カテゴリ:書( 1 )

山と釣りと本

旅行用に読む本を探そうと思って神保町を徘徊。面白そうな本が次々と目に入ってきて、ついつい買いすぎてしまった。
釣り旅行前ということもあって、選んだテーマは必然的に「山」「釣り」「旅」になった。
d0051707_09124851.jpg
「山里の釣りから」 内山 節  農文協 2014
哲学者・内山節の著作集が農文協から発売されていて、絶版となっていたこの本がまた手に入るようになった。
d0051707_09124281.jpg
「サバイバル登山家」 服部 文祥  みすず書房2006
情熱大陸を見て、愚直なまでのストイックさ、裏腹にもつ無邪気さ、そして滑落シーンにちょっと衝撃を受けて著書も読んでみようと思った次第。
日勝峠からえりも岬まで24日間で縦断するサバイバル山行など、常人には信じられない内容。
d0051707_09124985.jpg
「サバイバル!ー人はズルなしで生きられるのか」 服部 文祥  ちくま新書2008
 
d0051707_09125333.jpg
「全ての装備を知識に置き換えること」 石川 直樹  集英社2009
私と同じ年齢の冒険家・写真家のエッセイ。
無駄をそぎ落として、よりシンプルに。序文ではpatagoniaの創業者イヴォン・シュイナードとの対話を通して、現代における冒険の方向性を確かめる。
今回の旅で読むにはうってつけの一冊。
d0051707_09125731.jpg
「ヒマラヤを釣る」 根深 誠 山と渓谷社1989
立ち寄った古書モールというスペースで出会った一冊。1980年代にフライロッドをもってヒマラヤを旅したなんて!
古書店はこういう出会いがあるから面白い。
d0051707_09125571.jpg
「白神山地をゆくーブナ原生林の四季」 根深 誠  中公文庫1998
根深誠の著書を読んだことがなかったので、同じ古書モールで見つけて一冊。
d0051707_09124410.jpg
「ブチ破れ林業の壁 あきらめなければ夢は叶う」 湯浅 勲 全国林業改良普及協会2013
神保町に農文協の農業書専門店があるのを見つけて入店。以前から農文協ファンである私とNは、案の定長居してしまった。
その中で購入した一冊。湯浅勲は日吉町森林組合を改革した、業界では有名人。
本書は未熟な林業従事者からの質問に答えるという形式で構成されているが、ビジネス書としては拙い内容と言える。
それはそのまま森林組合という組織の未熟度や旧態依然とした体質が現れていると思う。
そんな中で湯浅勲は丁寧に、時に厳しく答え、また人間としての成長も説いていく。氏の懐の深さが見える。そのあたりが読みどころ。
しかし、出版物としての編集や挿絵は劣悪。これもまた全国林業改良普及協会というよくわからない、お役所天下り的な機関の姿が具象化している気がしてならない。
ボリュームは軽く、御茶ノ水から八王子に着くまでに読み終えてしまった。


[PR]
by akisiko | 2015-03-25 10:47 | | Comments(0)