タグ:ニンフィング ( 15 ) タグの人気記事

三月の真珠


明日から北海道を離れるので、春の釣りは一時中断。
その前にひと勝負しに川へ。
d0051707_21215303.jpg
すっかり強くなった陽ざしと日に日に溶けてゆく雪。
何か月かぶりに顔をのぞかせた土は水を含んでゆるみ、そのにおいが風にのっている、
そこにはもう真冬のような厳しい景色はない。

そして川の水はうっすらと雪代が混じって青白く濁っていた。
この水色は…チャンスかも!
d0051707_21215954.jpg
その読みは珍しく的中。
ニンフをボトムまで送り届けて、竿先でその流れを追いかける。ラインが一瞬止まる。反射的に竿を立てる。グンッと重い生命反応。それからは…
d0051707_22584611.jpg
そして出会ったSuper Fatty Rainbow。超危ういところでネットインして安堵。
d0051707_21220775.jpg
なぜこんなに美しくなれるのか。自然の造形はいつでも人智を越えている。

[PR]
by akisiko | 2017-03-17 22:59 | | Comments(0)

啓蟄と春の訪れ


d0051707_17245056.jpg
雪の上に黒くて小さな水生昆虫たちがうごめいている。川に生命感が戻ってきた。
d0051707_17244934.jpg
このところ竿を曲げてくれる魚の平均サイズが上がっているみたい…

しかし、やっとフライを喰ってくれたビッグワンはあえなくフックオフ。無念なり。
d0051707_17245000.jpg
雪の下から小麦が現れ、ハクチョウたちは北に帰る準備。
さまざまな風景が春の訪れを知らせてくれる。
雪代前のわずかなチャンスよ、もう一度。



[PR]
by akisiko | 2017-03-07 17:49 | | Comments(2)

春の手ごたえ

広く高気圧に覆われて3月中旬から下旬並みの陽気になるとの天気予報。

d0051707_20261760.jpg
穏やかに晴れて気温が上昇。ジャケットを脱いでフリースで川原に立つ。
釣りには太陽光が強すぎるかと思われたが。
d0051707_20261730.jpg
いつもは一尾までがとても遠い川なのだが、最初のポイントで立て続けに5つの反応。うち4尾を獲る。
d0051707_20261734.jpg
どれも同じように45cm前後。しかし個性は多様であった。体高の高い個体やほおが赤く染まったオス、一方シルバーで砲弾型のメスは素晴らしい引きを見せた。
d0051707_20261915.jpg
水中には多くの餌が流れているようで、水温は相変わらず低いが活性は高い。
ポイントを移動してもう一尾追加はやっぱり45クラス。
d0051707_20261826.jpg
一足先に春の手ごたえを感じた気がした二月最後の日。

[PR]
by akisiko | 2017-02-28 20:55 | | Comments(0)

Pink Cheek

d0051707_20291928.jpg
快晴・強風・気温0℃
d0051707_20291959.jpg
まだまだ雪深い2月の川
d0051707_20291894.jpg
日中少しだけ濁りが入ったのが幸いして一本。
50cmにはすこし足らない。けど、素晴らしいベッピンさん。

[PR]
by akisiko | 2017-02-24 20:43 | | Comments(2)

前進と後退

先週の暖かさが去ってしまい、また日中でも氷点下の真冬日となってしまった。
こうやって季節は前進と後退を繰り返しながら、だんだんと春に近づいてゆく。

冬へと一歩後退した今日は私の釣り欲も後退。
大物狙いに行く気にならず、近場の手堅い釣り場でちょこっと遊ぶことに。
d0051707_20012823.jpg
ところがこの日は川が上向いているようで、立て続けに45cmクラスが2本。
d0051707_20012604.jpg
そして50オーバーがニンフを銜えた。
少し濁りが入っていて鱒の警戒心が薄れて距離を詰めることができる。そして天気が下り坂なのも活性をあげている要因なのか。
d0051707_20012767.jpg

川の中の季節は着実に前進している模様。

[PR]
by akisiko | 2017-02-20 20:27 | | Comments(2)

大寒の釣り

d0051707_16543103.jpg
大寒を迎えて、日々は季節の底を流れるよう。
厳しい冬の真只中だが、これを越えればだんだんと春に向かって上向いていくのかな、という頃。
d0051707_16543260.jpg
天気予報は雪、そして気温も上がらない。が、気分を上向きにするためにも川へ!
d0051707_16543203.jpg
魚は条件のいい場所に溜まっている。
水温が低いために反応はやっぱり鈍い。が、何尾かは釣れる。
d0051707_16543225.jpg
UVカラーのホッペがステキ。
もうちょっと大きいの釣りたいね。

[PR]
by akisiko | 2017-01-22 18:01 | | Comments(2)
d0051707_19564728.jpg
流れをのぞきこむと、ニジマスが十数尾。
それほど水深もなくて流れのある場所に定位している。
厳冬期なのに、こういうところにもいるんだ。
d0051707_19564722.jpg
その中で狙うべきは大きくても30クラスと思われる2尾。

インジケーターでは魚を驚かせそうなので、代わりにパラシュートを。その下に軽めのBHニンフというリグを組む。

一投目、狙った一尾であろうヤツがかかる。が、フックが浅く、バラシ。
二投目、おチビちゃん。
これでもう場荒れしてしまったかと思った。
d0051707_19564892.jpg
少し上流にいた、狙いのもう一尾。
あげてみたら40cm、ほっぺの赤いオス。

この時期に楽しませてくれてありがとう!

[PR]
by akisiko | 2017-01-05 20:00 | | Comments(2)

オオワシ、氷、ニジマス

最低気温-15℃、最高気温5℃。
ん??ちょっとよくわからない寒暖差。
とりあえず暖かくなるみたいだから出かけてみよう。
d0051707_17161923.jpg
川沿いのドロノキにオオワシを発見。
d0051707_17162000.jpg
と思ったら、隣の木には4羽もいた。越冬しに来たのだね。
d0051707_17162035.jpg
狙いの川はかなり冷えていて、朝のうちは氷がザクザク流れていた。
d0051707_17162012.jpg
きれいな氷点下の風景が見られたけれど、人も多いし移動。
d0051707_17373138.jpg
別河川での淵に一投目。今週も何とか釣れた。ありがとう。

[PR]
by akisiko | 2016-12-18 18:00 | | Comments(0)

厳冬期のはじまり

一週間前は暖かい雨の日の釣りだったのに。
気圧配置は強い冬型になり、あたりは銀世界。そして今朝は今年一番のしばれでマイナス20℃になった。
d0051707_17153713.jpg
そんな寒い日はきまってカラリと十勝晴れ。
日が高く昇る時間帯を狙ってちょこっと釣りに。
d0051707_17153890.jpg
最高気温はマイナス5℃、水温は4℃くらい。
ラインやガイドはあっという間に凍る。
まさに厳冬期だけれど、川の中はまだ生命感があるようだ。
インジケーターにちょこちょことあたりが来るが乗らない。チビサイズのニジマスはまだ元気が良い。
ドスンと沈めて良型を狙うがなかなか…
d0051707_17153895.jpg
12月の太陽はあっという間に高度を落とし、ラストのポイントで40cmのニジ。
よくぞきてくれました!
d0051707_17153904.jpg
雲一つない夜がそろそろとやってくる。今夜もガチンと寒くなりそうだ…

[PR]
by akisiko | 2016-12-11 17:37 | | Comments(2)

12月のライズ

11月の強烈な寒波から打って変わって、このところは季節が逆行したような暖かさが続いている。
根雪になると思っていた積雪はすっかり溶けてしまったし、例年ならがちがちに凍っている土壌もまだ緩んでいるようだ。
さまざまな要因が絡み合う自然現象というものは、所詮人間には予測できない事柄なのかもしれない。
けれど、ここ数年の天候はふたを開けてみなければわからないようなびっくり箱のようだ。


12月の雨の日。時間ができたのでちょろっと小川に行ってみることにする。
川に着いてどんなもんかなーと流れを見下ろしてみてびっくり。
なんと、雨の波紋に混じるのは多数のライズ。
ハッチはユスリカのようだ。
ライズは気になるけれどおちびちゃんばかりみたいなので、やはりニンフを沈める。
d0051707_17304588.jpg
下層には大きいのいるかなー。しかし沈みきる前にちびちゃんヒット
d0051707_17311552.jpg
小物がかからないようにデカいニンフを結んだが、それでもちびちゃん。
d0051707_17330905.jpg
流心のボトムは少しだけサイズアップ…だが尺足らず。
ポイントを変えて実績ポイントを直撃してみるけれど、反応あるのはこのサイズ。
これより大きいのはいないのかな?
d0051707_17350737.jpg
冬も本番なのにチョイ釣りで楽しめるのは十勝ならでは。
もうちょっと良い型を狙うべくいろいろ試していたのけれど、反応はあるもののフッキングには至らず。
また次回。

[PR]
by akisiko | 2016-12-05 18:00 | | Comments(0)