpg
初夏の鱒釣り、癒された~。

[PR]
by akisiko | 2017-07-02 20:17 | | Comments(0)