カテゴリ:食( 68 )

エゾシカ肉のトマト煮

一日中振り続ける冷たい雨で、家に閉じこもっていました。
冷凍庫に眠っていた鹿肉の塊を解凍してトマト煮を仕込みます。

参考にしたのは以下のレシピ。
なるべくシンプルな材料で、シンプルな調理法を。
http://cookpad.com/recipe/715817
http://www.e-shikaniku.com/recipe08.html
d0051707_19533552.jpg
夕食にはパスタに仕立てて食べました。うん、いけます。雨降りに合いますね。
d0051707_19560126.jpg
こちらはおとといの夕食。時期真っ盛りの山菜たちの天ぷら。
ウド、タラの芽、ギョウジャニンニク、ヨモギ、まさに山菜のオールスターといったところ。
こちらはざるうどんとともにいただきました。

[PR]
by akisiko | 2014-05-16 19:58 | | Comments(2)

冬のあったかごちそう

-10℃の夕暮れに帰宅すると、玄関前には発泡スチロールの箱が置かれていた。
d0051707_21574767.jpg
なかにはKさんからの差し入れ、おでんの鍋!まだ暖かいぞ。
薪ストーブに火を入れながらさっそくつまむ。

ふぅー!これはありがたい。冷え切った体に家庭の味が染みます。

しかもこのおでんは北海道の山菜バージョン!フキとワラビがいい感じでだしを吸って大変おいしいのでございます。
ありがとうございましたー。
d0051707_21574751.jpg
我が家の夕食のメインは自家製辛みそラーメンでした。
化学調味料は一切なし。手作りみそをベースに、豆板醤、コチュジャンなどで作った安全安心ウマ辛ラーメンです。
あいかわらず自分で作ったラーメンはウマいですww

ラーメンに関しては、その辺の店で食べてもあまり満足できる味に出会えないんですよね。
みなさんの味覚とずれているんでしょうか。
それよりも自分で作った方が断然旨いと思ってしまいます。
そんなわけでちょくちょく自宅で手製ラーメンを作っているわけです。
また機会があれば手前ラーメンをご紹介します。

[PR]
by akisiko | 2014-01-31 22:26 | | Comments(1)

牡蠣蕎麦

d0051707_1492374.jpg

日曜日の昼食にカキそばを作る。
潮の味が効いたつゆに田舎そば。あたたかい汁物が身に沁みる季節となりました・・・
カキがちょっと少なかったけれどね。

以前食べた網走のしば乃屋さんのかきそばはおいしかったな・・・
[PR]
by akisiko | 2013-11-10 14:17 | | Comments(0)

11月の味覚

野外へ遊びに行きたいのだれど、冬支度やら天候不順やらでなかなか出かけられない。
仕事の方もなにやら。世は3連休だけれど、当方は10連勤中。さらに6日間続く見込み・・・

というわけで釣りネタがなかなかアップできず、今回も食欲の秋の巻~。
d0051707_20113999.jpg

実家から届いた銀杏を薪ストーブであぶって食べる。
d0051707_20143925.jpg

ショーチューお湯割りのいいつまみになります。
ギンナンは奥歯でカキッと殻を割ってからアルミホイルの上へ。
次第に殻がこんがり焼けてきて、香ばしい匂い。
実が翡翠色に透き通って、ちょっとだけ焦げた頃が食べごろ。
小笠原の塩をつけて口にほうりこむ・・・ん、んまい!

私の生まれはイチョウ並木の下。生粋のギンナン・イーターなのです。
d0051707_20234763.jpg

こちらは防衛省さんが自衛のために作っているたくあんなのですが。
d0051707_2026599.jpg

さすが国民の味。なかなかうまいんです。
訓練をされている方々は、これをおかずに飯盒の白米をかきこむのでしょうか・・・想像しただけで二合くらいいけそうです。
d0051707_20282687.jpg

切り漬けを漬けてから2週間目で味見をしてみました。
最高ですねー!
でも、もっと旨味を!さらなる熟成に一週間待つことにします。
おすそわけはしばしお待ちを~。あんまり味見ばかりしているとそれまでに無くなっちゃうかもな・・・
[PR]
by akisiko | 2013-11-03 20:33 | | Comments(5)
雨で暇なので漬物づくり。

「なまくら漬け」も職場のおばさんに教えてもらいました。
大変ざっくりした作り方だったので分量などはレシピ検索して調査。
どうやら全国各地にある漬物みたいです。材料もさまざま。
なまくら=なまけものでも簡単にできる漬物、ということでこの名前らしいです。

漬けたらあとは放っておくだけ、発酵もなし、というお手軽漬物。ビギナーの私でも安心です。
d0051707_14195545.jpg

大根は生でOKなのですが、4日ほど干していたものがあったのでこれで漬けることに。
皮をむいたのとむかないのとどちらがおいしいか試すために両方入れてみました。
d0051707_14184226.jpg

材料を入れて調味料をダバーっといれておしまい。食べごろは3週間後。

*今回の材料

*大根 4日干し 2本 2.8kg
*しょうゆ         250cc
*てんさい糖       250g
*酢            85cc
*昆布           20cm
*鷹の爪         3本
[PR]
by akisiko | 2013-10-25 14:34 | | Comments(0)

オホーツク産ブリを食す

雄武よりブリが届く。
近年、鮭の定置網にブリがたくさん入るようになったのです。
ほとんどが市場に出ず、漁師さんたちが自家消費しているとのこと。

d0051707_8421252.jpg

巨大なおすそわけが我が家にも届きました。Yさん、どうもありがとうございました!

まな板に乗らないので食卓の上で解体開始。
d0051707_8452743.jpg

お、めずらしく上手くいってます。
d0051707_8455845.jpg

とりあえず刺身!脂が乗り過ぎていてちょっとくどいです。
それから内臓の煮込み。胃袋、心臓、卵巣が入ってます。酒のつまみに最高!

翌日はブリ大根、ブリしゃぶ・・・とフルコース。贅沢だあ。
[PR]
by akisiko | 2013-10-25 08:49 | | Comments(0)

切り漬けに挑戦

秋は漬物の季節。店先にも漬物コーナーが並びます。

職場の仲間に切り漬けのレシピをもらったので、初めて漬物に挑戦してみることにしました。

切り漬けは北海道ならではの食。
秋野菜と魚の干物と麹を一緒に漬けこんで、野菜がもっている乳酸菌とともに発酵させるのが特徴。

今回はもっともポピュラーな身欠きニシンを使ったレシピでやってみました。
ニシン漬けなんて呼ばれているそうです。

ちなみに漁師町の雄武では塩鮭を使った切り漬けを良く頂いて食べました。
ネットでレシピを検索していろいろ参考にしました。根室では干しコマイを使って作るようです。
道内各地で作られていて、家庭によって作り方も味も違うのでしょう。

さて秋も深まる日曜日、材料をそろえて漬け込み開始。
d0051707_1145824.jpg

スーパーではこんな風に売っていました。「北海道の味」とあるけれど原産地はアメリカ。道産にこだわりたいけれど、このご時世では仕方ないか。
d0051707_1144963.jpg

一晩米のとぎ汁で戻します。うちは玄米なのでとぎ汁がないから、白米を少々入れました。
d0051707_11102175.jpg

材料を切って準備完了。重さをはかって塩の分量を割り出します。

大根とにんじんは農家のKoiさん家から頂きました。
超立派な大根です。乱切りにしながらつまみ食いしたけれど、旨くて何切れも食べちゃいました。
大根=辛い?ノンノン。新鮮でおいしい大根は、梨のように甘くてさわやかなんですよ。
d0051707_1110826.jpg

もう一つの重要な材料、麹。
本別町の渋谷醸造さんの麹を買ってきました。
d0051707_11174836.jpg

一斗ダルにまず塩と麹を振ってから、大根、キャベツ、にんじん、しょうが、ニシン、麹、塩・・・と樽に入れてゆき、数回に分けて層状に重ねます。

重石は最初の2~3日を10kg、その後5kgの予定。
3週間後に食べられる見込みです。どうなるかな~。

関東の方々でも手に入りやすい材料です。
でも雑菌がはびこるといけないのでもし作るのであればもう少し寒くなってから、11月中旬以降をおすすめします・・・

※備忘録がわりに今回の分量

*大根    2本  3450g  皮をむかずに乱切り
*キャベツ  1個  1250g  ざく切り
*にんじん  1本  340g   千切り
*しょうが  1袋         千切り

*身欠きニシン 10本     1cm幅に切る
*鷹の爪     5本

*麹     1袋   200g

*塩 大根+にんじん+キャベツの3% 150g 

*樽15L 重石 5kg
[PR]
by akisiko | 2013-10-20 11:35 | | Comments(3)

薪ストーブPIZZA

d0051707_20243122.jpg

夏なのに薪ストーブに火を入れる。
これでピザを焼こうと思い立ったのです。
d0051707_20252682.jpg

生地は強力粉200gにイーストと塩。2次発酵なしの適当レシピ。
d0051707_20282066.jpg

マルゲリータでいきます。食材は他に瓶詰のトマトピューレ、以上。
d0051707_2029560.jpg

ストーブ内が熾きになったら準備完了。
アウトドア用のフライパンに生地を用意して、いざ投入。
d0051707_20302974.jpg

なんと、1分で焼けます。
もちっとして香ばしく焼き上がった生地。
トマトとモッツァレラとバジルの相性。
はっきり言って絶品!これほどうまくいくとは思わなかった!!

鉄板ストーブなので、熱源は炭から直接焼き上げる感じ。上からの熱が加えられない。
それでもストーブ内は高温なのでチーズはトロっと仕上がるけれど。

これが鋳造のストーブならば耳がカリっとしたり、チーズに焦げ目がついちゃうんだろうか・・・
[PR]
by akisiko | 2013-06-30 20:38 | | Comments(3)

山ウドの生ハム巻き

ウドのシーズン真っただ中。
毎日ウド食べても飽きない我が家に、農家の鯉住さんが山菜レシピ集を持ってきてくださいました。
d0051707_21431620.jpg


なかでもこれ!
これは旨そう!早速明日ウド採ってきてやってみたい!!
さすがサッポロ、道民の味をわかってらっしゃる・・・

山菜レシピ集にはほかにも気になる料理が満載。
追って掲載します。
[PR]
by akisiko | 2013-06-05 21:45 | | Comments(0)
d0051707_19192164.jpg

十勝の情報誌「Chai」に載っていたアスパラの茹で方です。
アスパラが手に入った方は参考にしてくださいね。

ちなみに10:3の塩加減は私はやったことがありません・・・
[PR]
by akisiko | 2013-05-29 19:22 | | Comments(2)