秋田県 矢島町

d0051707_17402118.gif
大学時代の友人Tの実家を訪ねてきました。
今は北海道で働くTの家に滞在したとき、部屋の片隅にある数冊の本がとっても気になったのがきっかけです。

「身土不二を考える」
「自然と労働」
「森へ通う道」

タイトルだけでとても面白そうなこれらの本に私の心は鷲づかみになったのでした。



聞けば、これらの本はTのお母さんから借りたものとのこと。
そこで、そのお母さんに一目会ってみようと、この訪問を決めたのでした。

矢島町は美味しい清水が流れ出す鳥海山のふもと。
滞在中にはその自然の豊かさを痛いほど思い知らされました。

山では季節の山菜が豊富に採れる。海や川で釣った魚が四季を問わず食卓に並ぶ。これに加えて庭で作った野菜を食べれば、食費はほとんどかからないとのこと。
2日間の間、お父さん・お母さんとお膳をともにしてきましたが、獲りたて・採れたての野菜・山菜、釣りたての魚の並ぶ食事のおいしいことおいしいこと。見た目には豪華さのない家庭料理ですが、こころからお腹一杯になる食卓でした。

お父さんには丸一日時間を割いてもらって、周辺を案内していただきました。

朝はワラビ・アイコ・イタドリなどの山菜取り、昼はイワナ・サクラマスの釣りポイントを教えてもらって、夕方からアジ釣り。
その日取れたものだけで一日のおかずにおつりの来るほどの収穫。
本当に楽しい一日を過ごさせていただきました。
d0051707_1804079.jpg

余談ですが、お父さんは釣り歴50年という超ベテラン。
海・川問わず、「食べる魚はなんでも釣る」という偉大な釣り師です。
そういう方と竿を並べられただけで、私としては幸せ一杯。

同時に釣りの奥深さをも教えてもらったのでした。

「一生幸せになりたかったら、釣りをおぼえなさい」
                        ‐‐‐開高健
[PR]
Commented by 火精人キム at 2005-06-14 18:04 x
いいな~、こういう食費のかからん生活・・・。

めちゃくちゃ憧れるわ。

そのT君のご両親は、ほんまもんの楽園に住んでるんやね。



開高さんの引用を読んで、石川さんを思い出したよ・・・笑

よく石川さんが、開高さんと話たことを教えてくれた。

嫁さんができたらなかなか女遊びも自由にできひんから、釣りでも覚えたらどうかって、石川さんに勧めたっていう話もあったな・・・。
Commented by akisiko at 2005-06-17 11:53
うん、この楽園、とっても気に入った。冬は厳しいみたいだけどね。

やっぱり、自分で獲った食べ物を食べるのと、スーパーで買ってきた製品を食べるのとではぜんぜん違うのね。
畑で3つだけ取れたイチゴをひとつずつみんなで食べたんだけど、
「パックに山盛りになったイチゴなんていらん!一個で十分!」
って思ったよ。

話は変わって、この釣りの大先輩のおやじさんと堤防に並んで座って、「君はなかなかうまいね」と言わしめたよ!鼻高々!!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2005-06-13 18:03 | | Comments(2)