カテゴリ:食( 62 )

ニンニクの芽

d0051707_05460611.jpg
栽培しているニンニクの先っぽがひょろっと伸びて、つぼみが付いた。
いわゆる、ニンニクの芽だ。今まで、その名のとおり芽だと思っていたのだけれど、本当は花茎という部分。
根っこのほうに栄養がいくように、花茎は刈り取る。
d0051707_05460644.jpg
ぽきぽきと折って、今日のおかずになりそう。
d0051707_05460769.jpg
ひき肉、卵、トマトと一緒に炒めたら、元気がつきそうな一品になった。
d0051707_05460663.jpg
メインはホタテ稚貝のパエリア。
d0051707_05460722.jpg
別の日だけど…稚貝といくらのスパゲッティも旨かった。
ホッカイドー・シーフード、最高。

[PR]
by akisiko | 2016-06-12 05:58 | | Comments(6)

山菜天ぷらそば

d0051707_22103039.jpg
ウドとタラの芽は山菜界の二大巨頭
山の恵みの季節が来ました
d0051707_22103001.jpg
盛りそばにはコイツ、天然わさび
d0051707_22103185.jpg
ほだ木シイタケ天、ゆで玉天、うましうまし。


[PR]
by akisiko | 2016-05-16 21:21 | | Comments(2)

アスパラとピッツァ


d0051707_18104082.jpg
いっしょにあそぶ?
d0051707_18104036.jpg
庭の野良アスパラが出始めた。
d0051707_18104006.jpg
採れたて茹でたて、最高の味。
d0051707_18104074.jpg
メインは今シーズン最後になるかと思われる薪ストーブピッツァ。十勝マッシュルームでした。

[PR]
by akisiko | 2016-05-09 19:00 | | Comments(0)

さいきん食べたもの

d0051707_17174480.jpg
跳ねるので、と渡されたナプキンの前に供されたスパカツ!
d0051707_17174458.jpg
と、ナポリタン。B級グルメのど真ん中をいくお味で、たいへんおいしかった。
d0051707_17192940.jpg
珍しくパンで夕食。ハマボウフウ、ギョウジャニンニクのおひたし、鹿煮込み、根菜スープなど。
d0051707_17251818.jpg
ごんぶとギョウジャニンニクでしゃぶしゃぶ。これは最高です!

[PR]
by akisiko | 2016-04-30 20:00 | | Comments(0)

貧乏正月の食卓より

ここ数日食べていたもの…
d0051707_16554951.jpg
雄武の漁師の味、飯寿司
d0051707_16554906.jpg
群馬の養魚場で覚えて以来、サケマスの料理法では飯寿司と並んでこれが一番好き
秋鮭の頭の味噌焼き
d0051707_16554939.jpg
秋鮭白子のニンニクムニエル
d0051707_16561945.jpg
元旦の朝、質素かつ正しい朝ごはん
d0051707_16554986.jpg
唯一おせちっぽい常備菜 白花豆とこんにゃく
d0051707_16561939.jpg
鹿肉のすき焼き
d0051707_16562091.jpg
残りの鹿肉とこんにゃくとごぼうの煮込み
d0051707_16561948.jpg
手製にぎり第2弾はなんと!雄武からいただいた鮭児!人生初の鮭児のにぎりかな。それとしめさば。
脂がのってなめらかな舌触り。確かに旨い。
脂の中にシロザケ特有のにおいがする。それを臭みととるか、旨さととるかは食べる人次第。

お粗末さまでした…

[PR]
by akisiko | 2016-01-04 17:25 | | Comments(2)

エゾシカ肉のヒレカツ

d0051707_20291940.jpg

[PR]
by akisiko | 2015-12-16 20:32 | | Comments(0)

シイタケ

うちのほだ木のシイタケが大きくならないのは、水分が足りないからだというアドバイスを受け、設置場所を変更。水やりもたっぷりと。
すると食べられるくらいの大きさに成長。
でも、もうそろそろ春のシーズンは終わりみたい。
d0051707_18132779.jpg
オリーブオイルで焼いたら、食べごたえシッカリ、旨みが詰まっていました。
d0051707_18133731.jpg
ウドとベーコンとシイタケの煮物。煮ても肉厚シイタケはヘタレない。
冷蔵庫にあった残り物での適当料理でも旨いのは、素材の力か。


[PR]
by akisiko | 2015-05-19 18:21 | | Comments(0)

ニジマスを食す

d0051707_21094241.jpg
いつもはリリースしているニジマスだけれど、今日はあまりに美味しそうだったから3尾をキープした。
今日行った釣り場では、クーラーボックスに釣って持ち帰る餌釣り師もたまに見かけるけれど、今のところ魚の再生産力のほうが漁獲量を上回っている様子。
だから私が3尾ほど持ち帰っても何ともないだろう。
d0051707_21094253.jpg
40クラスを刺身に。
とにかくよく肥っていて、身が厚い。
川魚の刺身は寄生虫の危険が伴うけれど、まあいいやって食べてしまった。
これが旨い。ニジマスってこんなに旨かったのか!ってほどの味。
ねっとりと舌に乗るけれど、後味さっぱり。海産魚の脂のようなくどさはない。
ニジマス君、やるな。
d0051707_21094210.jpg
尺クラスは「ニンニクムニエル ベーコンとチーズ詰め」に。
おなかに刻んだベーコンととろけるチーズを仕込んであります。
以前、ベネズエラ料理の紹介記事(http://vagabundeo.exblog.jp/18814218/)でも書いたけれど、日本人なら「えっ?」と思ってしまう魚と肉と乳製品の合体料理。
しかし、ニジマスとベーコンは最高に相性がいい。
うまいうまいと言いながらペロリと完食。

久しぶりに食べた野生の虹鱒は本当に美味しかった。
けれど、みんながみんな、食べたい欲望のままキャッチ&キープをしていたら、川の資源は枯渇する。
かつて散々釣りまくった人ほどそのことをわかってなくて「昔はたくさんいたんだがなあ」なんてことを言う。
今の北海道には内水面の釣りのルールがないから、釣り人の自主的なキャッチアンドリリースがいまより普及すればと思う。

一方、釣りの根源的な楽しみは食料としての獲物を捕まえることだから、食べることと切り離してスポーツフィッシングのみにしてしまうのもなんだかさみしい話だ。

現代社会のジレンマのひとつではあるけれど、端的にいえば国土の自然が養える人口のキャパシティを大幅にオーバーしているということ。
ということは自然をいたわりつつ自分たちの食料を賄わなければならない。その方法を考えなければならない。
日本にないからって輸入していてもだめですよ。これは世界中で起きている問題だから。

あ、話がでかくなりすぎた。

狩猟採集したものを食べるっていうのは体にも心にもいいものです。
そしてそれは環境にもいいか、持続的であるかどうかを考えればさらにベター、ということだと思います。


[PR]
by akisiko | 2015-05-17 21:57 | | Comments(0)

C級飲み屋の旅

飲むと言ったら激シブなお店ばかり。
d0051707_2138217.jpg

本郷で連れて行ってもらったここも、なかなか。
もちろんコロッケと焼きそばは注文しました。他にもオリジナルメニューの「まきば」も。
このお店の凄い所は、安い飲み屋でありながら、お客もそれほど入っていないというところなんですね。
料理も雰囲気も悪くはないのだけれどね。



d0051707_21385126.jpg

今日は平日の真昼間っから、立ち飲みの聖地・上野に行ってきました。
d0051707_21381293.jpg

正午ごろでも大盛況で皆さんやってらっしゃいます。

スーパードライ大瓶、390
モツ煮込み、300
ハムカツ、300
ホタルイカ、350
しめて¥1340なり。激安です。
立ち飲み屋は料理が一品運ばれてくる度に現金会計です。
だから小銭はテーブルに散らかしたまま。
追加でビールもう一本、あと鶏のから揚げ。でも千円でおつりが来ます。
ぱっと飲んでさっと去る。いいねえ、この感じ。
[PR]
by akisiko | 2015-03-26 22:05 | | Comments(0)

ラー油とそば

d0051707_20182582.jpg
「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」
…という店があると知ったが、食べに行きたくとも東京には行けないので自分で作ってみることにした。

うちではラー油から手づくり。
ちょうどストックが切れるところだったので、Nに作ってもらう。
鷹の爪のみじん切り、花椒、マツの実、クコの実、ウコンをオリーブオイルとごま油に入れて、弱火で香りを出す。

つゆは”つけかしわ”の要領でつくるが、味付けは若干甘めに。

蕎麦はあいにく乾麺。だが、これはこれで旨いんだよ、新得そば。
細切りのねぎと海苔と白ごまをたっぷりとかけるのが流儀。

あたたかいつゆにラー油を入れて、冷たいそばをつけて食べる。

意外とマッチするこの感じ、ぜひお試しください。

[PR]
by akisiko | 2015-01-18 20:29 | | Comments(0)