<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アメマス遠征

深夜の北海道を北から南に縦断して、川に着いたのはちょうど夜明けでした。

初めての川、初めての釣り。
ポイントも釣り方もわからなかったけれど、とりあえず見つけた入渓点から開始。

早朝の気温マイナス7℃。
ラインもガイドもリールもウェーダーもばりばりに凍ります。
フライも水から上げたとたんカチカチに。

ほんとにこんなんで釣れるのかと半信半疑でした。

が、ほどなくしてあっけなくヒット。
d0051707_14585167.jpg

その後同じポイントで3キャストして3尾追加。どうなってるの、これ?
d0051707_1512160.jpg

d0051707_1513368.jpg

川全体は砂利質の浅いザラ瀬が続いていて、普段ニジマスばかり釣っている私にはどこにもポイントは無いように見えるのだけれど、水深は浅くともちょっとした障害物にはごっそりとアメマスがついているみたい。

写真中央右側の水没した岩。
こんなわずかな変化。しかも水深数十センチ。けれどもたくさんの魚がいる模様でした。

ははーん。
とりあえずポイントの傾向はつかめたぞ。

より大型の魚を探すべく、やや下流に移動。

今日は快晴・無風。冬にはうってつけのフライ日和。
日が上がってくるとだんだんぽかぽかになりました。

ここでもやはりすぐに反応。
d0051707_19585912.jpg

ルースニングで、ダウンクロスで。
ゾンカーで、エッグで、ニンフで。
サイトで、ブラインドで。

とりあえずどうやっても釣れる。
しかし、若干のコツがあるのも見えてきました。

まず、底から少し切るくらいにフライを沈めること。
水深は浅いので底をとるのは難しくないけれど、棚が浅いと全く反応しません。
ショットの調整がうまくいけばアタリが続出。

そしてナチュラルドリフトが必須。
ドラグがかかると、これも反応しません。
インジケーターでの釣りではラインが流れに引かれないこと。

流れより遅い速度でフライが流れれば、これは反応良し。
だからダウンクロスでちょっとテンションを掛けて、細かくトゥイッチすれば魚が追うのが見えます。

さらに、アタリはとても微妙。
インジケーターの不審な動きで空アワセを入れても、6割くらいは不発でした。

よってサイトで狙えるポイントでは、ダウンで流して魚の捕食の動きで合わせるっていうのが一番面白みのある釣り方だと思いました。
キャストしてからじゅうぶん沈めて、フライの流れている位置を想像して、そこでアメマスが首を振ったりするのが見えたらすかさず合わせる・・・

しかしサイトで狙える場所は限られているし、せっかくだから釣果も伸ばしたい。
そこでインジケーター+定番チャートリュースのゾンカーという、ルースニングシステムに釣法を絞りました。
d0051707_20232536.jpg

後日の情報によれば、この日はだいぶ食いが渋かったとのこと。
それでも20尾ほどキャッチしました。アベレージは40cmというところ。
d0051707_20251750.jpg

最大は58cm。人生初の二尺モノまであとわずか!惜しい・・・

というわけで、噂に違わぬ魚の濃さと反応。
久しぶりに気の抜けるほどの好釣果になったのでした。

しかしながら。
浅場にびっしりと固まって警戒心も薄くフライに反応する、アメマスの不可思議な生態。
そしてそれを取り巻く、釣り人諸氏のあり方。

思うところがいささかありましたが、それはまた後日。
[PR]
by akisiko | 2007-11-26 15:08 | | Comments(4)
先週の記事にも書きましたが、道東遠征に行かなかったことによる後悔は私の中に大きく残り・・・

アメマスがど~うしても釣りたくなってしまい、夢にまで見る始末。

このままでは精神衛生上よろしくない。

ということで無理矢理行ってきました、釧路方面の河川。

日帰り遠征21時間。
車での移動・往復11時間、実釣7時間・・・ツカレタ!

釣りのほうは後日報告いたします。
[PR]
by akisiko | 2007-11-26 05:49 | | Comments(0)

反面教師登場

地元の中学校から「進路指導に関わる授業」という依頼が来まして、身の程も知らず快諾。

なんでも、社会人の一人として今までの職歴や経験を話してほしいとのこと。

進路を踏み外してばかりの私にそんな依頼が来るなんて驚きですが。

学生時代は就職活動を一切しなかったことや、
旅行しながら、雇用してくれる養魚場を探したことや、
海外生活したことや、
帰国してからやっぱり旅行しながら職や定住先を探したことや、
流れ流れて北海道のこの僻地で林業をしていること。

そんな根無し草的これまでの人生を話そうと現在準備中。

ウブな田舎の中学生にどんな悪影響を与えるのか、今から楽しみであります。

当日は地下足袋、ヘルメット着用でチェーンソー片手に教室に入りたいと思ってます。
d0051707_1724391.jpg

PowerPointのイントロダクションはこんな感じ。
Powerpointは面倒です。授業は来週なのだけれど、間に合うか知らん。
久々に宿題やってる気持ちです。
[PR]
by akisiko | 2007-11-21 17:13 | | Comments(2)

河よさらば

d0051707_920724.jpg

いよいよ冬がやってきた。

浜で20cmほどの積雪。山ではそれ以上。

近くの河も結氷しつつあります。

また来春会おう。
[PR]
by akisiko | 2007-11-21 09:21 | | Comments(0)
この土日はめずらしく連休。前もってわかる連休は年に数度。

このチャンスをアメマスでにぎわっている道東河川で過ごそうと企んでいたのだけれど・・・

連休前日、寒波+雪で道路はツルツル。
釣行を見合わせているうちに、畑の整理やら家の冬支度やらの些事が頭に浮かぶ。

土曜日はその雑用を片付け・・・

そうこうしているうちに片道300kmの遠征をする意欲がなくなってしまった!

日曜日は近郊河川(といっても80kmほどの距離だけれど)でお茶を濁すが・・・
d0051707_17454828.jpg

No Fish!ひさしぶりのボウズでした・・・

帰宅した後。
行くつもりだった道東河川の釣果をネットで見てみたら、今週もまだ爆釣だとのレポートが目に入る・・・(嗚呼!)

雪だろうがなんだろうが、やっぱり行きたくなったら行かなきゃならんのです。

遊びに行かずに後悔するなんて、これ、一番やっちゃいけないことだと反省しました。
[PR]
by akisiko | 2007-11-18 17:53 | | Comments(2)
d0051707_15441187.jpg

秋のホームリバー。
この時期になると、ラストチャンスを指折りに数えるようになる。
夏のように足繁く通うことはできない。
秋の陽はつるべ落とし。陽気の良い日を選んでわずかな時間を川で過ごす。

やる気のある鱒はいるはず。
そいつを探すためにインジケーター+ビーズヘッド・ニンフを流す。

流れの筋を変えながら、何度も何度も流す。
いつもの流れに魚はいない。

この時期の鱒は秋の空と同じように気まぐれなのだ。
どこにいるのか、消去法のようにニンフを流し続ける。
あたりのない時間が続く。

活性が低すぎるのかと思えば、驚くような流速の場所でストライクがあることが多いのも秋の特徴。

この日も渕尻から攻め上がって、あきらめかけた流れ込みのざら瀬で来た。
d0051707_1559171.jpg

すばらしい体高のオス。
2時間かけてこの一尾だけだったけれど、紅葉に映える魚体をみればもう欲は無い。

以降、ホームリバーに釣行する日は訪れず、この魚体が今シーズン最後の思い出に記されたのだった。

来期がくるまであと7ヶ月・・・長いなぁ。
[PR]
by akisiko | 2007-11-15 16:16 | | Comments(0)
オホーツク海。夏の釣りの風物詩。
それはカラフトマスなのであります。

8月に入ると海洋を旅していたカラフトマスが産卵のために接岸します。
生まれ故郷の河川に遡上しようと、河口に向かうのです。

しかしそこに行きつく前に、沖には定置網。
ギンピカでフレッシュな魚たちはそこで行き止まりをくってしまう。

お盆。漁師さんたちも海から上がるので定置網ははずされ、沖で徘徊していたマスは一気に岸へと向かいます。

北海道の遊漁規制は独特で、河川内でのサケ・マスの漁獲は禁止されていますが、海域での遊漁は(保護河川の河口周辺を除いて)OK。

良くも悪くも非常にユルイのです。

という事情があって、道内の釣り人たちもお盆時期をめがけてオホーツク海の浜に押し寄せます。

カラフトマスにとっては災難多き土地。。。
d0051707_1929586.jpg

私も今夏は、このサーモンフィッシングに挑戦しました。もちろんフライで。
なにしろ、家のすぐ近くの浜が有名ポイントになっているものですから。

カラフトマス用にダブルハンド・スペイロッドとフローティングラインを新調。
d0051707_19244151.jpg

初めてのスペイキャストは誠に難しい。
しかも浜に出撃してもなかなか魚が接岸している状況に当らず、「夕陽に向かってキャス練!」の日々が続きます。
d0051707_19252234.jpg

こんなきれいな夕焼けが見られるのはいいんだけど、連日釣果は無しでションボリ。

しかし、盆明けの8月18日。寝坊してだいぶ日が高くなってから出撃したのだけれど、大量接岸にぶつかりました。

波間にひしめくマスの群れ。
この状況を道産子アングラーは「爆」と呼ぶそうな。
d0051707_19255149.jpg

そして始めてのカラフトマスをキャッチ。無事に新竿の入魂が完了。

13フィート9番のロッドをきれいに曲げて疾走する銀色の魚体。
両手でグリップをもって「む゛~ッ」と踏んばらせる、そのスピード。

たまりません。。。
[PR]
by akisiko | 2007-11-10 19:29 | | Comments(0)
今シーズンは本当に雨が少なく渇水+高水温が続いたホームリバーであったが、8月に入ってようやくまとまった雨が降った。
このチャンスを逃すわけにいかない。すぐに川へ。

水位は増加、そして若干濁りが入っている。
この状況でドライに出るか?水温が急激に下がっていないだろうか?

夕暮れまでウェットを流す。反応があったのはアメマス。
やっぱり水温が下がっているのかも。

しかしそれは杞憂であった。
イブニングになると大渕のあちこちで激しいライズの飛沫が上がる。

結んだのはホロナイカディスの縮小版。サイズは#10。
ダウンで流して2尾の中型をキャッチした後、突然自分のすぐ後ろで大きなライズ音がした。

もう同じフライはボックスにない。
胸のフライパッチについていたくしゃくしゃの使い古しを結んで至近距離のアップにキャスト。

一発だった。

直後の疾走そして力強い引きから、これは逃がせないサイズだと感じる。
寄せては走られを繰り返して、ようやく魚がネットに収まった時にはあたりは真っ暗。
d0051707_17454239.jpg

自己記録を塗り替えることができた。
d0051707_17461647.jpg

この尾鰭と尻鰭!そして太い尾柄部。

何日かの間、この魚体が頭に残ってボーッとしていた。。。
[PR]
by akisiko | 2007-11-08 17:47 | | Comments(0)
偏屈な私は、ほとんどの場合において単独で釣り歩く。
行きたいときに川へ行き、帰りたくなったら帰る。
自分のペースで歩けるし、ポイントも荒らされない。最高だ。

しかし、釣友Nの場合は別なのだ。
大学時代から海・川・沼と遊び歩いた。
彼とフライロッドを振りながら、はしゃいだりがっかりしたりするのは別格なのである。

そのNと2年ぶりの再会。
杜の都から、北海道のこの僻地まで赴いてくれた。

よし、わがホームリバーをガイドしましょう。
秘密のポイントから、見え50upまで全公開。

釣りができるのはわずか3日間。
その間に何とか40オーバーの感触を味わってほしい。

北海道の深い川の、自然繁殖のニジマスがどれほどのパワーを持っているか。
ドライフライに激しくアタック、それからの疾走…

そういう魚に出会えるかどうかはガイドの腕と、山の神様次第。

というわけで、早速川へ向かったのでした。
d0051707_179535.jpg

これまで実績のあった大場所を選んで釣るようにして、小さなポイントは飛ばして歩く。
魚がいればデカイのが出るっていう、”いいとこ取り”の釣り。
しかし渡渉距離も長いので体力も使う。

いつもの「ホロナイカディス」はNのために巻き貯めてあったので、がんがん使ってもらう。
このフライは浮力が命。浮力が落ちてきたらどんどん取り替える。

しかし…魚の反応はなかなかに渋い。
d0051707_1793494.jpg

この一ヶ月、まったく雨が降らなかったので極度の渇水。
しかも世は3連休で入渓者も多く、プレッシャーが高い。
激シブコンディションなのでした。

3日あればそのうちに良型に出くわすだろう…というのは楽観的に過ぎたみたい…

たまにドライに出てくるけど、フッキングしない。
フッキングしたと思ったらスレ。

この時点でガイドは気づくべきなのでした。
お魚さんが求めているのはいつものどでかいフライではないということに…
d0051707_1710638.jpg

それでも、夕刻をむかえるにつれコンスタントにキャッチできるようになりました。
d0051707_17103396.jpg

元気いっぱいのニジマスや尺越えのアメマスや。

帰宅してからキープした魚を捌き、胃の内容物を調べてみると…
みっちりと入ったアリンコ・アリンコ。

ガイドはちっちゃくて黒っぽいフライを使うべきだったのです。
それを水面直下に浮かず沈まずで流すべきだったのです。

白っぽくてどでかいフライだったから、直前で反転されたりスレだったりしたのだ。

ごめんよ、N。おれもまだまだ修行が足りないみたい。

シーズンも終わろうとしている今、来年の盛夏のためにウェットアントを製作中。
d0051707_171175.jpg

作例1 ウェットアント #16

いろんなのを試して、オリジナル「ホロナイアント」を作ってみせるから、また一緒に川歩きしようぜ。
そのときは夏のシビアな状況でもビシバシだから!
・・・また楽観的に過ぎるかな。

おまけに。。。
d0051707_17182450.jpg

Nのジュニアも来道!そっくりじゃん!
親父似の釣りキチになるか・・・
[PR]
by akisiko | 2007-11-07 17:20 | | Comments(0)
ホームリバー開幕から約一ヶ月。今年は良型が出ない。

開幕直後はそれほど釣人が入っていないから、アクセスの良いポイントにも魚が溜まっている。
いい渕から40cmオーバーが立て続けに出る、なんてことがあるはずなのだが。

釣れども釣れども30代ばかり。
贅沢を言ってはいけないけれども、このあたりでリールを逆転させる良型を獲りたい。

・・・悶々としていた7月初め。
下手な鉄砲も当たった49cm。
d0051707_9485472.jpg

この美白ちゃんは、太い胴を完全に宙に浮かせてコイノボリのようなジャンプを見せた!

フライはいつもの「ホロナイカディス」
d0051707_9514017.jpg

#8・2xロングシャンクに巻かれた、北海道仕様のでかいフライ。
マドラーヘッドとアンダーウイングのCDCでぽっかりと浮かべる。
ヒゲナガ、セミ、バッタ、その他諸々の昆虫を一手に引き受けるので、6月から9月までドライはほとんどこのパターンに頼る。

カラーは赤茶のボディに白のウイングが最も反応が良い模様。バッタ対策にオリーブでも巻いてみたのだけれども、やはり赤茶+白が効く。

#8という大きさは、魚を水面まで引き寄せる効果が大きいようだ。
そして、中学生や高校生はアタックしてもフッキングしない。いわば未成年お断りの”R20(cm)指定”フライ。

一応レシピを。

 フック:TMC2302 #8
 ボディ:ヘアズイヤー(レディッシュ・ブラウン)
 ハックル:ブラウン
 アンダーウィング:CDC(ホワイト)
 ウィング:エルクヘアー(ブリーチド)
[PR]
by akisiko | 2007-11-01 10:26 | | Comments(2)