<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雪降る山上湖にて

d0051707_142543100.jpg

林道は雪が残っていて不通。車をここにおいて、あとは歩く。
デイパックにはガスストーブ、コッヘル、カップラーメン。
ベストを着て、その上にカッパを着て、カンジキを履いて出発。

30分ほどで春の山上湖。驚いたことにまだ湖面の半分以上が凍っていた。
天気は雪。気温0度、風なし。
d0051707_14315247.jpg

昨日の自作ラインを試してみる・・・
うん、悪くない。飛距離は改造前より出ている。ターン性能も良い。着水は静か。いいじゃないか。
黒のストリーマーを結んで手前のカケアガリを探るが、反応はない。
シンクレートが軽すぎるね。もう少し深場を流したい。

鏡の湖面に雪が静かに降る。良い感じ。でも・・・寒い!
気温はそれほどでもないけど、氷水の中にウェーディングしているようなもの。
べた雪があたる手の甲もちべたい・・・アタリはねぇし・・・

折れそうになる心と体をカップラーメンで復活させて再チャレンジ。

今度はフローティングラインに重めの黒ニンフを結んで、よりスローに。
静かにキャスト・・・ゆっくり沈めて・・・スローリトリーブ・・・
竿先が、何かに引っ掛かるようにして止まる。
根がかりか?アタリか?手ごたえはすぐに消えてしまった。
もう一度。
ゆっくり引っ張って。
クンっと抑え込む小さいアタリ!でも乗らない。喰いが浅い。
d0051707_14595227.jpg

何度かアタリをとらえ損ねたのちようやくフッキングした。
それにしても、きれいだ。真珠色に光る鱗にピンクが彩る。
手早く写真を撮って、丁寧にリリースした。
d0051707_154970.jpg

今日出会えたもう一尾。
CFO、それからOrvis Westernの組み合わせ。君たち、第2の人生のスタートだよ。
[PR]
by akisiko | 2010-04-25 15:08 | | Comments(4)

釣行準備とリール達

d0051707_1829840.jpg

わがクルマの狭いラゲッジスペースに道具を並べて、釣行の準備。
リールとラインシステムの組み合わせが目下の懸案事項なのだが。。。

6番のロッドに合わせるリールが3種。
ガンメタのCFO、シルバーはウエダ、黒はOrvis Mid Arbor。

件の”CFOⅣ”はフローティングライン専用にしようかと思っている。
#5と、換えスプールには#6を巻く。
盛期の渓流では5番ロッドに合わせ、止水のドライでは6番ロッドに。
つまりメインとなるリールとして活躍してもらいます。
d0051707_1943869.jpg

こちらはUMFウエダのCANTATA。
古いリールで、購入してから20年が経つだろうか?
CFOのコピーモデルだけれど、頑丈。だから気に入っている。
現在はシンクティップを巻いていて2軍というところだけれど、ここぞというところで大物を獲ってくれる。
頼もしいヤツ。
d0051707_1957414.jpg

Orvis Mid Arborは手元にⅢとⅣの2種。
各メーカーのラージアーバーは近未来的デザインでかっこ悪い、
でもドラグと巻き取りスピードの機能性は欲しい、ということでこのモデルを愛用。

左がⅣ。ダブルハンド7番専用として使用。
巻いているのはKenCubeのEXラインにパワーヘッド。
引っ張りの釣り用だけど、いまいち使いこなせていない感あり。

右はⅢ。いままでは#6フローティングラインを巻いていたけれど、シューティングヘッド用に変更。
ランニングはやはりEXライン。この細さ、扱いやすさ、飛距離はやはり他にない。
ヘッドは3Mの#6をつけてみたけれど、長すぎる、飛ばない、沈み方が悪い。
気に入らないことばかりなので自作してみた。・・・自作した方が出来の悪いものになることは自明なのだけれど。
家で眠るラインを切ったり貼ったり。
リアテーパー部をもっと重たくしたかったので、STL#11のタイプⅠの一番細いところをくっつけてみる。
フロント部はもっと沈んでほしい。タイプⅡくらいのシンキングリーダーがあったからこいつを接続。
試し振りでは、「ま、釣りにはなるかな」という感じ。飛距離は相変わらず出ないけれど、これはウデの問題。
実釣ではどうだろう?これで釣れたら嬉しいだろうな。

明日はいよいよ地元フィールドで竿を出す予定。
ちょっとしたスノーハイク付きの釣行になりそうなので、わくわく。。。
新竿、新システムの入魂なるか?
[PR]
by akisiko | 2010-04-24 20:50 | | Comments(4)

念願のORVIS ”CFO”

昔フライをやっていたという会社の人と釣りの話で盛り上がっていたら、
「ロッドとリール、実家で眠っているからあげるよ」という、うれしいお話。

それがなんとORVISのものだという。
まじで!もらっていいんですか?

今日現物を受け取ってみて、さらにうれしい!
リールはずっと欲しかったCFOだったのです。
d0051707_21534191.jpg

永遠の定番と称されるこのカタチ。機能美にしびれます。
色は基本のガンメタ。渋い風合い。
傷はほとんどなし。大事に使っていたのか、ほとんど使っていないのか・・・
ま、私が使ったらあっという間に傷だらけになります。それが道具ってものですから。
それにしてもかっこいい。。。
d0051707_215441.jpg

旧モデルを示す”Made in England”。(現行は中国製)
14年ほど前に買ったというから、旧モデル最終世代のものと思われます。

しかも換えスプールまで付属!幸せです。
巻いているラインはもう古くて使えないとは思うけど、
その先についていたブレイデッド・リーダーが気になります。シンキングなのだろうか。
d0051707_21542993.jpg

ロッドの方はWESTERNというシリーズ。
他のOrvisロッドに比べ、粘りとパワーがあるデザインみたいです。
9ft#6という、これまた私の欲しいところにズバッと来たスペック。

せっかくもらったので今シーズンはガシガシとこのタックルを使いマス!
CFOにはシンキングラインを巻いて、湖で使うのがいいかな・・・

ちなみに前持ち主は渚滑川でのサクラマス専用に使っていたそう・・・密漁ですが。
で、当時滝上町に釣具屋があって、そこで購入したのだそうだ。
今から十数年も前に、あの町にこんな上品な釣り具を置く店があったのかと思うと意外です。
[PR]
by akisiko | 2010-04-12 22:22 | | Comments(2)

2010年春の遠足

アメマスに会いに釧路方面への遠征。
d0051707_1547718.jpg

4月は河口での釣り。
波しぶきに煙る海岸段丘。茫洋とした景色を釣る。
悪くはない、のだが有名河川につき人も多い。

本当は3月中に決行するはずだったのだが、所用あり、この時期までずれ込んだ。
この季節、河川はどこもド茶濁り。というわけで河口に行きつくのは万人が考えるところなのだ。
d0051707_1556316.jpg

ヘタクソなシューティングスペイで力任せにブン投げ、ややこしいことを考えずにリトリーブ。
あまり高くない頻度でゴツゴツとアタリが来る。
私に春を告げてくれるのは、30センチクラスのあどけないアメマスでした。
どうも元気があるのはこのサイズだけなようで、決まって同じくらいのが釣れてくる。
d0051707_16131100.jpg

ちょっと物足りないサイズだけれど、海育ちの証であるこの尾鰭。

テントを張って一夜を過ごし、明けた朝は強風だった。
向かい風と人を避けて、対岸に侵入。
d0051707_16175139.jpg

状況は大して変わらず、忘れたころにぽつぽつと30センチ級が釣れる。
暴風でキャストも困難になってきたころ、一尾だけ大きいのがネットに収まる。
d0051707_1624538.jpg

実をいえば、まぐれのスレがかり。
60センチちかいけれど、こんなにかわいそうなくらい痩せた魚なら、元気いっぱいのチビアメの方がうれしい。
[PR]
by akisiko | 2010-04-11 16:25 | | Comments(2)

永山新川の野鳥

旭川の」帰り道。
永山新川におびただしい数の水鳥が見えたので立ち寄ってみる。
d0051707_2240821.jpg

なぜこんなにたくさんの鳥たちがここに集結しているのか?
わからないけどすごい。
d0051707_22421259.jpg

しかも餌を与えられているのか人を全く怖がらず逃げないので、写真は撮られ放題
d0051707_22432389.jpg

d0051707_22435369.jpg

こんな環境が都市の近くにあるのって本当に素敵。ビバ北海道。
[PR]
by akisiko | 2010-04-04 22:22 | | Comments(0)

春の旭川へ

雪解けの季節に恒例となっているワサビ採りにいってまいりました。
d0051707_2275817.jpg

湧水の沢までスノーシューを履いて到達。
d0051707_2281846.jpg

今年もいました、爽やかな辛味の野生ワサビ。
このワサビで作る自家製山海漬けは、激辛&贅沢数の子仕様なのです。

旭川といえば、いつもお世話になっている佐々木御一家。
遠慮なしにまたもお邪魔して寿司をいただく。
d0051707_22195195.jpg

米七合分の握りを5人で食らい尽くして、たらふくビールを飲んで、
俺はこたつで寝てしまって、幸せな家庭に囲まれた一夜なのでした。
[PR]
by akisiko | 2010-04-04 22:18 | | Comments(4)

春の川

3月はついに一度もブログを更新しませんでした。
ご無沙汰しておりました。。。

知床の冬山に行ったりとそれなりに野外活動は行っていたのですが、
遊びっぱなしのそれっきり。

気がつけばこの極北にも春の空気が感じられるようになりました。
d0051707_304454.jpg

先日、近くの川でちょろっと竿を出す。
遅ればせながら、今シーズン初のトラウトフィッシングでありました。

開氷しているものの、水はクリア。
雪代までの本当に短い期間にだけ許される釣り。
キンキンに冷えた淵の底にヘビーニンフを打ち込めど・・・魚信はありませんでした。

しかし心は十分洗われた!あぁ、気持のよい春の川。
[PR]
by akisiko | 2010-04-01 03:10 | | Comments(4)