<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0051707_21232801.jpg
Koiさん農場から新ニンニクをいただきました。掘りたてホヤホヤです。
皮が生きているニンニクを見るのって初めてです、たぶん。
d0051707_21232960.jpg
さっそくおすすめのホイル焼きにしました。オリーブオイルと塩コショウをしてグリルで焼きます。
かなり大きいサイズなので2かけにしたけど、もっと焼けば良かった。
ほっくりの食感、そしてフレッシュなニンニクの香りは今まで味わったものとはかなり違います。
Koiさんもおっしゃってました。新鮮さとは一番のスパイスだと。
d0051707_21232915.jpg
メインディッシュは夏野菜たっぷりの冷製トムヤムひやむぎにしました。
適当に作ったわりにはうまいです。
作り方はこんな感じ。
●だし汁は昆布と手羽先でとる。2人分1.5カップくらい
●だしを入れた鍋でズッキーニとオクラをさっと煮る
●塩、ナンプラー、トムヤムペーストで味付け
●トマトを加えて火を止め、鍋ごと冷やす
●ひやむぎにかけてお好みでパクチーを散らす

[PR]
by akisiko | 2014-07-23 21:41 | | Comments(0)

オフ会釣行

以前からブログに書き込みをしてくださっているWiserTimeさんと一緒に釣りに行きましょうという話になり、川で初対面することに。
いわゆるオフ会というやつ、かな?
d0051707_20585958.jpg
WiserTimeさんとは共通項がたくさんあるようで、聞きたいことが山ほどあるのです。
が、そこはお互い釣り好きで知り合った仲。
自己紹介もそこそこに「まずは釣りましょう」ということになり、緑の回廊のような川へ降りてゆきます。
d0051707_20585936.jpg
d0051707_20585913.jpg
今日はいつになく反応の鈍い流れだったのだけれど、なんとか2人ともアベレージサイズのアメマスをキャッチして一安心。
これで落ち着いてお互いの話ができるというものです。
…まあ、なんというか、似た者同士ってことなんでしょうか。
d0051707_21162810.jpg
コーヒーを淹れてひと休みしながらしばし雑談しますが、「もうちょっと釣りたいですよね」という流れになるのはもう必然。
小移動をし川を変えて、タックルもダブルハンドに持ち替えて再びチャレンジ開始。
d0051707_21192420.jpg
d0051707_21162995.jpg
本流の様相をなす川面にはヒゲナガの姿が。川岸の岩には打ち付けられた成虫の死骸がびっしり。
これは…なにか起こるに違いないとマドラーミノーをスイングし続けるものの、フライに反応は無し。
d0051707_21162840.jpg
しばらくすると上流ダムからの放水が止まり、川の状況は一転。
流速は弱まり水位は下がり、フラットな水面にはあちこちで激しいライズ。

これは!!
2人とも急いで車まで引き返し、シングルハンドに持ち替えてライズ狙いに転向。
d0051707_21162996.jpg
これが一筋縄ではいかないライズばかり。
なかには大物のライズもあるようだけれども、最後までそれを捕えることなくタイムアップとなりました。

かなり盛りだくさんで楽しい一日でした。
WiserTimeさんともまた釣りに行きましょうってことで話がまとまりました。
今度はどこに行きましょうかね?

[PR]
by akisiko | 2014-07-20 21:26 | | Comments(2)
大学時代からの釣友であるNokkyが北海道に来るのは2年ぶり三度目になる。
卒業してから15年。顔を見るのは数年に一度になってしまった。お互いにそれぞれの人生とそれぞれの環境を抱えて生きている。
そんななかで、釣りだけをして過ごせる3日間。なかなか訪れることのない機会だ。

この旅のために2か月前から準備をしてきた。
移動手段、釣り場の選定、宿泊先。連絡を取り合いながらプランを練り上げていった。
おまけに彼のほうは忙しい仕事のやりくりに苦労したに違いない。

フェリーが出発するという直前には、あのお騒がせなノグリーがドンピシャなタイミングで航路に向かってきた。
今回の渡航はもう絶望的だと二人とも思っていた。
それでもあきらめきれずに天気図と台風情報を睨んでいたら急速に勢力が衰え、北海道をかすめていった。
さらに河川の水位のテレメーターを心配しながら調べ上げ、彼が釣り旅決行を決意したのはフェリー出発日の朝のことだった。

さあ、あとは学生の頃のように無心に楽しむだけだ!
d0051707_21551347.jpg
d0051707_21551387.jpg
d0051707_21551379.jpg
d0051707_21575146.jpg
d0051707_21575137.jpg
d0051707_21555196.jpg
d0051707_21555107.jpg
d0051707_21555115.jpg
くたくたになるまで遊んだ。川で悩み、川で笑った。
3日間は濃密に、幸福に、そしてあっという間に過ぎていった。
相棒を見送って旅が終わったとき、私は前とは違う人間になったような、そんな感覚さえした。
d0051707_21555117.jpg
See you next Flyfishing trip!!

[PR]
by akisiko | 2014-07-16 21:19 | | Comments(8)

7月、山からの収穫

d0051707_19074981.jpg
今年2回目のタモギダケ。旨みたっぷりのおいしいキノコ。
いつも豚肉といっしょに味噌仕立ての汁にしていただきます。旨みと脂の相乗効果がたまらない夏の一品。
d0051707_22463512.jpg
しかし今日は天ぷらにして、ざるそばと一緒に食べることにしましょう。
d0051707_19074970.jpg
先週から狙っていたミヤマクワガタ、捕獲成功!
これも夏ならではの遊び。カブトムシはまだかな…
d0051707_22490196.jpg
夜の昆虫採集はコンビニの店先という風情のなさ。
しかしノコギリクワガタもGET。久しぶりのムシ遊び、楽しいなあ。

[PR]
by akisiko | 2014-07-07 19:13 | | Comments(4)

残骸

今年デビューしたセミドライのプロトが、実釣テストを終えて再びデスクの上に戻ってきました。
d0051707_21043017.jpg
この3週間、投げられ続け、鱒にかじられまくって満身創痍。
こんな姿になってもなお、鱒たちを水面に引き出してくれました。

セミパターンとしてのアピール力は問題なし。
フォームが水を吸って浮力が落ちてきたときのほうが魚の反応が良かったよう。

難ありはフッキング。
大物狙いのフライなので致し方ないところもあるけれど、もうすこし吸い込みやすい形状がいい。

それから上下逆さに流れてしまうことがあること。
これはウィング材の角度で解決できそう。

[PR]
by akisiko | 2014-07-01 21:33 | | Comments(0)