タグ:タイイング ( 37 ) タグの人気記事

秋のフライ

台風による災害で大きなダメージを負った十勝の河川。
釣りに行く時間もなかなか取れないので、秋のフライをタイイング。
d0051707_09084071.jpg
玉不足となっている重めのニンフ
d0051707_09084098.jpg
黒くてちいさいやつ
d0051707_09084015.jpg
アワフキムシはカディスで代用
d0051707_09084057.jpg
クリークに浮かべたい、バッタ
d0051707_09084000.jpg
これはだいぶ前に巻いた初夏用だけど。今年は出番がなかった大型カディスのウェットフライ。

さて、いつ釣りにいけるのだろうか…

[PR]
by akisiko | 2016-09-10 18:00 | | Comments(0)

hemorrhoidal mouse

d0051707_19231293.jpg
切り札となるか?
d0051707_19231264.jpg
エゾシカヘアをこれでもかとフレアさせて巻き留めて、ゲイプ側をカットしただけ。
果たしてこいつをばっくりくわえてくれるニジマスと出会えるだろうか?
d0051707_19231237.jpg
オリジナルはEASTERN RISES(feltsoulmedia)より。

[PR]
by akisiko | 2016-06-15 18:00 | | Comments(0)

低気圧

d0051707_17034633.jpg
5月の吹雪が風景を一変させた。今日は休養。
d0051707_17034746.jpg
d0051707_17034718.jpg
見えない何かに向かって窓を登りだすみやぢ。この後転落。
d0051707_17034798.jpg
もうすぐ来る盛期に向けてセミを巻いた。
d0051707_17034703.jpg
無駄に接写してみたけど、作業の雑さが目立つだけでした…

[PR]
by akisiko | 2016-04-29 17:09 | | Comments(0)

旅の楽しみ

d0051707_23190965.jpg
大都会に生きる友人と、東京湾に生きるネイティブ=スズキを狙うこととなった。
北海道を発つまであと1日。急いでフライを作成。
EPミノーはこのところワカサギパターンでなじみがあるので、タイイングにもハードルが低い。
色気をつけるためにトッピングにバックテイルをあしらってみたが、果たして。
d0051707_23190942.jpg
時期的にバチパターンも必要とのこと。ガーグラーにはゾンカーをつけて対応。現物サイズに合わせるには現場でカット。
d0051707_23190941.jpg
それから、その友人と東北に向かってもう一人の親友と合流し、サクラマスを追い求める。
東北シーマのための黒いウェット。
d0051707_23190825.jpg
というわけで、大人のおもちゃ箱が満たされた。

旅は…
いちばん楽しいのは、行く前に準備したり調べたりすること、
次は、帰ってから写真を整理したりして余韻に浸ること、
三番目に旅をしている最中である。

いま、その友人二人と妄想混じりの計画を立てている最中で、ああでもないこうでもないと楽しんでいるところだ。

[PR]
by akisiko | 2016-03-17 23:56 | | Comments(0)

春の訪れを告げる魚

d0051707_18350097.jpg
遠征用イントルーダーをもう一本。まるでリオのカーニバルのよう。
d0051707_18352055.jpg
一方、この地の実戦用フライは外見こそ変わらないものの、中身は少しずつ変化を重ねている。
手ごたえはあるものの、あと一歩魚に手が届かず。悔しい思いを繰り返す日々。
d0051707_18352728.jpg
あまりに釣れないので帰り道に里川に寄り道をして、橋の上から見つけたニジマスに相手をしていただく。
初虹だ。
尺そこそこだったけれど成熟したメスで、産卵のための遡上を待っているようだった。
d0051707_18473730.jpg
水温1度、しかし水中はもう春だ。

「春告魚」と書くと北海道ではニシンを指す。地域によってはメバルやサワラ、春に漁獲される魚ことをそう呼ぶ。
冬に眠っていた魚たちが獲れることによって春の訪れを知る。四季に生きる人々の感性だ。

[PR]
by akisiko | 2016-03-08 19:03 | | Comments(0)

Intruder

d0051707_21500513.jpg
来る4月、大学の同級生たちと東北に釣りに行くことになった。
私たちの大学はかつて三陸にあって、魚好きが集まったような学生たちにとって、それは素晴らしい立地だったものだ。

そんな仲間と春のヤマメを探しに行く。
若かり日を過ごしたフィールドで、おじさんになってからでもまた遊ぼうじゃないか、というのが趣旨だ。
そして打ち合わせをしているうちにいつしかサクラマスの話になり、ベストシーズンだし万が一釣れちゃったら盛り上がるしターゲットの候補に入れようか、ということになった。

で、対サクラマス用に”Intruder”というフライを巻いた。
北米のスティールヘッド用に考案されたこのフライは、数年前に日本にやってきた。
流行好きな日本人のことだから、一時期はみんなこのフライを巻いているんじゃないかっていうくらい盛り上がっていたけれど、最近はまた別のブームに熱狂が移っているみたい。

このフライのいいところは、正式なレシピというものがなくて、作り手の自由度が高いということだ。…と、私は思っている。
d0051707_21501075.jpg
イントルーダーを巻く前に、ダビングループの練習用に作ったシンプルなストリーマー。
こっちだって十分にチャンスがあるような気がして、実践に投入してみよう。

[PR]
by akisiko | 2016-03-05 22:26 | | Comments(0)

ストリーマー各種

d0051707_16523968.jpg
d0051707_16523965.jpg
d0051707_16523911.jpg
d0051707_16523807.jpg
d0051707_16523833.jpg
春のパターンを模索中。
d0051707_16534560.jpg
で、こういうことをしていると例外なく手伝いに来てくれるみやぢ。

[PR]
by akisiko | 2016-02-29 16:54 | | Comments(0)

吹雪

d0051707_18451332.jpg
道内は大荒れ。積雪の少ないこの地方も、まあまあ降りました。
d0051707_18451398.jpg
d0051707_18451340.jpg
雪かきをしつつ、ポーキュパイン・カディスをもう一本。
d0051707_18451290.jpg
d0051707_18451294.jpg
少し良くなったか。

[PR]
by akisiko | 2016-01-19 18:50 | | Comments(0)

ヒゲナガ2態

すっかりインドアモードなこの冬…
d0051707_08151055.jpg
#8カディスパターンはいつもどおりな感じ
d0051707_08151128.jpg
アブドメンにはちょっと違う素材
d0051707_08151037.jpg
もっと、こう、生命感を…改善の余地あり

[PR]
by akisiko | 2016-01-19 08:24 | | Comments(0)

ホッパーのタイイング

釣友Nからリクエストを承って、いっちょ巻いてみるかとなったバッタを模したフライ。
d0051707_17462041.jpg
試行錯誤をしつつ。
d0051707_17525827.jpg
d0051707_17462091.jpg
年末なのに卓上を混沌にしつつ。
d0051707_17462027.jpg
d0051707_17462012.jpg
結局セミフライと同じ構造に落ち着いちゃうあたり面白くないんだけど…
こんな感じでどうだろうか?

[PR]
by akisiko | 2015-12-30 17:54 | | Comments(0)