薪割り

d0051707_16464940.jpg
先日玉切った薪材の山。今日は薪割りに着手。
d0051707_16465068.jpg
体が疲れているので釣りには出かけず薪割りを。でもこれもなかなかしんどい作業…
d0051707_16465086.jpg
お、監督が視察に来ましたよ
d0051707_16465053.jpg
なかなか減らない薪の山

d0051707_16465129.jpg
本日の成果は一か月分くらいでしょうか。

[PR]
# by akisiko | 2017-03-05 17:01 | | Comments(0)

春の手ごたえ

広く高気圧に覆われて3月中旬から下旬並みの陽気になるとの天気予報。

d0051707_20261760.jpg
穏やかに晴れて気温が上昇。ジャケットを脱いでフリースで川原に立つ。
釣りには太陽光が強すぎるかと思われたが。
d0051707_20261730.jpg
いつもは一尾までがとても遠い川なのだが、最初のポイントで立て続けに5つの反応。うち4尾を獲る。
d0051707_20261734.jpg
どれも同じように45cm前後。しかし個性は多様であった。体高の高い個体やほおが赤く染まったオス、一方シルバーで砲弾型のメスは素晴らしい引きを見せた。
d0051707_20261915.jpg
水中には多くの餌が流れているようで、水温は相変わらず低いが活性は高い。
ポイントを移動してもう一尾追加はやっぱり45クラス。
d0051707_20261826.jpg
一足先に春の手ごたえを感じた気がした二月最後の日。

[PR]
# by akisiko | 2017-02-28 20:55 | | Comments(0)

Fry Flies

d0051707_17582684.jpg
かつて春先によく使っていたキールタイプの小さなストリーマー。
思うところあって、若干のマイナーチェンジを加えて復活させることに。
d0051707_17582832.jpg
リトリーブするとフラフラっとバランスを崩すはずなんだけど、上手く泳ぐだろうか?
d0051707_17582763.jpg
次いでサケ稚魚のチューブフライバージョンを。
d0051707_17582792.jpg
初の試み。早く使いたいな。


[PR]
# by akisiko | 2017-02-26 18:10 | | Comments(0)

来冬の準備へ

d0051707_17392615.jpg
重い腰をあげて薪切りに着手。昨年秋に集めてきた丸太が次の冬の暖になる。
d0051707_17392687.jpg
Nとふたりで一気に片付けちゃう作戦。半日で終わったら午後は自由時間というのが目標。
d0051707_17392750.jpg
地面に雪が残っていたほうがチェーンソーで切りやすい。
今回はいつもより5㎝ほど薪の長さを長くした。標準38㎝、最長42㎝というばか棒を作って測りながら切る。
寸足らずは30㎝ほどの長さになるように調整。なるべく雑端をつくらないように。
d0051707_17392744.jpg
昼前に切り終わって目標達成。
次はこれを割って積む作業だが、また今度にしようっと。

[PR]
# by akisiko | 2017-02-26 17:48 | | Comments(2)

Pink Cheek

d0051707_20291928.jpg
快晴・強風・気温0℃
d0051707_20291959.jpg
まだまだ雪深い2月の川
d0051707_20291894.jpg
日中少しだけ濁りが入ったのが幸いして一本。
50cmにはすこし足らない。けど、素晴らしいベッピンさん。

[PR]
# by akisiko | 2017-02-24 20:43 | | Comments(2)

前進と後退

先週の暖かさが去ってしまい、また日中でも氷点下の真冬日となってしまった。
こうやって季節は前進と後退を繰り返しながら、だんだんと春に近づいてゆく。

冬へと一歩後退した今日は私の釣り欲も後退。
大物狙いに行く気にならず、近場の手堅い釣り場でちょこっと遊ぶことに。
d0051707_20012823.jpg
ところがこの日は川が上向いているようで、立て続けに45cmクラスが2本。
d0051707_20012604.jpg
そして50オーバーがニンフを銜えた。
少し濁りが入っていて鱒の警戒心が薄れて距離を詰めることができる。そして天気が下り坂なのも活性をあげている要因なのか。
d0051707_20012767.jpg

川の中の季節は着実に前進している模様。

[PR]
# by akisiko | 2017-02-20 20:27 | | Comments(2)