<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

インデアンのカレー

d0051707_22131781.jpg

帯広の庶民の味、インデアン
チェーン展開をしているカレー屋さんなのです。
あまりに定着しているその味は、帯広のソウルフードとさえ称されるほど。
どの店舗に行ってもお客さんがひっきりなしに入る人気です。
d0051707_22121637.jpg

支持されるだけあって、やっぱり旨い。
こってり濃厚ルーに奥深さのあるスパイスが絶妙。
かといって飽きの来ない定番の味としてはド真ん中。
d0051707_2221374.jpg

安さも魅力の399円。

野菜カレーには野菜ルー、ハンバーグカレーにはインデアンルー、カツカレーにはベーシックルーという具合に、具の種類によってルーが使い分けられている。
しかし、他のお客さんが「インデアンカツ」なんていうふうに頼んでいるのが聞こえるところをみると、その組み合わせは自由に選べぶことができるみたい。
辛さも調節できる。
そんな味のバリエーションを楽しめるのもリピーターを呼ぶ理由か。

とにかく安くて早くてうまいカレーなら、帯広インデアンだね。
[PR]
by akisiko | 2012-09-30 22:36 | | Comments(0)

秋色ブラウン

d0051707_2181212.jpg

記録的な残暑が続く北海道。
例年ならそろそろ寒くなりだして、しんみりさみしい感じの気候なのだけれど、今年はまだ夏の気温で汗だく。
私は寒いのが嫌いで、「春と夏が交互に来ればいいのに」って思っているから残暑大歓迎。
まだまだ行け、夏!

それでもあちこちには秋の気配が濃厚。陽もずいぶん短くなった。
d0051707_2183580.jpg

エネルギーチャージのためにひさしぶりにひとりで川歩き。
小さな湧水の川の橋のたもとからスタート。
d0051707_219859.jpg

小ブラウンがアントパラシュートにぽこぽこ出てくる。
d0051707_2193399.jpg

あぁ癒された。またがんばろっと。
[PR]
by akisiko | 2012-09-20 21:03 | | Comments(0)

野菜の揚げ物

ズッキーニのフライ、青ミニトマトのフライ、そしてきゅうりのから揚げ
d0051707_20531669.jpg

やっぱり一番おいしいのはズッキーニかな。
青ミニトマトはワイキキのFried Green Tomatoをまねてみたけど、別にフライにする利点は見つからず。
きゅうりのから揚げはラジオでレシピを聞いたのでやってみました。
きゅうりを乱切りにして軽く塩をして片栗粉をまぶして揚げるだけ。
揚げたてに塩こしょうを振ればおいしい!
けど、また作ろうという気にはならないかも。
[PR]
by akisiko | 2012-09-11 21:05 | | Comments(0)

ちなみにうちの親方は

d0051707_19272588.jpg

こんなステキなジイサマなのです。
d0051707_19272987.jpg

親方所有のハーレーを試乗。すげぇな、さすがに。
[PR]
by akisiko | 2012-09-10 19:38 | | Comments(2)
今シーズン大ブレイクだった「私的超信頼パターン」、フォームビートルのタイイングを紹介します。
光量が足りなくて撮影を失敗したのが残念ですが、また巻き直しの撮り直しも面倒なので
このままアップします。

フック: ドライ用#8
スレッド:6/0 ブラック
ハックル: コックネック
ウイングポスト: エアロドライウィング・ファイン
オーバーボディ :フォーム
アブドメン: シルクフロス
ソラックス: 各種ダビング材
レッグ: ラバーレッグ

d0051707_1805167.jpg

フックは先日紹介した上州屋の激安フック。
好みの形状で可ですが、ニジマス相手なので太軸推奨。
d0051707_1823262.jpg

パラシュートポストの取り付けは何種類か方法がありますが、私はシャンクの上でたすき掛けにしてから上に二つ折にする方法を採用。
浮力重視なので多めに。。。
d0051707_18484.jpg

パラポストの根元を巻きあげてからハックルを2枚固定。
色はグリズリーとバジャー。
d0051707_1854242.jpg

5㎜幅に切りだしたフォーム材(黒)をボディに巻きとめます。
ずれないようにしっかりと、かつ浮力を失わないようにスレッドは等間隔に掛けていきます。
d0051707_1893117.jpg

腹部はお好みでいいのですが、ここがいちばん魚に見られる所なのじゃないかと思っています。
特に捕食する直前にとどめのスイッチを入れさせる感じで・・・
今回はシルクフロスのだんだらボディを巻きます。
2色のシルクフロスを巻きとめて。
d0051707_18125165.jpg

各色をねじりまとめた後、2色をこより状にねじります。
d0051707_18134996.jpg

それをフックシャンクに巻いていくとこんな感じに。
シルクフロスの色はお好みですが、コントラストの強い色の組み合わせがいいですね。
黒と赤、黒と黄色とか。ムシっぽいです。
d0051707_1816841.jpg

フォームをかぶせてパラポストの後ろで固定。
d0051707_18261471.jpg

ラバーレッグを巻きとめ、胸部にはIce Dub(UV Black)をダビング。
d0051707_1822245.jpg

ハックルをパラシュートに巻いて完成。
d0051707_1829625.jpg

ハックルの巻き方失敗!パラシュートが見苦しい・・・
でも、まあ、実釣にはまったく差し支えないです。
d0051707_1830461.jpg

パラポストの固定法、ハックルの巻き方、フィニッシュの仕方などは備前貢さんの「Tight Thread Vol.1」を大変参考にさせていただきました。本当に裏技的テクが満載です。

このフライのキモはそんなに難しいことではありません。
捕食スイッチになるのはおそらくラバーレッグの効果。あとはサイズとシルエットが少々。
秀でているのは浮力の持続性と扱いやすさ。
パラポストにフロータントを塗っておけばフォーム材の浮力と相まって、かなりのハードな使い方をしても浮いています。
何尾か釣ってもそのまま釣りが続行可能。
サイズの小ささと軽さもこのフライの武器といえます。
[PR]
by akisiko | 2012-09-09 18:17 | | Comments(0)

黒岳登山記録会 2012

毎年恒例、9月の第一週は大雪山系黒岳の登山記録会
2500円の参加費で、2450円相当のロープウェイ+リフト券付き。黒岳までの登りタイムを計ってくれて、さらに記念Tシャツ付きとお得な内容なのです。
d0051707_18405454.jpg

・・・と、そのまえに。
十勝から層雲峡に向かう途中の三国峠ではすばらしい雲海に遭遇。
d0051707_18394214.jpg

もはや山に登った気分になるとともに、今日の山頂では素晴らしい天候になることを確信。
d0051707_18431683.jpg

層雲峡のロープウェイでいつものメンバーと集合。
旭川の佐々木さんご夫妻と雄武からはふみちゃん。
d0051707_18491299.jpg

ゼッケンをつけ、ロープウェイ駅の5合目からスタート。
d0051707_19121495.jpg

一気に登りつめて1時間ちょっとで山頂にゴール。
d0051707_19123454.jpg

相変わらず素晴らしい黒岳からの眺望。
今年は残暑が強烈に続いているので期待していた紅葉はまだほとんど始まっていない。
例年ならあと10日もすれば初冠雪なんてニュースだけれど、今日は異例で汗だくの黒岳山頂。
これも気候の変化だろうか。
d0051707_1915216.jpg

われわれにとっては素晴らしいビール日和で、さっそくみんなで登頂祝い。
d0051707_19161475.jpg

まだ時間は早かったけれどお弁当も食べ始めた一行・・・相変わらずの宴会モードに突入。
佐々木父さんにはいつものようにプロの技を揮って、おつまみ系お弁当を用意していただきました。
私はなぜか最近気になっていたブタメンをドロップ。
d0051707_19193625.jpg

雄武のふみちゃんはなんと、塩蔵ウニが具に入った「うにぎり」を持参!
さすが海の民!これは反則。うますぎる。

・・・と、なんだか山はどうでもよくなってしまった一行はその先の登山を諦め、下山して温泉&ビールの道を選び、帰路を急ぐのでありました。
[PR]
by akisiko | 2012-09-02 19:23 | | Comments(0)