<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家の方もなんとか落ち着いてきた。
そこでさっそくと言おうか、今朝は早起きして近所の川に竿を出しに行く。
d0051707_2101338.jpg

起伏の少ない丘陵地を蛇行して流れる川。
地質は岩盤、粘土地、砂礫。
牧草地を流れるだけあって水質はやや悪い。

入渓地もなにもわからないまま、目に付いた橋のたもとからスタート。
釣り下るつもりで歩き始めたが、すこし進んだだけでこの区間はめぼしいポイントが無いようだという感じがして釣りあがりにスイッチ。
d0051707_2185932.jpg

魚の顔を拝みたい一心で手堅いシステムを組む。
しばらく攻めあぐねたのち、待望のファーストフィッシュは子ニジちゃん。
d0051707_21123557.jpg

その後3尾の子ニジに相手をしてもらう。
なかなか思い通りには釣れなくて難しく感じたけれど、初釣行としては上出来かも。
[PR]
by akisiko | 2012-05-30 20:48 | | Comments(1)
オホーツクの漁師町から、十勝の畑作地帯へ。
なるがまま移ってきたけれど、詳細はまた後日。
ブログタイトルも、いいのが思いつくまで当面現行のままで行きます。

さて。
荷物を新居に運び終え、2日間かけてそれを片付けたあとに手をかけたこと。
それは住宅の横に遊んでいた園芸スペースを家庭菜園にしたことでした。
d0051707_2222540.jpg

トマト、キュウリ、ナンバン、シソ、ゴボウに長ネギ。
素人仕事だけどうまく行くか?
[PR]
by akisiko | 2012-05-29 21:28 | | Comments(0)
役場に勤める友人に案内をお願いして、アイヌ文化の遺跡「チャシ」に行く。

チャシとは・・・砦,館,柵,柵囲いを意味するアイヌ語であるが,アイヌ神謡や祈詞のなかでは家を意味することもある。ふつうは,河川,海,湖沼に臨む丘陵の先端部や頂部に,円形,半円形,方形などの空壕で画された遺構をさす。

定義を見てもよくわからないので画像を掲載してみます。
d0051707_21454556.jpg

牧草地の向こうに張り出すように見える崖がチャシ。
その向こう側は幌内川で、ちょうど川が蛇行する内側に岬のように突き出している

チャシの用途や機能については諸説あって、はっきりしたことが分からないことも多いのだけれど、今回のこのチャシの場合は祈祷の場に使われた聖地のようだ。

この先端から見える独立した山に向かって祈りをささげていたらしい。

さっそくあの断崖の先端に向かって歩いてみる。
d0051707_2151949.jpg

牧草地を横切った後は笹を漕いでゆく。
d0051707_21511265.jpg

そしてたどり着いたチャシからは近辺の地形を眺めおろす素晴らしい場所。
特にに幌内川の流れが眼下に広がって、まるでこの大自然が自分のものになったような感覚になる。
この地の厳しい自然と対峙して生きてきたアイヌの民が、なぜこの場所を聖地としたのかなんとなくわかる気がする。
[PR]
by akisiko | 2012-05-26 22:17 | | Comments(2)
オホーツクの国道沿いにある小さな湿原。
d0051707_20184550.jpg

だれも入らないし、気にもかけないようなこの場所を歩いてみた。
d0051707_20185036.jpg

まだアシが芽吹く前だから歩けるけれど、真夏には背丈以上に繁茂して漕げなくなるだろう。
d0051707_20185685.jpg

200mも歩けば視界が変わる。小さいと思っていた湿原に大きく囲まれる。
国道を走る車も小さく見えて、自然のただなかにいるように感じる。

こういうところに北海道の原始がすこしだけ残されている。
[PR]
by akisiko | 2012-05-08 20:27 | | Comments(0)

北海道は春です

d0051707_1233841.jpg

カタクリ、エゾエンゴサク、フクジュソウの競演。
旭川・北邦野草園にて
[PR]
by akisiko | 2012-05-06 12:33 | | Comments(0)