カテゴリ:山( 48 )

【6月26日】ウェンシリ岳

唐突にブログ再開。今シーズンのあそびと風景を振り返ってみます。

まずは6月のウェンシリ登山。雪も融けて、シーズン初の山登りとなりました。
d0051707_10143279.jpg

西興部のウェンシリに登るのはこれで3回目。
標高差はないけれど、険しい稜線がかなりハードな登り道。
d0051707_10144456.jpg

よく晴れて、初夏の緑が最高。
d0051707_10144418.jpg

d0051707_10144570.jpg

山頂では根曲がり竹を数本採って茹でて、カップラーメンに入れて食べた。
これまた最高。
d0051707_10144311.jpg

日本で一番遅い桜なのではないだろうか?
エゾヤマザクラは残念ながら満開を過ぎ、可憐な花は残りわずかとなっていた。
[PR]
by akisiko | 2011-09-25 10:21 | | Comments(2)

トムラウシ(2)

d0051707_21173633.jpg

ピーク下の南沼野営地にて。
d0051707_2182518.jpg

テントを張ったのち、山頂を踏む。
d0051707_2119418.jpg

幻想的な眺め。

昨年は視界ほぼゼロ、冷たい雨が吹きつけて、8月なのにダウンを着て山頂に立ったものでした。
今年は違う世界に来ているみたい。
d0051707_2122551.jpg


くたびれきって山を降りたあとは、恒例の佐々木寿司が待っていました!
d0051707_21241083.jpg

[PR]
by akisiko | 2010-08-21 21:24 | | Comments(0)

トムラウシ

一年ぶりの挑戦、トムラウシ山。
昨年は強風と冷雨に負けて断念したルートを再び踏む。
今回も旭川の佐々木家のバックアップを全面的に受けての登山。
一日目は佐々木父さんと息子が登山道まで車で送ってくれた上に、昼食ポイントの扇沼まで同行してくれた。
d0051707_16113369.jpg

美瑛から入山するこのルートは、マイナーなうえに錠付き国有林ゲートをくぐらなければならないため、佐々木さんのサポートは必要不可欠。
d0051707_1611536.jpg

天気予報では曇りor雨という期待できない天気だったが、登ってみればこの通りの絶景。
d0051707_16122233.jpg

カムイミンタラ=「神々の遊ぶ庭」。
この地の神様たちは、この草原や沼のほとりで舞を踊ったりして遊んでいるのだろうか?
その光景を切望するがゆえ、去年に続いての挑戦であったわけ。
d0051707_16125079.jpg

あまりの美しさに、私たちも舞を踊ったり奇声を発したり・・・
それにしても大雪の山の圧倒的な迫力。
[PR]
by akisiko | 2010-08-18 16:15 | | Comments(2)

旭岳滑走

旭岳ロープウェイを使って、カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)の山麓を滑った。
d0051707_21282784.jpg

雪山フリークのモッチにご教授お願いして、初めての「パウダー」なるもので遊ぶ。
d0051707_21284310.jpg

ガツガツと滑って、急いでロープウェイで登り・・・ということを4時間の間繰り返してクタクタになっちゃった。
d0051707_2129098.jpg

思えば自然を愛でる余裕もないほど遊びまくったのだが、ふと立ち止まれば静寂。
立派なエゾマツたちが俺を見下ろして、「ま、好きなようにやれや」とばかり。
お邪魔しました・・・
[PR]
by akisiko | 2010-01-31 21:29 | | Comments(5)
・・・という遊びをモッチとともに敢行。
d0051707_1953427.jpg

誰もいない、踏み跡ひとつない無垢の雪面。
もちろんあのてっぺんまで登るのです。
俺はスキーで、モッチはボードを背負ってスノーシューでの登攀。
これが・・・きつい!-18℃のなか、汗だくになってラッセルを続ける。
d0051707_1959219.jpg

2時間半後・・・
d0051707_201481.jpg

うひょー!てっぺん、すげー!!ばかなので高いところ大好きです!!
んで、頂上でビール飲んで、モッチのJETBOILで湯を沸かしカップラーメン食って、
さっそく下る準備。
d0051707_20112535.jpg

さあ、ゆけ!
見よ、スピード感あふれる、ボーダー・モッチの滑りを。


おまけ
[PR]
by akisiko | 2010-01-17 20:18 | | Comments(6)

山スキーの練習

d0051707_22574261.jpg

東京にて購入したスキーで早速山に入ってみる。
お気に入りの246林班・円山林道から小ペンケ林道へ。
d0051707_22593495.jpg

約2時間の登りでてっぺんに着く。今日は吹雪でした。
そして造林地を滑り降りて下山。

BCスキーはまことに難しい。こりゃ練習のしがいありです。
[PR]
by akisiko | 2010-01-06 22:59 | | Comments(6)

初詣は山へ

町屋発、筑波行き!
d0051707_22242733.jpg

新年初の登山は百名山のひとつ、茨城は筑波山へ。
すずちゃんとツネ兄さんに連れて行ってもらいました。
d0051707_2229828.jpg

つくばエクスプレスで向かう。関東平野に浮かぶあの山が目指す参拝の地。
東京近郊の低山か・・・なんて馬鹿にしていると痛い目にあいます。
d0051707_22275876.jpg

巨木の中を登り・・・
d0051707_22281542.jpg

巨岩をくぐって降りる・・・
古くからの信仰の山だけあります。下界とはちょっと違う、神妙な空気がありました。
(とくに奇岩群は超常的だと思いました、個人的に)
d0051707_22374569.jpg

ともあれ、今年も無事に山遊びができますように!
[PR]
by akisiko | 2010-01-06 22:45 | | Comments(2)

冬将軍のごあいさつ

11月に入ったとたん、ドカ雪。
d0051707_21474082.jpg

気温-4度。ファーストコンタクトとしては大変手厳しいものでありました。
[PR]
by akisiko | 2009-11-04 21:51 | | Comments(0)

夏休みの思ひ出・・・

もう一か月も前の話ですが・・・

今年の夏はトムラウシに行く!というのは冬から決めていた計画でした。

とにかくカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼ばれる風景を見たいというのがその動機。
人を寄せ付けぬ高山に、神にしか見ることのできない桃源郷がある・・・そんなイメージ。

今年7月には夏山としては史上最悪といわれる遭難事故があったけれど、
それでもなお行きたい気持ちは治まらず。いやむしろ、高まるくらい。

というわけで、お盆休みは2泊3日を費やしてトムラウシへ。

前日旭川入りしていつもお世話になりっぱなしの佐々木宅に宿泊。

翌朝その佐々木さんに登山口まで送ってもらって、
山越の下山後は再び佐々木さんに迎えに来てもらう・・・
・・・っていう、あつかましいくらいの「おんぶにだっこ」コース!

だったのですが・・・
d0051707_2112915.jpg

天候は最悪!
強風と霧雨のなかキャンプ地までたどりついてヘトヘトの状態でテントを張ったのですが、
朝まで強風は吹き続け、視界は常に50m未満。

翌朝、かろうじてトムラウシ山頂は踏んだものの、
あまりにも条件が悪いのでルートを変更して来た道を引き返すことになったほどです。
d0051707_21244682.jpg

カムイミンタラを目にするなんてもってのほか。
かろうじてその片鱗を見たのは一瞬のことでした・・・
d0051707_21214583.jpg

うーん。行程途中の一瞬でも雰囲気のある沼。
核心部の光景はさぞかし・・・これはリベンジが必要ですな。
[PR]
by akisiko | 2009-09-10 21:26 | | Comments(2)

黒岳登山記録会

旭川の佐々木さんに誘われて、大雪の山に登ってきました。
d0051707_21131515.jpg

早朝の天候は雨。
本当に天気にはあたりが悪いのです。
お盆休みのトムラウシ登山に引き続き悪天候なのかと思いきや・・・
d0051707_2119441.jpg

黒岳山頂に着くや、言葉にならないほどの眺望が目の前に現れました!
d0051707_21153934.jpg

d0051707_2133323.jpg

見事な色彩の紅葉と雄大な姿を見せる大雪山系・・・これ以上ない景色に絶句。
圧倒的に感動させられて、ほんと、もう、これ以上求めるものは一切無い!現世なんてどうでもいい!!

・・・というくらいのインパクトを受け、
温泉につかって身も心も清められ、
疲れてグッタリしたところでビールが程よく効き、
憑きモノが落ちたかのようにさっぱりとして明日からまたがんばろうっと。
[PR]
by akisiko | 2009-09-06 21:31 | | Comments(4)