<   2016年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

蝉時雨と午後の光

d0051707_20333941.jpg
雲一つなく晴れた空、すがすがしい初夏の風、残雪の山脈。
今年もまたこの季節がやってきた。
期待を胸に、川へと向かう。
d0051707_20334379.jpg
いよいよ君の出番だ。
d0051707_20335291.jpg
5月下旬の森は、みずみずしい新緑に包まれて、すべてが輝いてみえる。
そしてあたりを包むのはセミの鳴き声。

午前中は投げども投げども全く反応のなかった渓。
魚はいったいどこにいるの?っていうくらい、なしのつぶて。

しかし正午近くになって、魚が上を向く条件が整ったのだろうか。
打って変わって水面上のセミフライに飛び出し始める鱒たち。
d0051707_20351055.jpg

青い淵の中から、急に黒い影が浮き上がってきてフライを銜えて反転する。

空振りも多かった。
まだ水面の餌を捕食するのにためらいがあるのか、フライに疑惑を感じているのか。

そして、ずしっとした重みも手に感じることもできた。
d0051707_20340308.jpg

[PR]
by akisiko | 2016-05-29 20:35 | | Comments(0)

盛期へ

d0051707_21355007.jpg
雪代の水位が落ち着き、このカディスのスーパーハッチが終息するころ。
それがドライフライの盛期の始まり。
…というのが、近所の川を私なりに観察した所見なのだけれど。実際はどうなのか、知らん。
d0051707_21361199.jpg
ちょっと時間があるときに近所の川で遊んでみる。
これも陽が長くなってきたこの時期だからこそ。

河畔には例のカディスがまだぶんぶん飛びまわっているから、攻略はドライより水面下で。

セッジのウェットに小さめのガン玉を一つ。
そいつを流れの緩いプールのヒラキなどに流し込んだ時にアタリは集中した。

テイクと同時にリールを逆転させ、「おッ?」と思わせる。
けれど、手元に寄せれば35クラス。
サイズに見合わぬそのパワー。

大物とはやっぱり出会えず。技術が未熟すぎるからです。

[PR]
by akisiko | 2016-05-26 21:58 | | Comments(2)

初めての散歩

d0051707_19444583.jpg
こっこさんたちがきた翌朝、さっそく匂いを嗅ぎつけキツネが来て、金網を引っ張ったりした模様。
強度的に心配なので、線の太い金網を上から貼って二重にすることに。

キツネは金網を破るほどの力がある。
この被覆金網では根本的な解決策にはなっていないような気がするが、ともかく応急措置。
d0051707_19444507.jpg
邸宅工事中はアウトドアを満喫してもらう。
d0051707_19444615.jpg
みやぢが、なにやらそわそわしている。
d0051707_19444684.jpg
狙っているようだけれど、獲物がでかすぎてかなりへっぴり腰。
平和は保たれた。

[PR]
by akisiko | 2016-05-25 19:59 | | Comments(0)

鶏たちが来る

d0051707_21014045.jpg
鶏小屋は無事に完成。
d0051707_21013907.jpg
鶏たちのベッドである止まり木を設置。
d0051707_21013976.jpg
ロフト部分は産卵室になっています。
ちゃんとここで産んでくれるかなあ。
d0051707_21015516.jpg
そして本日、2羽のこっこさんたちがうちに来ました!
d0051707_21014060.jpg
あら、ベッピンさんですねえ。
将来的に締める気満々なので、今回は名前は付けないことにします。
d0051707_21014030.jpg
子猫時代にはナゲットとそぼろのことを肉親だと思い込んでいたみやぢ。
新入りの鶏たちにどんな反応を見せるのか、興味深いところ…

しかし特別気にする様子もなく、いつも通り地面でゴロゴロする彼。
平和だ。

[PR]
by akisiko | 2016-05-23 21:14 | | Comments(0)

緑水の鱒たち

d0051707_21420725.jpg
ランニングラインをリトリーブする左手に、ガツンとくる手ごたえ。ロッドを立てると力強く振動する竿先。
その感触を求めて、今季初のフローターを出艇。
d0051707_22091085.jpg
サイズはミドルクラス。
しかしながらそれは、夏に向かって上がってゆく季節のエネルギーを、はち切れんばかりに詰め込んだ鱒たち。
d0051707_21442127.jpg
パンパンに肥えた、コンディションの良いニジマスがひっきりなしに竿を曲げる。
d0051707_21522044.jpg
18尾釣ったところでフライがヘタって交換。その後42尾目まで釣ったフライがこちら。
もはやフライなんて何でもよく、動いているものなら喰ってしまうという状況。

たまにはこういう大釣りにもあたります。
パタゴニアでのこの動画を見たら、どうにも湖で引っ張って釣りたくなっちゃって、家を出たわけです。

でもやっぱりパタゴニアは別格。行ってみたいなあ…

[PR]
by akisiko | 2016-05-22 22:37 | | Comments(0)

鶏小屋つづき

d0051707_21261777.jpg
工期あとわずかにつき、昨日はam4:30からの早朝作業
あと1週間でニワトリが来るのです

d0051707_21261761.jpg
朝の1hで、屋根の下地→トタン屋根を張るところまで
d0051707_21311699.jpg
本日、天候の都合で一日フリーな時間がとれた
作業を続ける
金網とOSBで外壁を作ってゆくと、急に小屋っぽくなってきた
d0051707_21423336.jpg
現物合わせでコンパネと金網を切っては貼って
d0051707_21311687.jpg
しだいに形が見えてきた
d0051707_21311691.jpg
金網貼りをあと一か所残すところで材料不足…
今日はここで終了
あとは細かい部分の仕上げのみ
d0051707_21311784.jpg
日没とともに今日の作業終了
何とか間に合いそうで一安心

[PR]
by akisiko | 2016-05-17 22:01 | | Comments(0)

山菜天ぷらそば

d0051707_22103039.jpg
ウドとタラの芽は山菜界の二大巨頭
山の恵みの季節が来ました
d0051707_22103001.jpg
盛りそばにはコイツ、天然わさび
d0051707_22103185.jpg
ほだ木シイタケ天、ゆで玉天、うましうまし。


[PR]
by akisiko | 2016-05-16 21:21 | | Comments(2)

鶏小屋の製作

d0051707_21045997.jpg
5月晴れ、休日。こんな日は川に遊びにでも行きたい…
でも鶏小屋の新設が遅れている。ぐっと我慢して今日も日曜大工の日。
d0051707_21045953.jpg
家の裏のスモモが満開。去年は気づかなかったけれど実がなるのかしら?
乱高下を繰り返す気温は、今日のところ上昇中。風景を愛でながらの作業。
d0051707_21045967.jpg
小屋の骨組は、ほとんど丸ノコカット&ビス止めで済ませるが、屋根の部分のみ、ノコギリとノミでの素人細工。
d0051707_21050031.jpg
精度はいまいちだけど、こんなもんでしょ。
d0051707_21050056.jpg
基礎と柱材を固定してないので、家にあったこんなモノを埋め込むことに。
d0051707_21050022.jpg
バールで地面にねじ込んで、番線で木材と固定する。
d0051707_21195098.jpg
無知による無計画ゆえ、いちいちわからないところを調べてみたり、悩んでみたり、足りない材料を買い出しにいったり、あっちに手を付けこっちに手を付け、さっぱり作業が進まない。
やばい、このままでは来週も釣りに行けないぞ!
かくなる上は早朝作業かけなくちゃ、かな。


[PR]
by akisiko | 2016-05-15 21:29 | | Comments(2)

アスパラとピッツァ


d0051707_18104082.jpg
いっしょにあそぶ?
d0051707_18104036.jpg
庭の野良アスパラが出始めた。
d0051707_18104006.jpg
採れたて茹でたて、最高の味。
d0051707_18104074.jpg
メインは今シーズン最後になるかと思われる薪ストーブピッツァ。十勝マッシュルームでした。

[PR]
by akisiko | 2016-05-09 19:00 | | Comments(0)

花の5月と大工作業

d0051707_17422072.jpg
敷地内で放置状態になっている花たちが咲きはじめた。
d0051707_17422080.jpg
何も手入れをしていないけれど健気に咲いて、ひとときの彩を楽しませてくれる。
d0051707_17422016.jpg
みやぢも外遊びが楽しそう。
d0051707_17422180.jpg
さて、重い腰を上げて鳥小屋の新築に取りかかる。
昨年キツネにやられてしまったそぼろとナゲットの教訓を生かしながらも、暗中模索の小屋作製。
まずは基礎とキツネ対策のトタン板埋設。
d0051707_17422114.jpg
昼から強風になってしまった。畑の土が舞い上がって土埃が煙るほどの風なので、屋内作業に変更。
カオス状態の倉庫にて、木材の墨付け、切り出し、部材作成、塗装など。

[PR]
by akisiko | 2016-05-08 18:03 | | Comments(0)