暖冬とはいえ・・・

d0051707_847748.jpg

シバれた朝。
d0051707_8481147.jpg

流氷はなかなか接岸せず、写真を撮らせてくれない。
d0051707_848532.jpg

[PR]
# by akisiko | 2007-02-13 08:49 | | Comments(0)

日曜日の遊び方

約一ヶ月ぶりの日曜休み。

しかし曇天の寒空に出かける気も起きず、再び屋内でアームチェア・フィッシングに浸りこんでいたのでした。

夕方ごろ重たい雪がわさわさと降り始める。

久しぶりに近所の温泉にでも行こうと車を出した。

どうも最近、手がしびれる。
大量の木材を毎日9時間も、つかんだり、離したり、持ち上げたり、放り投げたりするせいかも知らん。
温泉にでも浸かればちっとは良くなるか、と年寄りじみたことを考えたのでした。

近所の温泉は、風情のカケラも無いけれどお湯はそこそこ。
遊び帰りの家族連れでにぎわっていた。

雪の落ちる露天風呂に入って、サウナに二回入って、血行抜群!

さて。
風呂上りといえばビール。ビールといえば風呂上り。

家に戻ってからビールのつまみを作り始める。
d0051707_665742.jpg

下仁田ネギとベーコンのピザ。
味付けはオリーブオイルとにんにく、塩こしょう。

下仁田ネギは東京の友人から。ベーコンは旭川の佐々木さんの手作り。
・・・とくれば、生地はもちろん小麦粉こねて発酵させて。

付け合せはひよこ豆のトマト煮込み。

うーん、ビールがすすむぜ。

というわけで平和で怠惰でインドアな日曜日を過ごしたのでした。
[PR]
# by akisiko | 2007-02-11 05:44 | | Comments(2)
部屋の中で、何度も読み返した釣りの本を眺めたり愛用の釣具を撫でたりしながら、魂は行きつけの川をさまよっている。

そんな人のことをアームチェアー・フィッシャーマンと呼ぶ。

開高健の随筆にそういう内容のものがあります。
d0051707_551794.jpg

北海道の長い冬をうっちゃるために、私の休日はアームチェアー・フィッシングに没頭します。
もちろん、厳冬期ならではの釣りもあるし、遠征すれば大物も狙える。
d0051707_5514179.jpg

でもそんな余力も無く、家の中でぬくぬくしながら心はシーズン序盤の解氷した川を夢想しています。

来期に活躍するフライ(ほとんどの場合期待は外れるのだけれど)を巻いたり、新調したリールを何度もいじってみたり・・・
d0051707_552457.jpg

そんな副次的な楽しみがあるのが釣りのいいところ。
[PR]
# by akisiko | 2007-02-07 06:02 | | Comments(2)

久々に・・・

長期間ブログの更新を怠っていました。

日々の暮らしに飲み込まれて余裕がなかったのです。

前回の記事から4ヶ月のブランク。
その間、当ブログを訪問してくださった方々、本当にごめんなさい。
そしてありがとうございます!

今後、「完全復活」とまではいかないかもしれないけれど、
暇のあるときにこちらオムイの様子を報告していこうと思っています。

さて、ご挨拶代わりに写真を数枚・・・
d0051707_6381434.jpg

通勤の車内から撮影。
こんな風景の中、毎朝60kmの道のりを通っています。
山仕事は一時お休みで、1月から春まで製材部門にお手伝い。
通勤の車内は、戦場のような仕事が始まる前の静かなひととき。
d0051707_6403617.jpg

オホーツク海には流氷が来ました。
しかしなかなかタイミングが合わなくて写真を撮れずにいます。
流氷と日の出の写真を乗せたかったのだけれど・・・流氷なしの、静かな海の風景です。
d0051707_6405241.jpg

こちらは正月に東京に帰ったときの機内から。
おそらく福島県あたりでしょう。
飛行機からは猪苗代湖、鳥海山、下北半島などが認識できて、
「国内行脚簡易版」のような感じでした。
[PR]
# by akisiko | 2007-02-06 06:50 | | Comments(7)

フェアリーリング

d0051707_14254952.jpg

山で見つけた不思議世界。輪状に生えるキノコ。

これは「菌輪」と呼ばれる現象で、土中で放射状に広がった菌糸の縁にキノコが生えることが原因だそうです。

ヨーロッパでは「フェアリーリング」と言うそう。
妖精(Fairy)たちが輪になって踊った踏み跡にキノコが残されたという民間伝承のひとつです。

このフェアリーリングは妖精界への入り口だと思われていて、立ち入ってはいけないものとして畏れられていたそうです。

実際に暗い林内に浮かぶ白いキノコの輪は、ちょっとかわいらしくて、ちょっと不気味ものに見えます。

フェアリーリング、怖いけれど覗いてみたい不思議世界への入り口です。
[PR]
# by akisiko | 2006-10-08 14:39 | | Comments(1)

キノコ3種

北海道にくるまで、キノコ採りなんてしたことは無かったのだけれど、
秋に入ってというものの、毎日のようにキノコを採っています。

山仕事の師匠・新田さんには仕事だけでなく、その合間にキノコの種類や場所も教わっています。「山の仕事は楽しみもなくっちゃな」というのが新田さんの口癖。

d0051707_21125889.jpg

ハナイグチ

別名ラクヨウキノコ。カラマツの造林地に生えます。比較的見分けやすく見つけやすいので、北海道ではとてもポピュラー。たくさん採れて味も良し。汁物がいけます。
d0051707_21152249.jpg

ツバナラタケ

このあたりでは「ボリボリ」と呼ばれます。こいつはどこにでも出るし、量も採れる。
d0051707_21171370.jpg

モミタケ

トドマツ・アカエゾマツの林地にひときわ目立つ大型のキノコ。白いマツタケなんていわれるけど、香りや味は劣ります。バター炒めにして歯ごたえを楽しむ。

さて、是非とも狙いたいのはマイタケとホンシメジ。
だけど、こればっかりは新田さんも場所を教えてくれません。
山一年目の私には程遠い存在です。いつか自分で見つける日を・・・
[PR]
# by akisiko | 2006-10-01 21:23 | | Comments(0)