<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

d0051707_20423851.jpg
朝の空気もすっかり冷たくなり、空は澄んで高い。
北海道はもう秋の気配に満ちている。
こうなると夏の名残を惜しんでいる場合ではなくなってしまう。
季節はまっしぐらに寒いほうへ向かっている。
すこしでも暖かいうちに、あれもこれもしたい。

よく晴れそうな8月最後の週末、せかされるように向かったのは今シーズンに入ってから未だ足を運ぶ機会のなかった止水なのであった。

あまりに意気込みすぎて目覚めたのは2時。コーヒーを入れて出発し、山の端の星が薄れて消えるころ現地に着いた。
ほぼ一年ぶりに訪れる湖水は相変わらず藍色とも濃い緑ともいえぬ深い色をしていて、その色を見るだけでほっとした。
d0051707_20423894.jpg
鱒の居場所を探すのには少し苦労したけれど、ほどなくしてロッドは強烈に絞り込まれる。
思わず湖面でひとり、高笑い。

ランニングラインを手繰る手がドンッと止まるリトリーブの釣り。
岸際をライズしながら泳ぎ回る鱒の先に、ドライフライをそっと浮かべて待つ釣り。
両方を堪能することができて、午前の早い時間にフローターをしまうことにする。
d0051707_20423887.jpg
林道で用意してきた昼食を食べて今日ははやく帰宅するつもりだったのだけれど、帰路の途中には気になるポイントが…
すこし様子を見る、なんてことができるはずもなく、第2ラウンド開始となってしまったのだった。

流れの中にごくたまに起こるライズは水面を破裂させるようなスプラッシュ・ライズ。
それはカディスを追っているものなのかもしれなかったが、ティペットの先に結んだのはフォームグラスホッパー。
そしてそのバッタを拙く模した私のフライにも、勢いよく魚が飛び出した。

豊富な餌を食べて魚体は丸々と肥り、鰭は大きくとがっている。まるでミサイルのように、ニジマスは流れの中を突っ走った。

d0051707_20423800.jpg
次のライズに対して投げたフライも、覆いかぶさるように捕食に出てきた魚体とともに水中に没した。
すかさず竿を立てる。竿は大きくしなる。
驚いた鱒はジャンプを2回連続できめて、その太い魚体と鮮やかなレッドバンドを見せつけた。
これは間違いなく今日一番の魚。

手元に余って垂れさがるフライラインをリールに巻き取って、長期戦に備える。
この流れの中で下流に下られたらちょっと手ごわいな、と考える。
10mほど下には枝先が水中に浸かった倒木があって、それを高巻かないと下流には下れない。

しばらく釣り糸に抵抗して強い流れのなかでもじっと動かなかった魚だったが、重い力を持って下流へと走り始めた。
リールはけたたましい音を立ててラインを吐き出す…はずだったのだが、リール内でラインが噛んでスプールの逆転が止まってしまった。
刹那、竿は魚の力に任せるままに倒されて、ティペットがあっけなく切れた。

膝の力が抜けるような失望
一日に一度あるかないかのチャンスをものにできなかった後悔と自責。
張力を失ったラインを手繰る手は少し震えている。

できればこんな思いはしたくないのだが、釣りをしている限り幾度となく味わうものだ。
そしてこんな時もあるからこそ、素晴らしい一尾に出会えた時の喜びは倍増するのだろう。

[PR]
by akisiko | 2014-08-31 20:34 | | Comments(11)

カツオ、届く

Nokkyから三陸の海の幸が届いた!
d0051707_20425534.jpg
立派なカツオ。
Youtubeであらかじめ予習をしておいたさばき方だけれど、やはり実際にやると難しい。
d0051707_20535875.jpg
d0051707_20425565.jpg
男の料理らしく豪快に盛り付けて、薬味もふんだんに。
旨すぎます。酒も白米もすすみます。
d0051707_20425559.jpg
不器用な包丁さばきの副産物で切れ端が…これを味噌タタキにしたら絶品!

ありがとう!

[PR]
by akisiko | 2014-08-29 21:08 | | Comments(2)
d0051707_21435970.jpg
静かな水面に浮いた無数の虫。
それらを背びれを出しながら大胆に捕食する鱒たち。
目の前でヘッド&テイルを繰り返すのは目を瞠るような良型ばかり…

去る休日、そんなフライフィッシングの理想郷のようなフィールドに挑戦してきたのだけれど、実際はそれほど甘いものではなく、わたしの投げるフライはことごとく見抜かれ無視されて、歯ぎしりをしながら帰路に着いたのでありました。
d0051707_21435978.jpg
あまりに悔しかったので数日後に休暇を取り、平日リベンジに。
d0051707_21443956.jpg
ごくゆっくりとした流れの中、泡の流れといっしょにながれる極小の陸生昆虫をついばむライズ。
何を結んでも食べてくれない。
たまに見に来るけれど口を使ってくれない。
前夜に意気込んで巻いたフライングアントもダメ。
d0051707_21435983.jpg
あの手、この手を尽くし切って、どうにかこうにか手中にすることができた4尾の鱒。そのうち3尾が50cmを超えた。
d0051707_21435998.jpg
それにしても素晴らしい自然のふところ。しかも魚影がすこぶる濃いときた。
d0051707_21435977.jpg
いつまでも良い釣り場でありますように。

[PR]
by akisiko | 2014-08-28 21:45 | | Comments(0)
d0051707_06073363.jpg
雨が降ったためか、少し人が少なくなったアポイ山麓ファミリーパークでキャンプ。
今朝は快晴。「今日登ればよかった…」とアポイ岳を眺めながらの朝食はホットサンドと目玉焼き。
d0051707_06073337.jpg
海沿いをドライブしながら散策。エンルム岬から様似港を眺める。
d0051707_06073350.jpg
d0051707_06073394.jpg
夏の海に浮かぶ山。正面がアポイ岳、左にピンネシリ、右にえりも岬が見える。
d0051707_06073374.jpg
d0051707_06073311.jpg
日高の浜は昆布漁の最盛期。漁師さんたちはお盆でも休むことなく昆布を獲り、浜に干す作業をしていました。
日高昆布がまさにここでうまれています。
d0051707_06103234.jpg
昆布干し場のすぐ脇を通る、一両編成の日高本線。日本とは思えない光景。

d0051707_06084215.jpg
釣り場を探してあちこちへ…よさそうな川だけれど反応なし。
どうしようかと悩んだ末、途中で立ち寄った漁港でアメマスが釣れていたのでチャレンジすることに。
d0051707_06084299.jpg
海も空も青くて心地よい天気。ウェーダーやシュラフを干しながらまずは腹ごしらえ。
d0051707_06084214.jpg
漁港での外メシはひやむぎをゆでる。しかしシメる水が不足したためひやむぎならぬ”ぬるむぎ”になってしまった。
それでも浜風を受けながら食べれば旨くないはずがない!
d0051707_06084286.jpg
海アメのほうはだいぶ苦戦した末ようやくヒット。
d0051707_06084224.jpg
70㎝クラスのでっかいヤツが追っかけてくるのが見えてドキドキするのだけれど、ヒットするのは50台。
でもブルーバックで元気いっぱいの個体。

ヒットしたはいいものの、タモがなくて身を乗り出してのランディング。
満潮じゃなかったら取れませんでした。


[PR]
by akisiko | 2014-08-16 06:10 | | Comments(5)
4時30分に起きて朝食と登山の準備。そしてアポイ岳へ。
d0051707_21255701.jpg
標高は低いけれど人気のある山のよう。
その理由は太平洋に面していることによる特異な自然環境、豊富な固有種、そして非常にまれな地質といったところ。
全く予備知識なしで登ったのですが道内でも特殊な自然に巡り合うことができ、とても勉強になりました。
d0051707_21255736.jpg
あいにくの曇天、そして登頂後は予報に反してパラパラと雨が降る天候。しかし視界は良好。
眼下に漁港を眺めながら登る山ってそうありません。
d0051707_21423121.jpg
d0051707_21255756.jpg
「お花畑」の名にふさわしい、高山の花々。
d0051707_22041138.jpg
日高の海を背後に稜線を歩く…日高山系ってステキ!
d0051707_22041132.jpg
山頂からはえりも岬も見えました。
d0051707_22100666.jpg
アポイ岳だけではすこし物足りなかったので、ちょっと足を延ばして隣の吉田岳まで。

下山後、アポイ岳ジオパークビジターセンターに立ち寄ってこの山の成り立ちを勉強。
d0051707_21255778.jpg
温泉に入って汗をながし、キャンプ場にて昼食にする。山麓の施設は至れり尽くせり。
d0051707_21255740.jpg
キャンプ食はひやむぎの納豆ソース+青ジソ。最高にうまい!
d0051707_21554942.jpg
昼飯を食っていたら、下の川でライズ発見。見たからには釣らなくちゃ。
d0051707_21255722.jpg
午後は近郊の川やダムを見て回る。あるダムのインレットでまたもやライズ発見。

浮いた流木のたまりの下に定位して、ときどき顔を出してはライズする鱒たち。その数4尾。
立ち位置は鱒の真上のみ。静かに近づいて身をかがめる。
一番デカい奴は40cmクラス。タイミングを見計らってパラシュートアントを投げるも見切られ、しかもこっちの存在を悟られてスプーク…
難しい。
d0051707_21255702.jpg
流木のキワにより小さなフライを浮かべておいたら、ナンバー2君が食ってきました!
ランド失敗で泥だらけになっちゃってゴメン…





[PR]
by akisiko | 2014-08-15 21:51 | | Comments(0)
お盆休み初日。
短い夏を謳歌すべく、キャンプ道具、登山の支度、釣具などなどを車に詰め込んで出発。
d0051707_21113619.jpg
気持ちよく晴れあがった空のもと、南に向かってドライブ。
ここはアマゾン川?いえ、台風の増水を集めた十勝川の河口域。それにしてもすごいスケール。ビバ、十勝!
d0051707_21113675.jpg
まずは海でのんびりすべく、広尾の十勝港にてチョイ釣り。
日頃の疲れを缶ビールを飲みながら釣り糸を垂れて癒すのです。
イソメを買いに行った近くの釣具屋のおばちゃんには行楽シーズンのにわか釣り客ということを見透かされて「今はなんも釣れないよ」って言われちゃったけど、いいんですそれでも。
d0051707_21113650.jpg
ココンっときましたウサギアイナメ。
d0051707_21113613.jpg
初めて見る魚種、何だろうこれ。
おばちゃんの言った通り貧果のまま竿をたたんで昼食へ。
d0051707_21113662.jpg
広尾の大衆食堂「大将」にて、ボリュームのあるラーメン。
d0051707_21113652.jpg
さらに南下して襟裳岬へと向かいます。
d0051707_21113660.jpg
私は学生の時のツーリング以来約15年ぶり、連れのNは初めての襟裳岬は快晴ですばらしい眺望でした。
d0051707_21113694.jpg
その後翌日の登山の基点となる様似まで移動し、偵察をしていたら日没を迎えました。
d0051707_21113658.jpg
お盆時期で登山口近くのアポイ山麓は家族連れで大混雑。
キャンプ地には誰もいない様似ダムを選んで、月明かりとダムからの落水の轟音の中で就寝。

[PR]
by akisiko | 2014-08-14 21:35 | | Comments(0)

猛暑の過ごし方

北海道の短い夏。暑い日が続いているけれど、それは一瞬の輝き。

連日の肉体労働でしぼられている体。体調はすこぶるいいけれど若干疲れ気味。
せめて心の栄養補給を、ということで仕事帰りに水辺へ。
d0051707_02551597.jpg


麦わら帽子&作業服のままのおっさん釣り師スタイル。
汗まみれ泥まみれのズボンにウェットゲーターを履いて水へ入る。冷たくて気持ちいい!
d0051707_02312516.jpg
減水したダム湖のインレットには好ポイントが出現。これはいい感じ…
d0051707_02312557.jpg
しかし釣れども釣れどもグイウさんばっかり…心のカンフル剤は出てきませんでした。
流木のキワで出たあいつはいいニジっぽかったけどな…ローリングでばれちゃいました。
d0051707_02312523.jpg
さて場面は変わって、お手伝いに行ったKOIさん農場のおやつ風景。
d0051707_02312594.jpg
もちろん自家産のスイカ。
体に染み入る夏のしずく。こちらは強烈に効いて労働の原動力になりました。

[PR]
by akisiko | 2014-08-05 02:52 | | Comments(2)