<   2016年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

東京湾の表と裏

昨年、十勝まで釣りに来たあいつ。
おじさん2人で十勝の鱒を追っかけてはしゃいだのだが、今回はわたしがゲストとなってボートシーバスに案内してもらうことになった。
d0051707_10501317.jpg

持つべきものは友だなあ。
d0051707_10501555.jpg

この時期のシーバスはベイトを活発に追い回している。常夜灯周りのポイントに到着すると、水面はボイルがボコボコと沸き立っていた。
そして開始3投目でファーストフィッシュ。そして新竿のスイッチロッドに入魂も果たした。初めての獲物が東京湾のスズキだなんて、なかなか幸せな竿だと思う。

ボートからのキャスティングに慣れるのに少々時間がかかり、この釣りの肝である明暗部の境目を狙うコツを理解するのにしばらくかかったけど、高活性の魚たちはガンガンとフライにバイトし、一時はどこに投げてもヒットするフィーバー状態に。
スイッチ7番からシングル6番に持ち替えて、その引き味を十分に楽しんだ。


それにしても、夜の東京湾は昼の現実性を失った異空間だ。
黒い水面の上には横浜の夜景。通り過ぎてゆくコンビナート、巨大タンカー、発電所。
それらの湾港施設は、普段は知る由もない東京の、いや日本社会の裏側。ああ、日本ってこういう風に動いているんだ、とふと気付くところがある。

そしてその工業社会の数十センチ隣。タンカーや常夜灯や排水口のその下で、スズキは夜な夜な激しい補食活動を繰り返している。都市のど真ん中にありながら誰も目にしない場所で、豊かな生態系がうごめいている。

これはちょっと価値観が変わるというか、東京を見る視点が増えてしまう体験だった。

あいつが見せたかったのは、これなんだ。
そうだろ?
東京の表と裏。さて、どちらが表でどちらが裏なのか。
d0051707_00382652.jpg
友が作ってくれたかっこいいショートムービーはこちらから

[PR]
by akisiko | 2016-03-30 10:33 | | Comments(2)

木曽宿場町巡り

【3/26 お知らせ】
北陸旅の道中ではスマートフォンからの更新だったため、やや画像粗目でした。
過去ログの画像も少し改善させましたので、よろしければもう一度ごらんください。
d0051707_22462044.jpg
奈良井宿、漆工の町平沢、妻籠宿、馬籠宿と回る。
d0051707_22462119.jpg
d0051707_22462218.jpg
d0051707_22462297.jpg
d0051707_22462220.jpg
d0051707_08420109.jpg

お昼は老舗のお蕎麦を。
d0051707_22462131.jpg


中央道に乗り東京に向かい、今回の北陸旅は終わり。
d0051707_08420730.jpg
最後は八王子ラーメンで締めくくり。これぞ地元の味だ。

[PR]
by akisiko | 2016-03-26 07:27 | 北陸〈2016〉 | Comments(8)
d0051707_06363448.jpg

金沢町歩きの続き。
日本最大級というふれこみの書店、金沢ビーンズ。確かに面積はでかい。が、書店としての魅力は標準的。
d0051707_22374153.jpg


旅の目的地のひとつであった金沢海みらい図書館は、なんと休館日。昨日行っておけばよかった…
d0051707_22374104.jpg


d0051707_22374220.jpg


地元の味、ターバンカレーを食し、武家屋敷跡を散策。
古い町並みとおしゃれショップが隣接する都市、金沢。歩いていて飽きない。
が、そろそろ疲れてきたので脱出することに。
d0051707_22374298.jpg


一気に飛騨山脈を駆け上がり、雪のちらつく白川郷で車中泊。
d0051707_06364401.jpg

合掌造りの構造を学んだのち、高山市へ。
家具の一流、飛騨産業のショールームを見学。
d0051707_22374186.jpg


予備知識無しで訪れた高山市図書館・煥章館。
素晴らしい建物。内容も親切、丁寧で良い。
金沢での無念を挽回できたかな。

旅はもう終盤です。
[PR]
by akisiko | 2016-03-25 05:46 | 北陸〈2016〉 | Comments(0)

輪島から金沢

d0051707_22322173.jpg
輪島朝市をぶらぶら。
d0051707_22322149.jpg
干物がおいしそうだったのでいくつか買い求める
d0051707_22322119.jpg
七輪を貸し出してくれるスペースがあって、そこで焼いて食べることができる。
小さいノドグロ、ハタハタ、それにフグ。
d0051707_22301260.jpg
その後能登半島を海岸沿いに南下。
雪割草群生地に立ち寄る。
海岸段丘を登るショートトレッキングコース入口には、多くの車が停まっていた。
私たちは歩く装備をしていないので、群生地まで片道30分を往復するのみにした。
d0051707_22345588.jpg
d0051707_22345434.jpg



雪割草のほか、ギョウジャニンニクの群生も。
d0051707_22301377.jpg
d0051707_22301459.jpg
黒い瓦が並ぶ、海沿いの家々が美しい。
d0051707_22301494.jpg
そして金沢に到着。
兼六園や近江町市場など、有名スポットを観光。兼六園の治水技術と茶屋街の町並みが見られたので満足。
d0051707_07162168.jpg

ローカルな餃子専門店、「第7ギョーザの店」。
不思議空間でした。
[PR]
by akisiko | 2016-03-23 06:25 | 北陸〈2016〉 | Comments(2)

能登半島絶景の旅

d0051707_22210867.jpg
魚津を出発して能登半島を目指す。
天気もようやく回復してドライブ日和だ。
d0051707_22210718.jpg
途中、氷見で休憩。
d0051707_22210745.jpg
また魚ばっかり買い食い。

予定を立てずに走っていると、寄り道ばかりでちっとも先に進まない。
ちょっとスピードアップする。
d0051707_22210864.jpg

d0051707_22210936.jpg

d0051707_22211065.jpg


海に突き出す岩礁に、ポカリと穴があいている「窓岩」。
お彼岸の今日は、ちょうど夕日が窓から覗くという。たまたま夕方に訪れたら、近所の方がそう教えてくれて、いっしょに観察することに。
d0051707_22211132.jpg


17:45ごろ、きっちりおさまりました。
d0051707_22210920.jpg


日没も素敵。
d0051707_22211084.jpg
d0051707_22211053.jpg

本日は宿をとっていないので、日本海を望む場所で車泊。
[PR]
by akisiko | 2016-03-21 21:21 | 北陸〈2016〉 | Comments(0)

新潟港から富山県魚津市

午前6時、新潟港でフェリーを降りる。
まず向かったのは、弥彦村の弥彦神社。
d0051707_22122585.jpg
御神体である山は春雨に煙っている。
朝の社叢にはひんやりとした空気が流れている。
d0051707_22122549.jpg
その麓に静かに鎮座する弥彦神社は誠に荘厳。
本州を歩きはじめるにあたり、まず参拝をして気分がさっぱりした。
d0051707_21152028.jpg
それから日本海沿いに南下していく。
昼食は道の駅にて「地場漁師丼」と「えび汁」。
リーズナブルかつ新鮮!
d0051707_22122593.jpg
3連休中日だけあって、あちこちで春の海の幸を楽しむイベントが行われていた。
d0051707_22122341.jpg
黒部市ではYKKの見学施設に行くつもりだったのだけど、土日月は休みで断念。
近くの湧水群を見に行ったり、ホタルイカミュージアムで生体の発光を見学したり。
d0051707_22122358.jpg
本日の宿は銭湯に付属の民宿で、自炊が可能。
近隣の気になる海産物を買い求めて、部屋で味わうことにした。
d0051707_22122392.jpg
本場のホタルイカのボイルはやっぱり別物。その生態を学んできたから、っていうのもあるかな。
フクラギの干物は、大きいのにニーキュッパと激安。食べてみたら脂がのっていないからだと合点したけど、あっさりしているのもいいものです。
d0051707_22122496.jpg
ノドグロの昆布じめ。
d0051707_22122443.jpg
ニギスのすり身で味噌汁を作った。

主食が魚、というくらい美味しい海産物を食べまくって、この旅の出だしはまずまず順調。

[PR]
by akisiko | 2016-03-20 20:28 | 北陸〈2016〉 | Comments(0)

十勝から小樽へ

d0051707_20235708.jpg
よく晴れた十勝を出発。
天気がいいので、峠を下道で越えることにした。
d0051707_20214815.jpg
昼食、日高にて舞茸天ざる。
d0051707_20291019.jpg
トコトコ走って小樽に到着したのはおやつの時間。で、回転寿司をちょっとつまむ。
d0051707_20322292.jpg
初めての街を少し散策。
d0051707_20332210.jpg
寿司屋通りから花銀通りへ。なかなか渋い店が並んでいて、歩いて楽しい街並み。
d0051707_20401255.jpg
何を食べようかと探しながらぶらついた結果、ジンギスカンに決定。
七輪の上に鉄のジンギスカン鍋が熱せられ、生のラム肉をさっと焼いて食べる。
とても美味しいジンギスカンのお店だった。
値段も安い!
d0051707_20211241.jpg
ラムスープもしっかり味が出ていてしかもさっぱり。

明日はフェリーに乗船して新潟に向かいます。


[PR]
by akisiko | 2016-03-18 20:22 | 北陸〈2016〉 | Comments(0)

旅の楽しみ

d0051707_23190965.jpg
大都会に生きる友人と、東京湾に生きるネイティブ=スズキを狙うこととなった。
北海道を発つまであと1日。急いでフライを作成。
EPミノーはこのところワカサギパターンでなじみがあるので、タイイングにもハードルが低い。
色気をつけるためにトッピングにバックテイルをあしらってみたが、果たして。
d0051707_23190942.jpg
時期的にバチパターンも必要とのこと。ガーグラーにはゾンカーをつけて対応。現物サイズに合わせるには現場でカット。
d0051707_23190941.jpg
それから、その友人と東北に向かってもう一人の親友と合流し、サクラマスを追い求める。
東北シーマのための黒いウェット。
d0051707_23190825.jpg
というわけで、大人のおもちゃ箱が満たされた。

旅は…
いちばん楽しいのは、行く前に準備したり調べたりすること、
次は、帰ってから写真を整理したりして余韻に浸ること、
三番目に旅をしている最中である。

いま、その友人二人と妄想混じりの計画を立てている最中で、ああでもないこうでもないと楽しんでいるところだ。

[PR]
by akisiko | 2016-03-17 23:56 | | Comments(0)
d0051707_21360538.jpg
d0051707_21561455.jpg

d0051707_21341139.jpg
d0051707_21341137.jpg
日の光に映えて輝くあの美しさは、写真じゃぜんぜん伝わらないのだな。
[PR]
by akisiko | 2016-03-12 21:38 | | Comments(4)

三寒四温の川

d0051707_20413409.jpg
春の川を歩く。
固雪の河原は、スノーシューがあればすいすい。もしこれがなければ、一歩ごとに埋まる足元に体力を削られて、釣りどころではないはず。
ポイントに着いたらスノーシューを脱いで川に立ちこみ、移動となればまた履いて雪原を歩く。
d0051707_20413369.jpg
ぬくい数日が一転して、また冬の気温に戻った。
けれど陽光は強く、歩く体は暖かい。
d0051707_20413294.jpg
河畔には求愛ダンスをするタンチョウ。
d0051707_20413447.jpg
目当てのニジもなんとかキャッチ。
しかしその後、GOODサイズにぶっちぎられて意気消沈しながらも、またやる気が湧いたような。
行きつ戻りつしながら確実に進んでゆくこの季節のように、私の釣果も伸びればいいのだけれど。


[PR]
by akisiko | 2016-03-10 21:14 | | Comments(0)