<   2017年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

タンチョウ一家

Nが仕事をしている畑に毎日タンチョウが飛来しているとの情報を受けて観察に。
d0051707_16055808.jpg
いたいた!1,2,3…7羽も!!
d0051707_16055987.jpg
わが家から300mほどの距離なので、先日は自宅の上を低空で飛び去って行くのを目撃。
それにしても最近タンチョウを見かけることが多い。個体数が増えているようだ。
d0051707_16055920.jpg
彼らの目当ては刈り取った後のデントコーン。こりゃ、毎日通うよね。旨そうだもん。


[PR]
by akisiko | 2017-10-30 16:18 | | Comments(0)
d0051707_17061166.jpg
ハロウィンとは関係ないけれど。
かぼちゃを頂いたけれど、いつもの煮物じゃつまらないのでちょっと趣向を変えてチャレンジングな料理に。
クミンシード、マスタードシード、コリアンダー、シナモン、カルダモンといったインドカレーに使うスパイスを油で熱して香り出ししてからココナッツオイルと水と塩を加えてかぼちゃを煮てみた。

でっち上げ料理だったのだが、その結果まずくはないが微妙な仕上がりにw
N曰く、「インドで食べたことある、これ」とのことだった。


[PR]
by akisiko | 2017-10-29 17:14 | | Comments(0)
d0051707_16334118.jpg
カラマツが紅葉して、山は黄金色に染まっている。
低くくすんだグレーの空と梢の黒が背景で暗い雰囲気の秋景色ではあるけれど、それはそれで美しい。
d0051707_16334185.jpg
半日だけ時間が空いて、雨も降っていたからチョイ釣りの川へ。
ライズもあるけどここはニンフを沈めて良型狙い。
一投目、いいサイズがかかったけれど、枝に巻かれてラインブレイク。
d0051707_16334295.jpg
ポイントを巡回して何とか45cmサイズとご対面。
d0051707_16334120.jpg
ニジマスちゃん達も秋色になっていますね。

[PR]
by akisiko | 2017-10-29 16:53 | | Comments(2)

大地色と朝霜

d0051707_20470402.jpg
パリっと冷え込む朝が多くなった十月の下旬。
景色の中にはだんだんと茶色系統の色合いが強くなってきている。
d0051707_20470587.jpg
家の前の大豆畑も収穫時期を迎えたようだ。

[PR]
by akisiko | 2017-10-26 20:50 | | Comments(0)

寝猫22

d0051707_18055035.jpg
ひさびさのみやぢです
なんでこんな手になっちゃうんでしょう
不思議
d0051707_18055099.jpg
だいぶ大人の風格がでてきたみやぢ
d0051707_18055069.jpg
肩甲骨あたりに男を感じさせますね
でも性格はまだまだお子様だけどね

[PR]
by akisiko | 2017-10-15 18:08 | | Comments(2)

冬に備える

d0051707_17574828.jpg
遠くの山には雪化粧
d0051707_17574875.jpg
ストーブにも今シーズン初めて火が入った
d0051707_17574987.jpg
来シーズンのための薪を集め始める
d0051707_18011695.jpg
菜園も終わり
ニンニクも植え終わったし、畑にはゆっくり休んでもらいましょう

[PR]
by akisiko | 2017-10-15 18:03 | | Comments(2)

母川礼賛

d0051707_07055934.jpg
私にとってのフライフィッシングの「母なる川」へ。
Wisertimeさんと共に、年に一度のお参り釣行。
10月としては季節外れの暖かな陽射しの中、風景を愛でながら川を歩く。
d0051707_07060073.jpg
季節、天候、潮回り、川の水量、もろもろの条件がうまくかみ合っていたのだろうか。
鱒たちの活性はかなり高い状態にあったに違いない。
川通しに巡るポイントごとに鱒たちの気配があり、駆け引きがあった。そのうちのいくつかは大鱒とのドラマとなって私たちの心に強く残った。

そうした出会いは自然相手の遊びである釣りが持つ偶然性からなる一期一会でもあるし、この川が鱒を育む懐の深さゆえであるともいえる。
d0051707_07055978.jpg
鱒たちからのサインを読みとって行動を予測することができたのは、いままで私たちがフライフィッシングから得て蓄積してきた経験があってこそのことだろう。
水面や水中にアプローチする釣法の幅も広がって、かつては気づかなかった、あるいは釣れなかったであろう魚にも手が届くようになったのを実感した。
もちろん技術の未熟さゆえに逃した魚にがっくりと肩を落としたし、それと同時に、新しい発見や驚きにもそこかしこで出会った。
d0051707_07060086.jpg
やっぱりこの川は私にとって特別だ。来てよかった。
濃密な釣行であった。
d0051707_07055962.jpg
ヒグマにかじられたと思しきカラフトマスの死骸。
自然もやはり濃密で、この環境に身を置くだけで心地よい。


[PR]
by akisiko | 2017-10-08 20:00 | | Comments(2)

秋のドライフライゲーム


10月初めの休日。
よく晴れて気温も上がる予報だったので、ドライの釣りがしたいな。
そして今季はまだフローターも稼働していないから、どこか浮かべるところ…
d0051707_19474066.jpg
そこでまだ行ったことのない沼へ行ってみることにした。
釣果が期待できるかどうかは別として、すくなくとも道東の自然の中にどっぷりと浸ることは出来そうだ。

朝7時に湖面に降りてみる。誰もいない。静かに晴れる秋。
d0051707_19472274.jpg
とにかくぐるっと廻ってみようとフローターを漕ぎだして、最初に目についた場所でさっそくドライに出てくれたちびちゃん。
おお、これは期待できるかも。
d0051707_19472145.jpg
ところが穏やかな天候の割には昆虫は飛ばず、ライズも少ない。
苦戦しそうなのでラインをタイプ3のシューティングヘッドに変えて水面下を探ってみることに。
d0051707_19472219.jpg
トンギョを追うボイルも見かけたのでリトリーブの釣りは効くだろう。フライはいつものBHオリーブマラブー。
引っ張るならここだろっていう地形の変化のポイントを攻めると、やっぱりグンッときた45サイズ。
この一尾でとりあえず満足。
再びフローティングラインに戻してドライで良型を狙う。
d0051707_19472156.jpg
水はクリア、水深はごく浅い。そこにたまーに見つけることができる良型のクルージング。
ライズするポイントはごく限られている。
静かに静かに観察してキャスト。

一発はすっぽ抜け、一発はラインブレイク。見に来るも見切られたり、ゴボッと出たはずなのに乗らなかったり…
なかなかシビアな釣りに時間を忘れた。
d0051707_19472320.jpg

[PR]
by akisiko | 2017-10-01 20:56 | | Comments(0)