旭川へ疑似入院(旭岳編)

旭川の佐々木さんに骨折のいきさつを電話説明。

「利き手が使えなくて、メシも風呂もままならんよー」
「酒だけは飲めるから週末だけ佐々木さんちに入院させてくれー」

と、勝手なことを言ってみたらOKがでた。

前からこの週末はかんじき遊びをしようと約束していたのだ。
それがこのありさまで中止になってしまった。

それでも遊びにおいでと言ってくれるからありがたい。

「ひとりでイタイ手を抱えてそこに居てもしょうがないでしょ」
って言って引っ張り出してくれたのでした。

んで。

かんじき遊びに行くはずだった旭岳周辺に連れて行ってもらう。
d0051707_15312417.jpg

d0051707_15315793.jpg

天気が良くて雪もどっさりあってばっちり寒くて、
体動かして遊べたらたのしいだろうなぁって日和。

そんなこと言ってもしょうがないので温泉療養に行きました。
湧駒荘という立派な山荘に連れて行ってもらったのだけれど、上品なそして個性的な湯でした。
さらには、標高が高いところで温泉につかるので、
気圧の低さから骨髄の造血作用が増して、
さらには骨も丈夫になるなんて言う能書きも。

なんて贅沢な週末入院!
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2009-02-02 15:43 | | Comments(0)