カテゴリ:食( 73 )

うなぎ

昨年夏には北海道に来てわが家を拠点に一緒に釣りをし、今年春は東京のシーバスと東北のサクラを共に追いかけた、同級生O。
アイツからステキなプレゼントが届いた。
d0051707_21281987.jpg
このところ彼は、ウナギを釣っては無邪気に遊んでいる様子。その獲物である貴重な天然ウナギを、なんと活魚で送ってくれたのだ。
袋詰めのウナギに氷を同梱しクール輸送。酸素補給の錠剤まで入れてくれた。
低温による仮死状態で届く予定だったのだが、残念ながら生きている姿は見られず。
d0051707_21283928.jpg
二ホンウナギは2014年に絶滅危惧種に指定された。希少な種なのだ。

包丁を研ぎなおして、さっそくさばきにかかる。
d0051707_21281981.jpg

「鰻の資源の枯渇が叫ばれて久しいが
その根本はなによりシラスウナギの乱獲。
年に5億本(一部資料による)もの蒲焼きが消費されることは
どう見ても異常。
スーパーに365日並べなきゃいけない法律でもあるのだろうか?
ウナギ屋と言うのは時間がかかる。
鰻を自分で焼くと分かるが
焼くのに時間が掛かる。
その時間に鰻の大切なものが詰まっている。
お金をだして食べるなら
プロが焼いた鰻を食べてほしいなと思う。」
FIELDNOTE 「穴2015」より
d0051707_21284569.jpg
私はスーパーで売られているウナギのかば焼きを買うことはない。
それらは天然のウナギの仔魚を乱獲して養殖されたものであり、購入することによって資源の枯渇は加速するからだ。
さらに、そのほとんどが中国産である。国産と謳われていても、国内で一定期間蓄養されていれば「国産」。
二ホンウナギの仔魚の価格が高騰したため、ヨーロッパウナギや他の世界中の近縁種が乱獲され養殖され日本に輸出されているのが事実。

日本で売られているウナギ、99%が絶滅危惧種。どうなる、土用の丑の日?

ウナギだけではなく、マグロをはじめとした数多くの水産資源を大量に輸入し、そして資源を食いつくしている国。それが私たちの日本。
d0051707_23045364.jpg
教えられた通り、中骨と頭を焼いてたれに入れ濃厚な味を出す。
肝と頭があまりに美味しそうだったのでつまみ食い。
d0051707_21285056.jpg
それでは絶滅危惧種を釣って食べるというのはどうなのだろうか?
Oによれば、関東近郊でも条件のそろっている環境には普通に生息しているということ。
ウナギが川から遡上することができて、住みかと餌が確保できる川。そんな場所を探しながら釣りをしているらしい。
そんな話を聞くと、こんな疑問が浮かび上がる。
ーウナギが身近な生き物だということを、私たちが知らないだけなのではないか?ー

ウナギの減少の原因は
・仔魚の乱獲に依存する非持続的な養殖方法
・生息環境の減少
それに加えて
・私たちの生物としてのウナギに対する意識の欠如
っていうことなのじゃないかな?

もちろん、多くのひとが日常的にウナギを釣って食べるには、あまりにも資源は乏しすぎる。
その資源管理は、先進諸国の環境保護施策を見習って、行政主導で行うべきだと思う。
d0051707_21472155.jpg
さて、ウンチクが長くなりましたが、自家製ウナギのかば焼きが完成。
天然ウナギの味、もちろん極上。
関西風に蒸しをいれずに焼いた身。ふっくら、しっかり、ほろり。さまざまな食感が楽しめる。
焦げる手前まで焼けた皮の香ばしい匂い。たれの焦げた香り。
ごはんにもしっかりと特製のたれをかけて…旨い!

そして、「釣ったものを食べる」っていうのは、釣りの本質にかかわるのではないかと改めて感じる。
普段私が行っている淡水マス類の釣りではキャッチ&リリースがメインだけれど、それはやはり資源量を鑑みてのこと。

でも。
食べることを含めて釣りの楽しみは完結するのではないか。
思えば三陸の学生時代、釣った獲物をオカズにしたりみんなでワイワイと宴の肴にしたりというのは日常であったな。

お金さえ出せばおいしいものが得られるという風潮が、今の社会に浸透していると思う。

自ら苦労して得た獲物、苦労して育てた収穫物のおいしさ。
その原始的な喜びは、きっと人間が生きている喜びに直接つながるはずなのだ。

なんだか急に「食べるための釣り」したくなったな。
そんなことを考えさせてくれた今回の贈り物。Oよ、ありがとう。

[PR]
by akisiko | 2016-07-13 18:00 | | Comments(8)

ニンニクの芽

d0051707_05460611.jpg
栽培しているニンニクの先っぽがひょろっと伸びて、つぼみが付いた。
いわゆる、ニンニクの芽だ。今まで、その名のとおり芽だと思っていたのだけれど、本当は花茎という部分。
根っこのほうに栄養がいくように、花茎は刈り取る。
d0051707_05460644.jpg
ぽきぽきと折って、今日のおかずになりそう。
d0051707_05460769.jpg
ひき肉、卵、トマトと一緒に炒めたら、元気がつきそうな一品になった。
d0051707_05460663.jpg
メインはホタテ稚貝のパエリア。
d0051707_05460722.jpg
別の日だけど…稚貝といくらのスパゲッティも旨かった。
ホッカイドー・シーフード、最高。

[PR]
by akisiko | 2016-06-12 05:58 | | Comments(6)

山菜天ぷらそば

d0051707_22103039.jpg
ウドとタラの芽は山菜界の二大巨頭
山の恵みの季節が来ました
d0051707_22103001.jpg
盛りそばにはコイツ、天然わさび
d0051707_22103185.jpg
ほだ木シイタケ天、ゆで玉天、うましうまし。


[PR]
by akisiko | 2016-05-16 21:21 | | Comments(2)

アスパラとピッツァ


d0051707_18104082.jpg
いっしょにあそぶ?
d0051707_18104036.jpg
庭の野良アスパラが出始めた。
d0051707_18104006.jpg
採れたて茹でたて、最高の味。
d0051707_18104074.jpg
メインは今シーズン最後になるかと思われる薪ストーブピッツァ。十勝マッシュルームでした。

[PR]
by akisiko | 2016-05-09 19:00 | | Comments(0)

さいきん食べたもの

d0051707_17174480.jpg
跳ねるので、と渡されたナプキンの前に供されたスパカツ!
d0051707_17174458.jpg
と、ナポリタン。B級グルメのど真ん中をいくお味で、たいへんおいしかった。
d0051707_17192940.jpg
珍しくパンで夕食。ハマボウフウ、ギョウジャニンニクのおひたし、鹿煮込み、根菜スープなど。
d0051707_17251818.jpg
ごんぶとギョウジャニンニクでしゃぶしゃぶ。これは最高です!

[PR]
by akisiko | 2016-04-30 20:00 | | Comments(0)

貧乏正月の食卓より

ここ数日食べていたもの…
d0051707_16554951.jpg
雄武の漁師の味、飯寿司
d0051707_16554906.jpg
群馬の養魚場で覚えて以来、サケマスの料理法では飯寿司と並んでこれが一番好き
秋鮭の頭の味噌焼き
d0051707_16554939.jpg
秋鮭白子のニンニクムニエル
d0051707_16561945.jpg
元旦の朝、質素かつ正しい朝ごはん
d0051707_16554986.jpg
唯一おせちっぽい常備菜 白花豆とこんにゃく
d0051707_16561939.jpg
鹿肉のすき焼き
d0051707_16562091.jpg
残りの鹿肉とこんにゃくとごぼうの煮込み
d0051707_16561948.jpg
手製にぎり第2弾はなんと!雄武からいただいた鮭児!人生初の鮭児のにぎりかな。それとしめさば。
脂がのってなめらかな舌触り。確かに旨い。
脂の中にシロザケ特有のにおいがする。それを臭みととるか、旨さととるかは食べる人次第。

お粗末さまでした…

[PR]
by akisiko | 2016-01-04 17:25 | | Comments(2)

エゾシカ肉のヒレカツ

d0051707_20291940.jpg

[PR]
by akisiko | 2015-12-16 20:32 | | Comments(0)

シイタケ

うちのほだ木のシイタケが大きくならないのは、水分が足りないからだというアドバイスを受け、設置場所を変更。水やりもたっぷりと。
すると食べられるくらいの大きさに成長。
でも、もうそろそろ春のシーズンは終わりみたい。
d0051707_18132779.jpg
オリーブオイルで焼いたら、食べごたえシッカリ、旨みが詰まっていました。
d0051707_18133731.jpg
ウドとベーコンとシイタケの煮物。煮ても肉厚シイタケはヘタレない。
冷蔵庫にあった残り物での適当料理でも旨いのは、素材の力か。


[PR]
by akisiko | 2015-05-19 18:21 | | Comments(0)

ニジマスを食す

d0051707_21094241.jpg
いつもはリリースしているニジマスだけれど、今日はあまりに美味しそうだったから3尾をキープした。
今日行った釣り場では、クーラーボックスに釣って持ち帰る餌釣り師もたまに見かけるけれど、今のところ魚の再生産力のほうが漁獲量を上回っている様子。
だから私が3尾ほど持ち帰っても何ともないだろう。
d0051707_21094253.jpg
40クラスを刺身に。
とにかくよく肥っていて、身が厚い。
川魚の刺身は寄生虫の危険が伴うけれど、まあいいやって食べてしまった。
これが旨い。ニジマスってこんなに旨かったのか!ってほどの味。
ねっとりと舌に乗るけれど、後味さっぱり。海産魚の脂のようなくどさはない。
ニジマス君、やるな。
d0051707_21094210.jpg
尺クラスは「ニンニクムニエル ベーコンとチーズ詰め」に。
おなかに刻んだベーコンととろけるチーズを仕込んであります。
以前、ベネズエラ料理の紹介記事(http://vagabundeo.exblog.jp/18814218/)でも書いたけれど、日本人なら「えっ?」と思ってしまう魚と肉と乳製品の合体料理。
しかし、ニジマスとベーコンは最高に相性がいい。
うまいうまいと言いながらペロリと完食。

久しぶりに食べた野生の虹鱒は本当に美味しかった。
けれど、みんながみんな、食べたい欲望のままキャッチ&キープをしていたら、川の資源は枯渇する。
かつて散々釣りまくった人ほどそのことをわかってなくて「昔はたくさんいたんだがなあ」なんてことを言う。
今の北海道には内水面の釣りのルールがないから、釣り人の自主的なキャッチアンドリリースがいまより普及すればと思う。

一方、釣りの根源的な楽しみは食料としての獲物を捕まえることだから、食べることと切り離してスポーツフィッシングのみにしてしまうのもなんだかさみしい話だ。

現代社会のジレンマのひとつではあるけれど、端的にいえば国土の自然が養える人口のキャパシティを大幅にオーバーしているということ。
ということは自然をいたわりつつ自分たちの食料を賄わなければならない。その方法を考えなければならない。
日本にないからって輸入していてもだめですよ。これは世界中で起きている問題だから。

あ、話がでかくなりすぎた。

狩猟採集したものを食べるっていうのは体にも心にもいいものです。
そしてそれは環境にもいいか、持続的であるかどうかを考えればさらにベター、ということだと思います。


[PR]
by akisiko | 2015-05-17 21:57 | | Comments(0)

C級飲み屋の旅

飲むと言ったら激シブなお店ばかり。
d0051707_2138217.jpg

本郷で連れて行ってもらったここも、なかなか。
もちろんコロッケと焼きそばは注文しました。他にもオリジナルメニューの「まきば」も。
このお店の凄い所は、安い飲み屋でありながら、お客もそれほど入っていないというところなんですね。
料理も雰囲気も悪くはないのだけれどね。



d0051707_21385126.jpg

今日は平日の真昼間っから、立ち飲みの聖地・上野に行ってきました。
d0051707_21381293.jpg

正午ごろでも大盛況で皆さんやってらっしゃいます。

スーパードライ大瓶、390
モツ煮込み、300
ハムカツ、300
ホタルイカ、350
しめて¥1340なり。激安です。
立ち飲み屋は料理が一品運ばれてくる度に現金会計です。
だから小銭はテーブルに散らかしたまま。
追加でビールもう一本、あと鶏のから揚げ。でも千円でおつりが来ます。
ぱっと飲んでさっと去る。いいねえ、この感じ。
[PR]
by akisiko | 2015-03-26 22:05 | | Comments(0)