<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

どうやら今年は10周年であるらしい。
なにかというと、青年海外協力隊が南米ベネズエラに派遣されてから10年。

そこで現役で向こうで活動している隊員たちから、10周年記念イベントを企画しているとのメールがかねてより来ていました。
OB・OGであるわたしたちにも協力してほしいとありました。
その内容は、10周年オリジナルソングを作成するので歌詞のフレーズとスライドショーのための写真を募集するとのこと。

もちろん快諾。
日本国内にいるOBたちも喜んで協力したのではないでしょうか。
2年間しか向こうにはいなかったけれど濃密な時間を過ごして、帰国のときには第二の祖国という気持ちを残した人は多いはず。

現隊員は9名とのこと。少人数でこのイベントを取りまとめるのは大変なことだろうと推察します。
本番は今週末だとのこと。がんばって。



さて。
思いおこせば私はそのベネズエラ初代隊員のひとりとして10年前に首都カラカスに降り立ったのでありました。

スライドショーに提供できるような画像がないかPCの奥の方から引っ張りだして当時の記録を眺めていたら、どうにもたまらない気持になってしまいました・・・なんだか懐かしくてね。

職場の仲間、とても仲良くなった友人、旅の景色、圧倒的な大自然の姿。

次々と画面に浮かんでは私の思い出も鮮烈に浮かんでくるのですが、どういうわけか心惹かれたのは子供たちの写真なのです。
d0051707_20594694.jpg

私が配属されたのは農業分野での職業訓練校で、その中でもニジマス養殖担当でありました。
養殖施設には飼育と雑用のおじさんが住みこみで雇われていて、この兄弟はその子供たちのうちの2人です。
派遣されて最初に仲良くなった友達。
私がひとりで作業していても近寄ってきてはちょっかいを出してきたものです。
それからオレンジを分け合って食べたり、グァバをもいで食べたり・・・
今見ても微笑ましいね。今はもうハンサムな好青年になっているはず。元気だろうか?
d0051707_2183248.jpg

d0051707_2184929.jpg

友人の農場に遊びに行ったはいいけれど、何もお手伝いすることができずに近くにいたガキどもと時間を潰していた。
かなり貧しい地域で、掘立小屋に着の身着のままという感じで暮らしている。
・・・という言い方は日本人からみた視点であって、現地に慣れてくるとそれが貧しいのか豊かなのか分からなくなってくる。
家のまえのその辺に熟しきったマンゴーがぼたぼたと落ちていて、ひまだからそれを拾って皮をむいて食べた。

それにしてもこの子たちの目の輝き!笑顔の素敵さ!!
なんでこんな笑顔が出せるんだろう。そろって歯が欠けてるし!
兄弟の重ねられた手にすごい力を感じるんですよね。
人間は本来こういう光を持っているものなのです。
d0051707_2122843.jpg

よくなついてくれた雑貨屋の姉妹。買い物に行くついでに遊んであげたんだか、遊んでもらったんだか。
この子たちも偏見のない目で東洋人の私に接してくれたな。
だから自然に友達になれたし、ずいぶん助けられたように思う。
d0051707_21283958.jpg

訓練校の生徒、アンヘル。私が最初にもった生徒の一人だった。
赴任したばかりだったから上手く言葉も通じなかったけれど、心根が優しいやつだった。
そんなことを言えばベネズエラ男子はみんな優しくてスーパーフレンドリーなんだけれど。
しかし言葉もろくにわからない東洋人に、卒業した後もちょくちょくメールをくれたのは彼一人だった。
[PR]
by akisiko | 2013-10-26 20:51 | | Comments(2)
雨で暇なので漬物づくり。

「なまくら漬け」も職場のおばさんに教えてもらいました。
大変ざっくりした作り方だったので分量などはレシピ検索して調査。
どうやら全国各地にある漬物みたいです。材料もさまざま。
なまくら=なまけものでも簡単にできる漬物、ということでこの名前らしいです。

漬けたらあとは放っておくだけ、発酵もなし、というお手軽漬物。ビギナーの私でも安心です。
d0051707_14195545.jpg

大根は生でOKなのですが、4日ほど干していたものがあったのでこれで漬けることに。
皮をむいたのとむかないのとどちらがおいしいか試すために両方入れてみました。
d0051707_14184226.jpg

材料を入れて調味料をダバーっといれておしまい。食べごろは3週間後。

*今回の材料

*大根 4日干し 2本 2.8kg
*しょうゆ         250cc
*てんさい糖       250g
*酢            85cc
*昆布           20cm
*鷹の爪         3本
[PR]
by akisiko | 2013-10-25 14:34 | | Comments(0)

オホーツク産ブリを食す

雄武よりブリが届く。
近年、鮭の定置網にブリがたくさん入るようになったのです。
ほとんどが市場に出ず、漁師さんたちが自家消費しているとのこと。

d0051707_8421252.jpg

巨大なおすそわけが我が家にも届きました。Yさん、どうもありがとうございました!

まな板に乗らないので食卓の上で解体開始。
d0051707_8452743.jpg

お、めずらしく上手くいってます。
d0051707_8455845.jpg

とりあえず刺身!脂が乗り過ぎていてちょっとくどいです。
それから内臓の煮込み。胃袋、心臓、卵巣が入ってます。酒のつまみに最高!

翌日はブリ大根、ブリしゃぶ・・・とフルコース。贅沢だあ。
[PR]
by akisiko | 2013-10-25 08:49 | | Comments(0)

切り漬けに挑戦

秋は漬物の季節。店先にも漬物コーナーが並びます。

職場の仲間に切り漬けのレシピをもらったので、初めて漬物に挑戦してみることにしました。

切り漬けは北海道ならではの食。
秋野菜と魚の干物と麹を一緒に漬けこんで、野菜がもっている乳酸菌とともに発酵させるのが特徴。

今回はもっともポピュラーな身欠きニシンを使ったレシピでやってみました。
ニシン漬けなんて呼ばれているそうです。

ちなみに漁師町の雄武では塩鮭を使った切り漬けを良く頂いて食べました。
ネットでレシピを検索していろいろ参考にしました。根室では干しコマイを使って作るようです。
道内各地で作られていて、家庭によって作り方も味も違うのでしょう。

さて秋も深まる日曜日、材料をそろえて漬け込み開始。
d0051707_1145824.jpg

スーパーではこんな風に売っていました。「北海道の味」とあるけれど原産地はアメリカ。道産にこだわりたいけれど、このご時世では仕方ないか。
d0051707_1144963.jpg

一晩米のとぎ汁で戻します。うちは玄米なのでとぎ汁がないから、白米を少々入れました。
d0051707_11102175.jpg

材料を切って準備完了。重さをはかって塩の分量を割り出します。

大根とにんじんは農家のKoiさん家から頂きました。
超立派な大根です。乱切りにしながらつまみ食いしたけれど、旨くて何切れも食べちゃいました。
大根=辛い?ノンノン。新鮮でおいしい大根は、梨のように甘くてさわやかなんですよ。
d0051707_1110826.jpg

もう一つの重要な材料、麹。
本別町の渋谷醸造さんの麹を買ってきました。
d0051707_11174836.jpg

一斗ダルにまず塩と麹を振ってから、大根、キャベツ、にんじん、しょうが、ニシン、麹、塩・・・と樽に入れてゆき、数回に分けて層状に重ねます。

重石は最初の2~3日を10kg、その後5kgの予定。
3週間後に食べられる見込みです。どうなるかな~。

関東の方々でも手に入りやすい材料です。
でも雑菌がはびこるといけないのでもし作るのであればもう少し寒くなってから、11月中旬以降をおすすめします・・・

※備忘録がわりに今回の分量

*大根    2本  3450g  皮をむかずに乱切り
*キャベツ  1個  1250g  ざく切り
*にんじん  1本  340g   千切り
*しょうが  1袋         千切り

*身欠きニシン 10本     1cm幅に切る
*鷹の爪     5本

*麹     1袋   200g

*塩 大根+にんじん+キャベツの3% 150g 

*樽15L 重石 5kg
[PR]
by akisiko | 2013-10-20 11:35 | | Comments(3)

さんま

d0051707_702643.jpg

旬のサンマが大好物。毎日のように買って食べる。
やはり七輪で真っ黒になるほど焼いたやつが最高。
[PR]
by akisiko | 2013-10-16 07:01 | | Comments(2)

今年の菜園をおさらい

暮れゆく秋。我が家の小菜園もそろそろ終わり。
振り返れば今年は放任農法を脱却して、すこしだけ手間をかけて家の前の小さなスペースで野菜作りをしました。
もちろん有機・無農薬だけれど、農家さんから土を頂いたりしているので完全とは言えないかもしれません。
活力剤として「ヨモギ発酵液」なんかも作ってみたりしました。

ネギは豊作。冬の間保存できるから貴重な野菜になります。
d0051707_4472599.jpg

5月に定植して収穫が10月だから、一番時間がかかります
d0051707_4564068.jpg


いちご。苗をもらってきて植えたらすぐに次々と実がなって楽しませてくれました。
春のうれしいおやつ。
d0051707_4584565.jpg

ランナーが出なかったので今年の株分けは断念。
d0051707_4582975.jpg


トマトは3種。立派な苗をいただいたおかげで元気に育ちました。
d0051707_514227.jpg

d0051707_515519.jpg

d0051707_510692.jpg


職場の先輩に教えてもらって植えてみたロマノいんげん。
d0051707_514212.jpg

d0051707_5171943.jpg

d0051707_5144676.jpg

4本植えて支柱を立てたのだけれど、強風で倒壊。2本が枯れてしまいました。
しかし残り2本は次々と結実して毎日食べきれないほど。
うわさにたがわぬ大豊作。柔らかいし食べごたえもあるし調理方法もバリエーションに富みます。お弁当に大活躍でした。

半夏生にまいた枝豆。農家さんによればギリギリセーフの遅まきでした。
d0051707_521335.jpg

d0051707_5235461.jpg

収穫も遅れたけれど収量は十分。さすが豆の産地、気候や土地があっているのでしょう。
ちなみに黒大豆の品種なので、枝豆の時点で薄皮がすこし褐色がかっています。
黒大豆はコクがあってたいへんウマいのでございます。

じゃがいもはキタアカリと赤色系の2種。あいかわらず小粒、でも皮ごと炒め煮にするとおいしいのです。
d0051707_5273620.jpg


意外と良く育ったセロリ。知らないうちにアゲハチョウが大発生してあせったりもしました。
d0051707_530093.jpg


ほかにもシソやナス、ピーマンに唐辛子、ほうれんそうや玉ねぎなんかも植えました。
最後に残っているのは大根。そろそろ収穫かな。
[PR]
by akisiko | 2013-10-16 05:38 | | Comments(0)