北海道の自然と開発は依然・・・

現場の下見で林道をひた走る一日。
2年ぶりに五十寒(イソサム)方面へ入山。
d0051707_2118224.jpg

五十寒の沢は、雄武川の支流。
素晴らしい渓相を残す、サクラマスの里。

が。

d0051707_2034020.jpg

ついに雄武町にダムが完成。灌水した姿を初めて見た。
青空を映す湖水はきれいかも知れないけど・・・
d0051707_2053173.jpg
d0051707_2054462.jpg

こんな光景を見たらやるせない。悲しい。

同じ雄武の山の中で、私たちは森林整備の仕事をしているのに。
毎日汗を流して木を植えたり草を刈ったりしているのに。

その森林整備に使われるのと同じ税金によって、
しかも比べ物にならないほど巨額の税金によって、五十寒の沢をこんな無残な姿にしてしまった。

なんなのだ、この国は?

やるせない。悲しい。
[PR]
Commented by yanbaidesu at 2009-06-11 20:15 x
 こんばんは、とても美しい沢に似つかわしくない構造物ですね。
最後の砦の北海道の川も本州と同じようになってきたような、、、、、
何とも悲しいですね。
 ps9月2週目にオホーツクに伺います。
 もしよければ状況等をご教示願えたら幸いです。
 ではまたm(__)m
Commented by akisiko at 2009-06-21 06:58
>Yanbaidesuさん
こんにちは。

北海道開発局って本州より10年以上遅れた考えを持ってます。
最後の砦は、開発の最後のドル箱でもあるんですよね。

9月のサーモン、私はほとんど素人ですけど情報はわかる限りお伝えしますね。
現地でお会いできればいいですね!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2009-06-10 20:16 | | Comments(2)