<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ちいさい秋

このところ釣りのために一日を費やすチャンスが訪れなくて、すきま時間でちょっこっと竿を出すことが多い。

今日もそんな一日。秋の穏やかな日曜日。
帯広に用足しに行った帰りに川へ寄る。時刻は3時半。1時間半くらいは遊べるだろう。
d0051707_2161196.jpg

しかし反応が薄いのは人的プレッシャーだろうか?
魚影は濃いはずなのに、なかなかドライフライは沈まない。
d0051707_2193428.jpg

やっと顔を見せてくれたきれいなブラウンちゃん。ありがとね。
d0051707_2111086.jpg

一日が終わるのが早くなってしまった。
冬はもうすぐ、急がねば。
d0051707_2112269.jpg

話は変わってしまうけれど、今は薪集めの季節。
雑多な端材・廃材・天然木を毎日すこしずつ集めては来冬用に蓄える。
d0051707_21144061.jpg

お金をかけずに燃料を調達。しかもローインパクト。バイオマス。
反面、運んだり玉切ったり割ったりには結構な労力がかかります。

しかし、This is 生活のための労働!
[PR]
by akisiko | 2013-09-29 21:23 | | Comments(2)

標高年のニペソツ山へ

西暦と標高が同じになる「標高年」として注目されているニペソツ山。
私たちも絶対登りたいと計画を立てていたのだが、夏休みは登山口まで行ったものの雨で中止。
その後もゲリラ豪雨や台風が続いてチャンスが訪れなかった。

9月下旬にはいって夏山登山も終盤の今週、やっと天気も安定してニペソツアタックの機が来た!
d0051707_1892679.jpg

3時起床、3時半出発。
登山口に着いたのは日の出すこし前の5時。しかし駐車スペースはすでに登山客の車で驚くほど混み合っていました。
お盆には10台ほどしかなかったのに・・・
やっぱり天気もいいし、3連休の中日、そして標高年が重なってこの年一番の(噂ではニペソツ史上初めての)大賑わいとなっていた模様。

杉沢出合からの序盤は、傾斜のゆるい尾根を登ってゆく。
快調に歩を進めて距離を稼ぐ。結構長いルートなので、ここらは飛ばさないと。
先行していた登山者たちをかなり抜かして急ぎ足で進む。

そして2時間余り登った前天狗まで来て、目指すニペソツ山が姿を現す・・・
d0051707_21173025.jpg

思わず歩が止まる。おぉ、と息を飲む。この瞬間がこの山行のクライマックスかもしれない。
異形ともいえる迫力を持つその山容。
切り立った稜線に登山道が細く走っている。
ほんとうにあの山に登れるんだろうかと心細くなってしまう。
思わず圧倒されて、しかもその美しさに目が離せなくなってしまう。
ニペソツ山は素晴らしい山です。
d0051707_2133294.jpg

その稜線に取りついて、アリンコのように進んでゆく。進むごとに山は大きくなってゆく。
d0051707_21345276.jpg

d0051707_21353462.jpg

振り返れば来た道もまた険しい風景にかわってゆく。
d0051707_21424198.jpg

そして登頂!2013!
d0051707_21391489.jpg

ぬかびら湖から三国峠、表大雪の山々から十勝連峰までが秋晴れの下にある。浮かぶ雲は眼下に流れる。
d0051707_21434183.jpg

山はもう秋がだいぶ進んで。
d0051707_21435424.jpg

紅葉したウラシマツツジには霜が降りている。
d0051707_21444791.jpg

混雑する山頂を降りて、前天狗まで戻ってから昼食。
d0051707_21454261.jpg

雄武のふみちゃん、ありがとう!ウニギリにしました。
d0051707_21475063.jpg

道中にはこんな箇所がひとつ。
d0051707_215176.jpg

下山後、ひがし大雪自然館にて登頂証明書を頂く。
d0051707_2153958.jpg

さらにかみしほろ情報館にて念願のニペソツTシャツGet!!
[PR]
by akisiko | 2013-09-22 18:58 | | Comments(4)