<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フェアリーリング

d0051707_14254952.jpg

山で見つけた不思議世界。輪状に生えるキノコ。

これは「菌輪」と呼ばれる現象で、土中で放射状に広がった菌糸の縁にキノコが生えることが原因だそうです。

ヨーロッパでは「フェアリーリング」と言うそう。
妖精(Fairy)たちが輪になって踊った踏み跡にキノコが残されたという民間伝承のひとつです。

このフェアリーリングは妖精界への入り口だと思われていて、立ち入ってはいけないものとして畏れられていたそうです。

実際に暗い林内に浮かぶ白いキノコの輪は、ちょっとかわいらしくて、ちょっと不気味ものに見えます。

フェアリーリング、怖いけれど覗いてみたい不思議世界への入り口です。
[PR]
by akisiko | 2006-10-08 14:39 | | Comments(1)

キノコ3種

北海道にくるまで、キノコ採りなんてしたことは無かったのだけれど、
秋に入ってというものの、毎日のようにキノコを採っています。

山仕事の師匠・新田さんには仕事だけでなく、その合間にキノコの種類や場所も教わっています。「山の仕事は楽しみもなくっちゃな」というのが新田さんの口癖。

d0051707_21125889.jpg

ハナイグチ

別名ラクヨウキノコ。カラマツの造林地に生えます。比較的見分けやすく見つけやすいので、北海道ではとてもポピュラー。たくさん採れて味も良し。汁物がいけます。
d0051707_21152249.jpg

ツバナラタケ

このあたりでは「ボリボリ」と呼ばれます。こいつはどこにでも出るし、量も採れる。
d0051707_21171370.jpg

モミタケ

トドマツ・アカエゾマツの林地にひときわ目立つ大型のキノコ。白いマツタケなんていわれるけど、香りや味は劣ります。バター炒めにして歯ごたえを楽しむ。

さて、是非とも狙いたいのはマイタケとホンシメジ。
だけど、こればっかりは新田さんも場所を教えてくれません。
山一年目の私には程遠い存在です。いつか自分で見つける日を・・・
[PR]
by akisiko | 2006-10-01 21:23 | | Comments(0)