タグ:アメマス ( 25 ) タグの人気記事

阿寒湖連戦

d0051707_21380974.jpg
連休を作って両日とも阿寒湖に行くことにした。
d0051707_21380982.jpg
気温が高いから釣り人の活性は上がるが、湖面はベタ凪で魚のほうは…
d0051707_21380251.jpg
1日目の課題はドラワカ(ドライワカサギ)の釣り。
初めての経験。あれこれ試してボイルする水面にエキサイトしたけど、フッキングに持ち込むのは難しい。
結局、ストリーマーのスローフォールで50クラスのアメマス。
d0051707_17051086.jpg
ニジも来てくれたが、阿寒の良型砲弾レインボーとは会えずに終わる。
d0051707_21380391.jpg
帰り道、釧路まで遠い寄り道をしてから立ち寄った「ラーメン専門店 つる」。
創業56年の味が、一日遊んで疲れた体に沁みた。
d0051707_17201766.jpg
2日目も季節外れの高気温で釣りはしやすい。
この日はリトリーブの釣りに徹することにして、ポイントとレンジを探りつつ、ひたすらラインを手繰る。
ラインを持つ手にググッと手ごたえがこないかなぁという期待感。そして、その期待を乗せて沖に向けて飛んでゆくライン。
d0051707_17201849.jpg
かなり沈めたところでコンタクト。暗い色の湖水から輝くばかりのサクラマスが現れてくれた。
d0051707_17201833.jpg
どうやら回遊コースだったようで、サイズアップしてもう一尾。
d0051707_17201956.jpg
寒気がやってきては緩み、しだいに冬の力が強くなってゆく。
暖かい陽気で竿を振ることができた11月下旬の釣り。楽しかった!
明日からはまた寒さが戻る模様。

[PR]
by akisiko | 2016-11-20 21:39 | | Comments(0)

終盤の阿寒湖

d0051707_17230183.jpg
前回の釣りから1か月近くも間が空いてしまった。
一日を釣りに充てる日を強引に作って、さてどこへ行こうかと考えた結果、シーズンも終盤の阿寒湖へ。
手堅く魚の顔が見られればいいなあ、なんて思ったのだけれど。
d0051707_17230289.jpg
11月上旬から北海道に冬をもたらした寒気は緩んで、気温は高い。
しかしながら寒冷前線が通過して天気は崩れる予報。
d0051707_17230222.jpg
雨に打たれ、ウェーダーは浸水し、なかなかつらい釣り。
なんとか反応があってよかったぁ…
d0051707_17230341.jpg
課題は残った。
d0051707_17230350.jpg
さあ、次回からはいよいよ厳冬の釣りか。
まずウェーダーどうにかしなくちゃな。

[PR]
by akisiko | 2016-11-15 17:57 | | Comments(2)

秋の阿寒湖チャレンジ

d0051707_17394798.jpg
久しぶりに一日を使っての釣り。行先は阿寒湖。
秋のパターン、全然わからないけれど、願わくば表層のワカサギで釣れれば…という甘い考えは見事に打ち砕かれ。
d0051707_17394755.jpg
無反応の数時間、引っ張り続けてやっとのアタリ!はウグイ様。
d0051707_17394860.jpg
反応があるときは続くもの。そしてやっと来てくれた小さいながらもアメマスちゃん。こいつの後ろについてきたのは良型だったのだが。

それからも場所をかえつつ引っ張り続け。
午後2時が近づくころ、突然風が強まる。そしてレインウェアを激しく叩く雨。
荒天こそチャンスだと信じて投げ続ける…
d0051707_17394812.jpg
そしてやっと報われた一尾。産卵後で痩せてはいるけれど、うれしい一本。
d0051707_17394859.jpg
立て続けにもう一本!風でワカサギが寄せられている岸際に、それを狙うアメマスの群れがいるようだ。

準備不足と知識不足で釣りにも信念が持てなかったけど…何とか釣れてよかった初秋の一日。

[PR]
by akisiko | 2016-09-28 20:00 | | Comments(0)
雨が続く北海道。河川はどこも増水気味で狙いがしぼりづらい。
そこで、久しぶりの阿寒湖へ行くことに。家からまずまず近いけれどなかなか足が向かない阿寒。
d0051707_21421895.jpg
森の中の原始の湖、やはり雰囲気がある。
d0051707_21423030.jpg
時折強い雨が降るが、無風。
そして季節はモンカゲロウのハッチの真っ最中。

湖岸を歩くこと10分、ライズを発見。
さっそくモンカゲダンのフライを結び、湖面に浮かべる。
d0051707_21431069.jpg
準備不足のためフィッシングランド阿寒で購入したモンカゲダンは、浮力・耐久性・視認性とも抜群。私の巻くフライとはけた違いの完成度。
d0051707_21424435.jpg
しかし、なかなかダンパターンに出てこない。出てもフッキングしない。
そこで水面下をニンフで探る。交換後すぐに2テイクあるものの、何かが違う…
ダンを捕食している様子はない。ということはシャック?でもシャックパターンなんて持ってないので試すことはできず。
d0051707_21425134.jpg
こんな迷いがライズの釣りの苦悩でもあり楽しみでもある。
あるいは単に腕が不足しているだけなのかもしれない。
迷いを断ち切り、ダンパターンに絞ってライズを打つ。
至近距離にはヘッドアンドテイルのアメマスのライズが繰り返される。
ちょんちょんと誘う。そしてガボッ!!
d0051707_21430264.jpg
やったぜ。阿寒湖の金のアメマスに久しぶりの再会。
その後もすっぽ抜け、バラシなど苦悩を楽しみながら、雨でずぶぬれになって遊びきった。


[PR]
by akisiko | 2016-06-20 21:05 | | Comments(2)
d0051707_17552267.jpg
山仕事も始まって、しばらく肉体労働の日々。ちょっと疲れがたまってきたタイミング。ふいに一息つけることになった日曜日。
山河に行ってエネルギー補充しなくちゃ。

まずは下流域のアメマス。
d0051707_17552242.jpg
じわーっという渋いアタリ。サイズは小さ目。アメマスシーズンも、もう終わりなのかな。
d0051707_17552274.jpg
砂地にはハマボウフウの新芽が。少し採集して味わうことにした。
d0051707_17510973.jpg
一転、山に向かってニジを探しに。
見つけたのは今が旬の山の幸。
d0051707_17552345.jpg
産卵に参加しない若ニジたちが、竿先を震わせてくれた。
腹がパンパンになるくらい餌を食べていた。ニジマスにとっても食欲の季節かな。しっかり食って大きくなれよ。

[PR]
by akisiko | 2016-04-24 18:37 | | Comments(0)
d0051707_17274889.jpg
茶色い雪解け水が川幅いっぱいに広がる頃が、下りアメマスの季節。
今年はすこし前からフライング気味に川へ出かけていて、彼らが下ってくるのを待っていたのだけれど、やっとそのタイミングに出会うことができた。
d0051707_17274841.jpg
アタリは単発。ポツっと釣れたかと思うとまた沈黙。
40から50というサイズが3本。
ずいぶん長いこと同じ場所で投げ続け、西風とウェーディングで体の芯まで冷え切った。
もう止め時かと思ったけど、ちょっと気を入れなおす。
それまで結んでいた黒から、アメマスの好物チャートリュースに変えたとたん65良型どすん。
続けてブルーバックの元気のいいヤツがフライをひったくる。
Beulahの7番スイッチは気持ちよく曲がる。でも魚に負けない。すばらしい。

ここで満足して納竿。

d0051707_17273594.jpg
別の日のことだけれど、この春初の恵みを見つけた。
今年は季節の進行がすこし早めのようだ。
d0051707_17273653.jpg
カップラーメンに入れて、山の中で食う。旨い。

[PR]
by akisiko | 2016-04-16 18:04 | | Comments(0)

Egg-Eating-Rainbow

広葉樹の葉は落ち、高い山には雪が見えてきた。農家さんたちはビートの収穫に大忙し。
秋から冬へと移りつつある十勝。
d0051707_19502580.jpg
アメマスを探しに行った川。フライをテイクしたのは予想外のレインボー。
d0051707_20034753.jpg
さらに驚いたのは、この肥満体型。
d0051707_20192323.jpg
サイズは50にあと一歩だけれど、腹回りがすごい!
d0051707_19503177.jpg
本命アメマスにも出会えました。こっちはスキニー。



[PR]
by akisiko | 2015-10-28 20:22 | | Comments(0)

春の浜風と下りアメマス

肉体労働が続いた日々もひと段落、3週間ぶりに釣りに。
河口のアメマスに会いに行きましょうか。
d0051707_17484002.jpg
1時間ほど寝坊をして現地に着くと、誰もいない。連休初日なのにね。
風は穏やかで、水面にはボイルが見える。サケ稚魚もたくさん泳いでいる。これはいい日に当たったかも。
竿を継いでいると、車が2台やってきた。挨拶をしてさっそく始める。

反応はあるけれど、いまいち何かが噛み合わない。ぽつぽつと釣れるのは40cmクラスの小型。
少し歩いてポイントを変えてみるけれど、結果は同じ。
d0051707_17484021.jpg
潮位がだいぶ下がってきたころ、ウグイが連発。丸々太って見事な魚体!
d0051707_17484050.jpg
昨年もお会いしたフライマンの方と話しながら並んで釣っていたら、本日最大魚がきた。それでも50台か。
釣果はいまいちだったけれど、その方にはイイ話をたくさん聞くことができた。
そちらのほうが収穫大、かも。

* * *

d0051707_17484190.jpg
春の味覚が楽しい季節になりました。Koiさんちからいただいた新物のアスパラガス。
d0051707_17484016.jpg
ヤチブキ(エゾノリュウキンカ)のおひたしにヤマワサビを合わせて食う。
d0051707_17484007.jpg
タラの芽と原木栽培のしいたけで天ぷらそば。
ああ、幸せ。


[PR]
by akisiko | 2015-05-02 18:00 | | Comments(0)

吹雪の合間に

二日間にわたって道内大荒れを伝えているラジオのニュース。
ネットでピンポイント予報を見てみると、雪は降るけど風はない様子。
荒れた日こそチャンス、と心に言い聞かせ、眠気と寒さに打ち勝って家を出発。
d0051707_10010819.jpg
もうすぐ春だというのに、いつまでたっても冬景色のフィールド。
d0051707_10010815.jpg
雪が吹きつけたって、-4℃くらいならぜんぜん寒くない。厳冬を過ごしてきた身体なんだもの、余裕です。
しかし手袋がシャーベット状になるのはちょっとしんどいかな…
d0051707_10010804.jpg
そんななか、期待に応えてくれたのは金のアメマス。EPミノーをばっくり喰ってくれました。
d0051707_10010821.jpg
こう見えてなかなかのサイズ。測らなかったけど、ごーごーくらいか。
そしてまるで真夏のようなぶっといボディはこのフィールドならではでしょうか。

[PR]
by akisiko | 2015-03-11 10:20 | | Comments(0)

落ち葉と陽ざし

d0051707_15184027.jpg
初霜が来た。紅葉もピークを過ぎて木々の葉は落ち始めている。
晴れれば小春日和の暖かさ。
しかし、季節は容赦なく進み続ける。
もうすぐあの冬が来る。みんな、それに備えるのに忙しい。
d0051707_15184038.jpg
木漏れ日が温かく照らす山奥の渓に、イワナを探しにきた。
d0051707_15184013.jpg
さっそく見えた魚影にフェザントテイルニンフを投げたらヤマメだった。
でも、探しているのはこのサイズではない…
d0051707_15371760.jpg
ニジマスくんもたくさんいるんだけれど、今日会いたいのは君ではない…もちろん大きかったら別だけど。
d0051707_15184019.jpg
d0051707_15403722.jpg
d0051707_15371773.jpg
深い色あいに染まった山と川。
d0051707_15371777.jpg
湖まで降りたけれど、今日は風が強くてライズを狙える状況じゃない。
d0051707_15524928.jpg
谷の中の流れ込み。落ち葉に覆われている水面にフォームビートルを落とす。
d0051707_15371790.jpg
d0051707_15371744.jpg
そうそう!出会いたかったのは君です。
産卵後と思われて痩せていたけれど、美しい金の魚体でした。





[PR]
by akisiko | 2014-10-11 15:57 | | Comments(2)