タグ:タイイング ( 37 ) タグの人気記事

晩春の十勝、海へ山へ

先週のこと…
d0051707_22025454.jpg
サケ稚魚でボコボコのボイルを期待して行ったものの、状況はいまいち。それでも元気のいいアメマスたちが竿を曲げてくれました。
d0051707_22025489.jpg
明日は急に予定が空いたので…山へ行こう!
夜更かししてニンフを巻いて準備しています。
3xロングシャンクの#8。これで勝負です。

[PR]
by akisiko | 2014-04-20 21:58 | | Comments(2)

甲虫、稚魚、甲殻類

西からの強風が吹き荒れる十勝平野です。すこしまとめて夏用のフライを巻きためました。
d0051707_18121034.jpg

d0051707_18120956.jpg
まずまず、心配ないくらいにはストックできたかな。
d0051707_18120934.jpg
飽きてきたので趣向を変えて。4月に使うであろう鮭稚魚の試作品。
d0051707_18121096.jpg
用途が決まらぬまま巻いてしまった小エビのアブストラクト・パターン。
アメマスは好きそうだから次回の釣行で結んでみましょう。

[PR]
by akisiko | 2014-03-08 00:30 | | Comments(0)
2月も下旬となると太陽の力が強くなるのが感じられます。
厳しかった寒さもやわらぎ、雪原を渡る風にもほんの少しだけ春の匂いが混じったような気がします。

そうなるとそわそわしだす釣り人の魂。
そろそろ行かなくちゃなァ・・・なんて。
d0051707_21215350.jpg
年末年始にいい魚と出会えたあの場所で使うのはビーズヘッドのウーリーバガー。
ウーリーバガーといえば鱒たちが否が応でも捕食体勢に入ってしまう抽象的パターンって印象があるけれど、ここではワカサギを模した鉤として使っています。
特に、流れに揉まれて水中を流されてゆく死んだ個体。こんな高タンパクなものを食べているからあんな体型になっちゃうんでしょう・・・
d0051707_21215374.jpg
重い毛バリを激流のなかに沈めて一定の棚を流し、確実にアタリを取る釣法。いわゆるルースニング。
そのウキは発泡シモリにつまようじをぶっ刺したもの、これをウキ止めゴムで固定。
フライの重量もあるし激流に負けないようにかなり大きめのウキ。
それでもスペイ系の投法なら楽々投げられる・・・釣り具の進歩の恩恵に大いにあずかっています。
d0051707_21215358.jpg
イントルーダー的にも巻いてみてはいるのですが、低活性時の鱒たちにはいまいち針がかりが悪い。
おそらく頭を狙って喰ってきているから、尾部に近い針の位置はいかんのでは。

ちなみにほっかいどう学検定公式問題集は縁あって手に入りました・・・勉強してみます。



[PR]
by akisiko | 2014-02-21 22:00 | | Comments(0)

蝉毛鉤のタイイング

エゾハルゼミがジィジィと鳴く、北海道の初夏。
d0051707_22412328.jpg

d0051707_22413396.jpg


この巨大な昆虫が渓流や湖面に落ちる。それを見つけたニジマスがばっくりと大口を開けて飲みこむ・・・
そんなエキサイティングな光景を夢見つつ、セミパターンのフライをタイイング。
こちらのシケーダフライ動画を参考にしました)

d0051707_22125669.jpg

まずエクステンドボディを先に製作。
フォームを2枚切りだす。バイスに挟んだニードルを芯にして2枚を合わせる。
体節を作りながら巻いていく。
ハーフヒッチしてニードルからすぽっと抜く。
d0051707_2224590.jpg

エクステンドボディをフックに固定。2枚のフォームの間から針をさす。
フックシャンクに瞬間接着剤を一滴。
d0051707_22255512.jpg

さらに体節を作ってボディ部完成。
体節部のスレッドやフォームの隙間などを瞬間接着剤で補強。
d0051707_22285151.jpg

ラバーレッグを取り付ける。微波動担当。
けっこうゴキ・・・いや、セミっぽくなってきた。
d0051707_22295464.jpg

アンダーウィングはCDCを4枚。浮力ともさもさ感担当。
d0051707_22322627.jpg

今回はおまけで目玉を付けた。アイはリーダーバット部を短く切って、両端をライターであぶる。釣果に影響なし。自己満足担当。
d0051707_22335084.jpg

オーバーウィングはエゾシカの毛。さらなる浮力とフロータント吸着担当。
エゾシカの毛は釣れるマテリアルだけれど、このフライでは魚のビジョンに入らない位置にあるので効果薄。
マドラーヘッドにしたいけれど、タイイング時間短縮を優先。
d0051707_22382634.jpg

そして完成。頭部と胸部のスレッドワークに失敗したのでここら辺はさらに瞬間接着剤で補強しておく。

さてこのフライ、釣れるかどうかはまったく保障できません。だってまだ使ってないもの。
ハマる状況なら出るだろうけれど、汎用性は・・・そしてフッキングは・・・
[PR]
by akisiko | 2013-06-15 22:42 | | Comments(0)
今シーズン大ブレイクだった「私的超信頼パターン」、フォームビートルのタイイングを紹介します。
光量が足りなくて撮影を失敗したのが残念ですが、また巻き直しの撮り直しも面倒なので
このままアップします。

フック: ドライ用#8
スレッド:6/0 ブラック
ハックル: コックネック
ウイングポスト: エアロドライウィング・ファイン
オーバーボディ :フォーム
アブドメン: シルクフロス
ソラックス: 各種ダビング材
レッグ: ラバーレッグ

d0051707_1805167.jpg

フックは先日紹介した上州屋の激安フック。
好みの形状で可ですが、ニジマス相手なので太軸推奨。
d0051707_1823262.jpg

パラシュートポストの取り付けは何種類か方法がありますが、私はシャンクの上でたすき掛けにしてから上に二つ折にする方法を採用。
浮力重視なので多めに。。。
d0051707_18484.jpg

パラポストの根元を巻きあげてからハックルを2枚固定。
色はグリズリーとバジャー。
d0051707_1854242.jpg

5㎜幅に切りだしたフォーム材(黒)をボディに巻きとめます。
ずれないようにしっかりと、かつ浮力を失わないようにスレッドは等間隔に掛けていきます。
d0051707_1893117.jpg

腹部はお好みでいいのですが、ここがいちばん魚に見られる所なのじゃないかと思っています。
特に捕食する直前にとどめのスイッチを入れさせる感じで・・・
今回はシルクフロスのだんだらボディを巻きます。
2色のシルクフロスを巻きとめて。
d0051707_18125165.jpg

各色をねじりまとめた後、2色をこより状にねじります。
d0051707_18134996.jpg

それをフックシャンクに巻いていくとこんな感じに。
シルクフロスの色はお好みですが、コントラストの強い色の組み合わせがいいですね。
黒と赤、黒と黄色とか。ムシっぽいです。
d0051707_1816841.jpg

フォームをかぶせてパラポストの後ろで固定。
d0051707_18261471.jpg

ラバーレッグを巻きとめ、胸部にはIce Dub(UV Black)をダビング。
d0051707_1822245.jpg

ハックルをパラシュートに巻いて完成。
d0051707_1829625.jpg

ハックルの巻き方失敗!パラシュートが見苦しい・・・
でも、まあ、実釣にはまったく差し支えないです。
d0051707_1830461.jpg

パラポストの固定法、ハックルの巻き方、フィニッシュの仕方などは備前貢さんの「Tight Thread Vol.1」を大変参考にさせていただきました。本当に裏技的テクが満載です。

このフライのキモはそんなに難しいことではありません。
捕食スイッチになるのはおそらくラバーレッグの効果。あとはサイズとシルエットが少々。
秀でているのは浮力の持続性と扱いやすさ。
パラポストにフロータントを塗っておけばフォーム材の浮力と相まって、かなりのハードな使い方をしても浮いています。
何尾か釣ってもそのまま釣りが続行可能。
サイズの小ささと軽さもこのフライの武器といえます。
[PR]
by akisiko | 2012-09-09 18:17 | | Comments(0)

雨の日曜日

雨音で目を差ます日曜日。
今日は完全休養のつもりだったのだけれど、「増水しはじめで釣れるかも・・・」なんて邪な考えが浮かんでしまったのだからじっとしていられない。
4:30に家を出る。川までは30分で着くだろう。

しとしとと木々を濡らす静かな朝。
真夏とは思えないようなひんやりとした空気が川辺を流れる。
状況はかなりいいように見えるが、果たして・・・
d0051707_19135491.jpg

やはり鱒たちの活性は高い。が、反応するのは子ニジちゃんばかり。
d0051707_1913509.jpg

CDCとコック・ドゥ・レオンを使った、ばさっとしたカディスが今日の釣り上がりフライ。
何尾もの子ニジがそれをほおばった。
d0051707_1914484.jpg

良型が出ないまま7時には釣りを切り上げて、休養モードに入る。
d0051707_19135923.jpg

雨音を聞きながらまったりとタイイング。
待ち遠しい来週の釣りに備えて。それはスペシャルな釣行になるはずだ。
準備はできたよ。
[PR]
by akisiko | 2012-08-05 19:23 | | Comments(0)

雨の日のタイイング

今日は雨で、自然のもとで行う仕事は休みとなりました。
いくつかの用事をすませたあと、家に籠って消耗したドライフライをタイイング。

エゾシカの毛をつかったスティミュレーター。
d0051707_19203676.jpg


夏っぽいコーチマン・パラシュート。
d0051707_19203927.jpg


道東はかなりの雨が一日中降っていました。
渇水気味の川はリセットされるだろうけど、濁りと増水が引けるのはいつになるのか・・・
[PR]
by akisiko | 2012-07-12 19:20 | | Comments(0)