マドラーゾンカー入門

d0051707_1981019.jpg

マドラーゾンカーと呼ばれるこのフライ。
練習に巻いてみた試作がフライボックスの中に眠っていたままだったのだが、
先月のアメマス釣行で使ってみたら爆釣になってしまたのでした。

あの川のアメマスフィッシングは、ルースニングかアウトリガーっていうのが定石なのだけど、
マドラーゾンカーのような「泳がせて魅せる」釣り方がこんなにハマるとは意外でした。

ちょっとした溜まりにダウンクロスでキャスト。
魚はごっそり群れている。定位しているのは中層からボトム。
フライはその群れの上を横切ってスウィング。
頃合いになったら竿先でチョンチョンっと動きをつけながら引っ張ってくると・・・

下から追い上げて、バクッ!フライを急速度で追って、バクッ!

ルースニングで棚を合わせてナチュラルに流しても未反応だったやつらが、この動きには別反応を見せるようで。
突然スイッチが入って追い食いするのですね。

しかも一投一尾で竿が曲がる反応。

そのスイッチの入り方、食うのを見て合わせる面白さ。
マドラーゾンカーの底力を見た思いでした。

これでニジマスの引っ張りでも釣りたいなあ・・・
なんてことを考えてると毛バリ巻く手にも力が入っちゃって。
ディアヘアをフレアさせつつ、いつ釣りに行けるか思案する日々です。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2008-12-07 19:43 | | Comments(0)