カテゴリ:旅( 40 )

京都府 美山町

d0051707_2115531.gif
美山町。美しい山の町。

この素敵な名前に魅かれて京都市から山村へ。
地図上ではいかにもよさそうな沢が等高線をぬって走っている。
よし、せっかく日本の西側に来たのだからアマゴを釣ってやろう、と車を走らせた。

の、だが。

More
[PR]
by akisiko | 2005-07-04 21:33 | | Comments(2)
というルートで東京から関西にたどり着きました。

いずれの場所でも多くの出会いと再会がありました。

現在は京都府丹波町。

都市を結ぶように通過してきた私の目には、霧雨にけぶる里山の光景がやさしく映ります。

さて、これから。

新たな出会いを心待ちにしながら、流れるままに旅はつづきます。

行き先不定!日程未定!あの山の向こうに待っているのは何だ?

(ずっとアップしていなかったので、とりあえず投稿したやっつけログでした。)
[PR]
by akisiko | 2005-07-02 14:30 | | Comments(2)

国道4号線で考えたこと

東北方面の旅を切り上げ、東京に一時戻るために本州を南下していた。

真昼間の国道4号線。
長距離の運転はひたすら退屈で、その間あちこちにさまよう思考をゆくがままに任せておいた。

More
[PR]
by akisiko | 2005-06-21 12:16 | | Comments(4)
この竿とともに、数多の沢を歩いてきた。

今から5年前、初給料の一部を費やして購入したCoatac Cremona 7'11" #3/4。
高価な釣竿ではないけれど、使い勝手はいいです。

釣竿って魚を釣れば釣るほど経験値のようなものが増して、
どんどんグレードアップして使い心地がよくなる・・・ってのは気のせいだな。
ただ愛着が湧いているだけです。。。

リールは今回の旅の途中、札幌で衝動的に新調したMarryatのラージアーバー。
それまで使っていたのはフライフィッシングを始めた頃、今から10年以上も前から使っている超安物なのですが、それと比べると性能に雲泥の差があります。
そりゃそうだな、大昔の超安物と最新モデルとじゃ。

でも、超安物クンもこれからもたまに使ってあげたいと思います。
まだまだがんばってもらいたいからね。
d0051707_1995322.jpg

[PR]
by akisiko | 2005-06-10 19:19 | | Comments(0)
高校生のときに買ったこのギターが今回の旅の友。
だいぶかさばる荷物で、助手席を占領してます。

その日の寝る場所を決めたら、
車の中で少しだけギターを練習するのが日課になっています。
課題は戦前のブルース。
アコースティック・ブルースはのんびりほのぼのとしていて
とてつもなくメロウな気分にさせてくれます。
d0051707_17572384.jpg

[PR]
by akisiko | 2005-06-09 18:01 | | Comments(0)
d0051707_16564258.gif
以前から行ってみたいと思っていた砂澤ビッキのアトリエを訪ねた。
ビッキはアイヌの血を引く彫刻家で、この美術館は彼が晩年に生活と制作活動を行った廃校を改築したものである。
樹のもつ本来の姿を見いだし、マサカリとノミによってそこに新たな命を刻み込んだ芸術家は、1989年に他界した。

More
[PR]
by akisiko | 2005-06-01 17:36 | | Comments(0)

北海道 ニセコ町

北海道はまだ雪が多く残っている。
北上しながら旅を続けるとあたかも季節を逆行しているようだ。
山の緑は芽吹いて間もない。
d0051707_9591610.jpg


More
[PR]
by akisiko | 2005-05-31 10:25 | | Comments(2)

青森県 大間町

d0051707_8292040.gif
函館へのフェリーに乗るためにここまで来た。
北海道をめざすライダーたちの多くがこのフェリーを利用するのではないだろうか。
たくさんバイクに乗りたいツーリング好きにとって、
本州最北端のここまで来て北海道の南側・函館から走り始められるこのコースは定番であろう。
また、航路が最短距離ゆえ運賃を安く上げられるというのも大きい。
私も学生時代に、北海道ツーリングでここを通過した。

今日中にフェリーに乗ることも出来た。
でも時間なら今のところたくさんある。大間で一晩過ごすことにした。

More
[PR]
by akisiko | 2005-05-29 18:28 | | Comments(1)
おれの持ち物には親父のお古がとても多い。

このホワイトガソリン使用のストーブ(Coleman Peak1 Model 400)も親父が若かりし頃に使っていた年代物。
d0051707_928426.jpg

1985年購入、いまから20年も前の話だがまだまだ現役でがんばっています。

風に強し、火力強し、しゅこしゅことポンピングする手間がまた使う際に愛着をわかせます。
毎日の炊事をこいつを使って行うのも楽しくなるってもんです。

これからも日々お世話になります。
長生きを祈る!
[PR]
by akisiko | 2005-05-29 09:36 | | Comments(1)
d0051707_15254952.gif
7年ほど前の大学時代、この三陸周辺の渓流でよくヤマメ釣りをしたものだ。
久しぶりに帰ってきた現在でも、川にはおおくの魚が残されている。

これまで群馬県や宮城県で釣竿を垂れてきたが、
岩手に入るやいなや川での魚影の濃さがぐっと上がり大変驚いた。
このみちのくはやっぱり自然の密度が高いらしい。

盛川支流五葉山付近。
大学時代にはもっともよく通ったこの渓相はすばらしく、表面上はちっとも変わっていないように見える。
しかし、この上流では数年前から大規模なダム工事が行われている。

More
[PR]
by akisiko | 2005-05-11 15:34 | | Comments(0)