<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

冬のあったかごちそう

-10℃の夕暮れに帰宅すると、玄関前には発泡スチロールの箱が置かれていた。
d0051707_21574767.jpg
なかにはKさんからの差し入れ、おでんの鍋!まだ暖かいぞ。
薪ストーブに火を入れながらさっそくつまむ。

ふぅー!これはありがたい。冷え切った体に家庭の味が染みます。

しかもこのおでんは北海道の山菜バージョン!フキとワラビがいい感じでだしを吸って大変おいしいのでございます。
ありがとうございましたー。
d0051707_21574751.jpg
我が家の夕食のメインは自家製辛みそラーメンでした。
化学調味料は一切なし。手作りみそをベースに、豆板醤、コチュジャンなどで作った安全安心ウマ辛ラーメンです。
あいかわらず自分で作ったラーメンはウマいですww

ラーメンに関しては、その辺の店で食べてもあまり満足できる味に出会えないんですよね。
みなさんの味覚とずれているんでしょうか。
それよりも自分で作った方が断然旨いと思ってしまいます。
そんなわけでちょくちょく自宅で手製ラーメンを作っているわけです。
また機会があれば手前ラーメンをご紹介します。

[PR]
by akisiko | 2014-01-31 22:26 | | Comments(1)
d0051707_16565382.jpg
今年初のワカサギ釣りはうちから最も近い糠平湖へ。初めてのフィールドです。
今回はK兄弟と一緒に遊びます。かつてはここによく来たとのことなので心強いです。
前情報によると五の沢がいいらしい。車を止めて荷物をかついで歩きます。
d0051707_16565338.jpg
本別を出た時には雪が降っていたのだけれど、糠平に上がってみればよく晴れていました。ウペペサンケもきれいです。
d0051707_16565481.jpg
今日はそれほど冷えこんでなくて-12℃くらい。お日様がでればぽかぽかといい日和です。
d0051707_16565425.jpg
早速だいちゃん、調子が良い。係の方によればこのあたりの水深は15~20m。魚のいる層はべた底とのこと。
開始早々コンスタントにアタリが来ます。
ダムはポイントが絞りづらいし棚も範囲が広いのでもっと苦戦するかとおもったけれど、これは幸先がいいです。。
d0051707_16565492.jpg
アタリが遠のいた時間帯に湖面を歩いてタウシュベツ橋梁まで行ってみることにしました。
d0051707_16565518.jpg
途中氷に亀裂。釣りをしていても足元からドンっと音がして氷が割れることがあってびっくりします。氷が落ちることはないけれど、何だか怖くなってしまう。
d0051707_16565509.jpg
d0051707_16565449.jpg
タウシュベツ橋梁は頭をもたげた恐竜のような感じ。おそらくだんだんと水位が下がっていて、氷を割りつつ姿を現しているのでしょう。
d0051707_16565582.jpg
さて、釣果の方はぽつらぽつらという感じで爆超とまではいきませんが、それでもコンスタントにアタリはあるので飽きないです。
9:30~14:30、2人で100超という結果でした。
ちなみに針は2号、餌は紅さしメインで白さしも使っています。魚のサイズは9~11cm、おもったより型が良いのでニンマリです。
d0051707_16590092.jpg
昼過ぎからニペソツ山の雲も晴れて絶景を見せてくれました。夏にはあの頂上に登ったんだなあと思うと感慨深いです。


[PR]
by akisiko | 2014-01-19 17:23 | | Comments(4)

極寒の朝の利別川

日本全国で寒さが続いているこの数日。
今朝は我が家でも-19.8℃とこの冬一番の冷えこみでした。
朝6時のアメダスを見てみると。
d0051707_20184290.png
すごい数字が並んでいます!興部で-16.7℃ってことはかなり寒いですよこれ。
-28.9℃なんて地域もありますね。あーさぶっ。
d0051707_20231034.jpg
朝の出勤を少しだけ早めて、足寄町を流れる利別川で寒い風景を撮影してきました。
足寄の6時の気温は-19.5℃でした。

川面からは「けあらし」。水温はおそらく0度近く、一方気温は氷点下20度ほどなのでその温度差から川からは湯気のように蒸気が立ち昇ります。

水面にはザク氷がつぎつぎと流れていきます。
d0051707_20231193.jpg
流れのはやい所からは、モクモクとけあらしが昇ります。
d0051707_20303011.jpg
そのけあらしが河畔の木に凍りついて白い化粧をほどこします。

うむ、キレイ。だけど寒い!もういやだ、このしばれ。
はやくこの寒さが無くならないかしら・・・

[PR]
by akisiko | 2014-01-17 20:34 | | Comments(2)
冬の遊びのひとつ、スノーシューを使って雪山ハイキング。
今日は冬季は除雪されないオンネトーへ行ってみることにする。
d0051707_15495971.jpg
まずは足寄国道から雌阿寒岳と阿寒富士の姿。
快晴だけれど山には雲がかかっています。今日は低気圧が近づいてきていて、午後から天気が崩れる予報。その予兆なのかな…
d0051707_16084869.jpg
雌阿寒温泉に車を停めてスタート。出発時の気温-18℃、日中でも-7℃くらい。結構冷え込んでいます。
温泉の流れる湿地にはフロストフラワーが満開。
d0051707_15495997.jpg
それからアカエゾマツの天然林をくぐって歩く。数日前にかなりの雪が降ったのか、枝には雪がのっこり乗っていた。
このコースを歩いている人は結構いるようで、トレースの雪は締まっていました。でもつぼ足ではキツイくらいかな。
d0051707_15495988.jpg
約1時間でオンネトーに到着。天気良し!
d0051707_15495903.jpg
おもわずはしゃいでしまいます・・・
d0051707_15500187.jpg
湖面を歩いてゆくけれど、オンネトーには湧水で氷の薄い部分があるので注意です。
d0051707_16223687.jpg
雌阿寒の山はやはり雲がかかっていて見えず・・・残念です。
d0051707_15500095.jpg
d0051707_15500009.jpg
さらに足を伸ばして湯の滝まで行くことに。ラッセル跡は付いているけれど、ここまで来る人は少数の模様。
d0051707_15500088.jpg
1.5kmで湯の滝に到着。厳冬期の山の中、湯気を立てて流れ落ちる滝。奇景、そして美しい。
d0051707_15500077.jpg
滝壺の”たまり”は外来種駆除のために流れをバイパスしているためだろうか、緑褐色に濁っていました。
昨年秋に大々的に報じられたとおり駆除作戦を行っているようですが、その甲斐むなしくグッピーやテラピアたちが群れをなして泳いでおりました。
d0051707_15500154.jpg
それにしても素晴らしい自然の造形なのですよ。写真がうまくないのであまり伝わらないのが残念です。
雪景色の中に流れ落ちる温水と、それと拮抗する寒気が生み出すつらら。
立ち上る湯気は樹木に氷の衣をまとわせます。
d0051707_16370012.jpg
さて、復路について再びオンネトーの湖面を渡りはじめたら、雌阿寒と阿寒富士の姿を見ることができました!うおー!

d0051707_16395993.jpg
往復4時間の行程で無事に出発地である雌阿寒温泉に到着。その後はやっぱり温泉でしょう!
冷えて疲れた体を極上の湯に浸す。どうどうと流れでる源泉かけながし。ぶはー!これを至福と言わずして何と言おうか。

・・・というわけで楽しい1月の休日でした。

[PR]
by akisiko | 2014-01-12 16:45 | | Comments(4)

十勝の空

d0051707_17213697.jpg
雲ひとつない真っ青な空。これぞ十勝晴れ!

今日も山の方に車を走らせてお魚釣りに行ったのですが・・・それほど甘くはないですねー。流れが止まってしかも大幅な減水でした。

d0051707_17213602.jpg
釣りから戻ってきてもまだ日が暮れるまで時間があったので、本別町の裏山である神居山に腹減らしに登ってきました。
といっても15分くらいで登頂出来るんですけどね。
エゾリスや野鳥たちはすでにフィーディングタイムが終わっているらしく、出会うことができませんでした。
そのかわりに冬の夕景を楽しんできました。
d0051707_17213574.jpg
良く晴れた夜には放射冷却で気温がグンと下がります。いよいよしばれがきつくなってきた北十勝です。

[PR]
by akisiko | 2014-01-05 17:35 | | Comments(0)
d0051707_1245971.jpg

年越しは旭川で過ごしました。
これから道内は大荒れの予報。
佐々木さん宅でぬくぬくとしながらのんびりと正月を送ります。
[PR]
by akisiko | 2014-01-01 12:03 | | Comments(4)