<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いよいよ押しせまってきた年の暮れ。
気持ちの区切りをつけるためにも、今年最後の釣りに出かけることにしました。
d0051707_15483717.jpg
すでに真冬の山のなか。結氷せずしかも大物が狙えるこの水域は貴重な存在です。
気温の上がる正午過ぎに現地に着いたけれど、風が強くて体感温度はかなり低め。

冬期の釣りはなかなかにクレイジーですが、釣り場に向かう雪の上には数名の足跡が残されてますね。
d0051707_15483884.jpg
今日は厚手の手甲を装着したけれど、さすがに指先はあっという間に冷たくしびれてきちゃいます。
それでも針を結んだりフライラインを手繰ったりするために素手+手甲というスタイルで貫きます。

  *  *  *
この手編みの手作り手甲、インターネットにて販売予定です。
かなり「ニッチ」な商品ですけれどね。購入してくださる方はいるのかしら?
ネット店舗の方はただいま準備中。しばしおまちください。
  *  *  *

d0051707_15483881.jpg
昨シーズンの冬も3回この場所にチャレンジしているけれど、2バラシ・ノーキャッチという成績。
なかなか難しくて相性もいまいちなポイントなのですが、なぜか足を運んでしまいます。

いつもはシンクティップのシステムだったのだけれど、今回はフローティングラインにインジケーターの釣りをやってみることにしました。

ここは水量の多い渓流のような流れ。強くて狭い流れがあったかと思うと、岩のぶっつけがあったりします。
ピンスポットに流すにはスイングよりこっちの方がよさそうだというのがその理由です。

この場所のために大きいインジケーターも自作しましたよ。
d0051707_15483745.jpg
結果はあっさり出ました。かつて2バラシをした流れをトレースしていた時でした。

バレないように願いながら慎重にネットイン。フックは口角の皮に紙一重。
サイズは小さいけれど本当にうれしい一尾。
なにせ今年最後のトラウトなのだから。
d0051707_15483861.jpg
眼を縁取る金環、体側を彩る朱点、精悍な顔付き。いい魚です。

思えば秋から釣りにもあまり行かなかったし、行っても不漁が続いておりました。
この一尾でなんだかスッキリしました・・・釣り人っていうのは単純なものですねー。

おかげで落ち着いて大みそかを過ごせそうです。

皆様も良いお年を。


*K Bullet SD #7
*Airflo Miracle Shoothing Blaid
*パワーヘッド #7 フローティング
*Beadhead & UV Polar Chenille & Marabou

[PR]
by akisiko | 2013-12-30 16:27 | | Comments(2)

集合煙筒の掃除

薪ストーブユーザーには必須の作業。それは煙突の掃除。
煙突内部にはタールや煤がたまります。
放置しておくとそれが燃焼不良を引き起こしたりタールに引火して煙道火災につながったりします。

我が家でも屋内に設置してあるステンレス煙突部分の掃除は定期的にしているのだけれど、家の一部となっている集合煙筒は手つかずになっていました。

薪ストーブを稼働させてから約一年。
火事が心配なので年末の大掃除の一部として着手することにしました。

d0051707_17123246.jpg
まずはツール作り。
煙突ブラシにおもりとしてタイヤチェーンを付けます。これをロープで煙突上部から落とし込む手法でいきます。

今住んでいる住宅の集合煙筒の内径は18cm。6寸です。
4寸や5寸のブラシは数百円で売っているのですが、6寸はなかなかありません。
帯広のホームセンターで見つけて購入したけれど、5寸の値段の倍くらいしました。需要がないからでしょうかね。
それにしたって\1500くらいだから高額なものではないのですが。
d0051707_17123391.jpg
ちなみにいつもお世話になっているKoiさん家が煙突掃除をするというので見学に行ったところ、こんなツールを自作しておりました。
ポリエチレン製の水道パイプにブラシを付けていました。
なるほど、これなら突っ込んだ時の強度もあるし、しかも軽い。
みんな工夫して掃除しているんですね~。
お借りしようと思ったのですが、我が家の煙突構造には適さない模様。
d0051707_17123329.jpg
さて、ハシゴも借りてきて初めて屋根に登りました。
本当は秋までにこういう作業は片付けておくべきなのです。雪が降るからね。
でもご覧の通り、今年は屋根に雪がありません。

画像は掃除後のものですが、掃除前には排気口から結構な量のタールが見えてびっくりしました。
d0051707_17261548.jpg
そして自作ツールを投入!
するする入り過ぎて本当に掃除できているのかちょっと不安でありますが、これ以上の作業はプロに頼むしかないのです。
内部の様子は見えないけれど、見える範囲はかなりゴミが落ちたようなので大丈夫ということにします。
d0051707_17123382.jpg
屋根から見る景色はいつもとはかなり違って、なかなか気分のいいものでした。
心配事も一つ減ったと思うと、気持ちよく年を越せそうです。


[PR]
by akisiko | 2013-12-29 17:51 | | Comments(0)

なまくら漬け(塩味)

d0051707_16444617.jpg
漬け物の先生である職場のおばちゃんから、なまくら漬けのおすそ分けをいただく。
私が漬けたのは醤油入りだけれど、こちらは塩をいれた白いなまくら漬け。
これがいい具合に使っていてとても食べやすい。

あまりに美味だったのでレシピを聞き出して作ってみようという次第。
でも大根はもうないから来年のお楽しみかな。

【だいこんのなまくら漬け】
*大根  10kg
*塩    1合
*砂糖  1kg
*酢    1本(おそらく500ml)

全部1だから覚えやすいのだ、とのこと。
しかし、分量を同じにしても同じ味にはならないのが漬け物の面白いところ。
なぜか家庭の味が出ますよね。

[PR]
by akisiko | 2013-12-13 16:54 | | Comments(3)

サンピラーを観測

気温は氷点下6度。出勤途中の朝焼け。
日の出の上方にサンピラー(太陽柱)が見えました。
d0051707_19452336.jpg
寒さが厳しくなればなるほど美しさが増す風景もあります。

[PR]
by akisiko | 2013-12-09 19:47 | | Comments(0)
北海道各地では積雪のニュースが毎日知らされて、いよいよ本格的な冬到来といったところ。
ここ十勝は西に大雪山系と日高山脈を背負っていて、雪雲を強力にブロックしてくれます。
冬型の気圧配置が強まれば強まるほど、「十勝晴れ」と言われる晴天が続きます。
関東の冬の気候と同じですね。

そんな十勝晴れの初冬の日曜日。
今日は休養日と決めて、鳥を探しにあちこち行ってみました。
d0051707_17192411.jpg
まずは本別町の裏山、神居山へ。
本命はエゾリスの撮影だったのですが、今日は不在でした。
地元の有志の方々が冬になるとエゾリスに餌をあげます。ミズナラの根元のウロにヒマワリやクルミの種をおいてあげると、エゾリスが食べに来るんですね。人にも慣れていて観察にはもってこいの場所です。

ヒマワリの種を持参してウロの中に置いたら、すぐに小鳥が集まってきました。
d0051707_17192432.jpg
コガラとゴジュウカラがひっきりなしにやってきては餌を持っていくけれど、動きが速すぎてなかなか撮らせてもらえません。
d0051707_17192434.jpg
十勝平野の小麦畑ではハクチョウが飛来してしました。
秋まき小麦の出たばかりの新芽をせっせとついばんでいます。
農家さんにとってこれは食害なのではないか?と思うのですが、そういうことはなくて、かえって分けつして穂が増えるのだそう。
 
d0051707_17192443.jpg
近年数が増えていて、うちの近くでもけっこう頻繁に見かけるタンチョウ。
今日は十勝川下流域のデントコーン畑で出会いました。刈り取ったあとのトウモロコシが好きみたいです。
d0051707_17192409.jpg
首から上が茶色い幼鳥2羽と成鳥2羽のファミリーでした。おとうさん、おかあさん、おねえさん、おとうと、と言った感じでしょうか。
d0051707_17192503.jpg
キタキツネにも出会いました。冬支度が終わってモコモコです。
d0051707_17192531.jpg
夕刻、十勝川温泉裏にて再びハクチョウ。これからの厳寒期、鳥たちにとっても大変な季節になります。

[PR]
by akisiko | 2013-12-08 17:46 | | Comments(0)
バードフィーダー設置以降、毎日ヒマワリの種を撒いていたもののなかなか鳥たちは気づかず。
きっと冬枯れの前のいい餌場があちこちにあって、しょぼい我が家のヒマワリなんて無視していたのではないだろうか。
d0051707_20022184.jpg
朝の冷え込みは厳しくなってきていて、氷点下5度から8℃くらい。
バードフィーダーのうえにヒマワリ・米・みかんとフルコースで置いてみたら、ようやく訪れてくれました。
初めてのお客さんはコガラ。
d0051707_20022220.jpg
そのあとスズメのチュン助たちが群れで押しかけてきたようです。
私は留守だったので連れのNが撮影。
明日からはにぎやかになるかなー。

[PR]
by akisiko | 2013-12-05 20:16 | | Comments(0)

だいちゃんと釣り

農家の忙しい時間をぬって、だいちゃんが釣りに同行してくれた。
d0051707_20314355.jpg
ひさしぶりの釣りだということで魚の顔を見せてあげたい。
どこへ行こうか悩んだあげく、行きついたのは賭け一発の初めての川www
d0051707_20292121.jpg
ここにいると思うんだけどねー。雰囲気もいいんだけどねー。ダメでした。

その後、音別、茶路へと転戦するも、雨後の増水&濁りで魚を発見できず。
白糠のラーメン「老麺 やはた」で冷えた体を温めたら、二人ともありがたくなってしまって(北海道弁で「眠くなる」の意)そうそうに心折れて帰還。

だいちゃん、今度はワカサギ行こうね。アメマスリベンジは来春ということで。

[PR]
by akisiko | 2013-12-01 20:00 | | Comments(0)