<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

阿寒川C&R区間釣行

激しい夕立が数日の間続いている十勝北部。
この日曜日はどこへ行こうかと思案した結果、まだ釣ったことのなかった阿寒川C&R(キャッチ&リリース)区間を偵察することに。
d0051707_2029385.jpg

釣りの結果はともかく(・・・というのは言わずとも知れた結果だということですが)、阿寒の深い森のなか、圧倒される水量で流れる川を歩くのはなかなか至福。
d0051707_20391169.jpg

放流魚のストック量はすべての釣り人が一日釣りをして一尾は出会えるという頻度、というところでしょうか。
対して自然環境下で再生産された天然魚はかなり少ないようです。
全面禁漁となっている支流群があるにもかかわらず、これは釣り人のプレッシャーがいかに高いかを裏付けるものだと私は考えます。
d0051707_20355944.jpg

川を観察しながら歩くと、大きな矛盾にも出会います。
駆除の対象になっている外来種のウチダザリガニ。
一方北米産にもかかわらず観光資源として放流されるニジマス。
オンネトーの湯の滝もそうだけれども、人間が重んじる自然の価値ってなんでしょうね?
経済効果?世界的に希少だから?どちらも人間本位な気がします。

ともあれ、阿寒の川を歩くのは気持ちの良いものでした。他では得難い経験です。
北海道にはもっと素敵な川もいっぱいあるけどね。

ダイジェストムービー、どうぞ。

[PR]
by akisiko | 2013-08-26 20:54 | | Comments(0)

Far Eastへの旅

夏休み後半戦。
予定を決めないぶらぶら旅へと出かけることにした。針路は東へ!
d0051707_17382065.jpg

まずは厚岸コンキリエ。食材を買って炭火で各自焼くスタイル。
d0051707_17391613.jpg

夏休みはさすがに人出が多い!ぎりぎりで待ち時間なしの席に着く。
道東由来でない食材もあるが、そこはまあいろいろな事情がありますので・・・でもどれもおいしい。
d0051707_17431940.jpg

これを喰わねば!厚岸産のカキはさすがの一言。ミディアムレアでほおばる至福。

d0051707_17573961.jpg

さらに東へ。
d0051707_17581523.jpg

スーパーにて投げ物花咲ガニを購入。そしてラーメンにぶち込んで食す。
d0051707_17594780.jpg

はまなか町はモンキー・パンチの故郷。
d0051707_1802898.jpg

道東の僻地でしか出せない味、茶内駅。
d0051707_1812965.jpg

ルパン・ラッピングのバスにも遭遇。かっこいいね。
d0051707_183845.jpg

最東端に近い漁港でチョイ釣り。
d0051707_1834538.jpg

渋いなか、子カジカをゲット。
d0051707_1841823.jpg

この際、なんでもラーメンにぶっこみますww
d0051707_185172.jpg

目的地のひとつだった落石岬も濃霧の中。アカエゾ林はしとしとと濡れていました。
d0051707_187203.jpg

晴れていればこのさきに太平洋が見えたのに。でも、霧の景色もいいものです。
d0051707_1875936.jpg

どこかさみしい雰囲気を醸すのは僻地の宿命であります。
d0051707_189647.jpg

というわけで、2泊3日の車中泊の旅をダイジェストで振り返りました。
何かしたような、何もしなかったような、微妙な旅となったけれど、3日とも濃霧&雨の天候ではこんなものでしょう。
[PR]
by akisiko | 2013-08-21 18:11 | | Comments(2)

ぬかびら散策

夏休み前半戦は東大雪にそびえるニペソツ山に登る予定だった。
d0051707_17115282.jpg

今年はニペソツ山の標高年、すなわち西暦と標高が同じ2013になるのだ。

我々にとってはハードな山行であることが予想され、テントをかついで山泊にするか軽装備で日帰りアタックにするか悩んだ末、日帰りプランをチョイス。

しかしその行程は10時間以上。
気合を入れて準備万端、3時半に家を出て5時に登山口に着いたのだが・・・まさかの雨。

どうやら今年のお盆は天気が悪い。
数年ぶりの登山中止を決定!だって景色見えなかったら山なんてつらいだけだもん!!

というわけで山を降りてぬかびら湖周辺を散策することにしました。
d0051707_17194062.jpg

登山の装備に竿をプラスして湖沿いの林道を歩く。
d0051707_17203231.jpg

1時間ほどでタウシュベツ橋梁に到着。
かつての鉄道の橋桁の跡で、ダムの水位が上がると水没してしまうという史跡。
そのはかない姿が幻想的な湖のうえに浮かぶ・・・ということで観光客には評判なようですが、
ワタクシ的には別に・・・醜い人工物が開発主義的ダム湖にあるだけのような気がします。
d0051707_17254471.jpg

ワタクシの興味は別なところにありまして、この橋桁に居着きのデカブラウンなんて潜んではいないかと。
釣り糸を垂らしてみたけれど、この日は不在でした。
[PR]
by akisiko | 2013-08-21 17:27 | | Comments(0)
d0051707_21131488.jpg

この夏もいよいよピークを迎え、あとは衰えてゆくだけなのだろうか・・・

立秋を迎えたこの日、休みを取って山奥へ向かう。
道内はひさしぶりの真夏日。渓は渇水で夏枯れの様相。

d0051707_21331751.jpg

釣りはじめてから5時間後。いかにもな大場所に着くとにわかに雲行きが怪しくなってきた。

淵の中に見えるレッドバンド。なんとか仕留めようとしているうちに川面に雨粒が落ちてきた。
d0051707_21311534.jpg

反転流に浮かばせた”2013蝉毛鉤”にスーッと近づいてきてガプッと喰いついた53cm、オス。
d0051707_21373311.jpg

d0051707_21383083.jpg

車に戻って昼休みを取っていると、すさまじい雷鳴と豪雨。

これは危険!下山して今日の釣りは終わりとしました。
[PR]
by akisiko | 2013-08-07 21:43 | | Comments(0)

自作ラニヤード

d0051707_6273119.jpg

機能性のみ、おしゃれ要素ゼロのラニヤードを自作。
Φ3mmのナイロンロープとΦ4mmのビニールホース、スナップスイベル、スプリットリングで材料費は400円以下でしょう。

さて、これはなんのための道具なのか?
[PR]
by akisiko | 2013-08-04 06:33 | | Comments(0)

じゃがいもを収穫

d0051707_5573949.jpg

我が家の小菜園のじゃがいもを掘りました。
d0051707_5575148.jpg

やっぱり小粒のイモたち。
今年はすこしだけ面倒を見てやったので、昨年までの放任農法と比べて収量はだいぶ上がりました。

小イモはさっそくフライパンで揚げ焼きに。ニンニクとハーブで風味づけ。
ほくほくでウマイ!
[PR]
by akisiko | 2013-08-02 06:01 | | Comments(0)