山奥のダムにて

d0051707_1559886.jpg

今年はやはり雪が少ないようで、ダム湖までの林道は完全に雪が無くなっておりました。
d0051707_1603779.jpg

魚はまだインレットに集結していないみたい。
沖目に投げる必要ありと判断し、スペイで挑戦。
d0051707_1615075.jpg

なんとか一尾。記念すべき、ダブルハンドロッドでの初ニジでした!

しかしその後アタリがない。結構渋い。
近くで釣っているおじさんと情報交換すると、もう4尾あげているとのこと。
タナやリトリーブコースを聞き出しつつ、並んで釣らせてもらうことに。
d0051707_165258.jpg

最近、鰭(ヒレ)が気になるのです・・・

けれども。やっぱり渋い。
回遊と遭遇した時にぽつぽつ釣れるようだ。

その後3尾追加したけど、長時間冷水に立ちこんで足がキンキンに冷えたので撤収。
[PR]
Commented by 在東京広島人 at 2008-04-13 16:43 x
「鰭」いいよね。
俺も実はかなり鰭フェチ。
ヤマメのオスの白線が入ったしりびれ。
レインボーのちょっと赤みがかった腹びれ。
イワナの白いふちが入った、むなびれ・・・。

おこってピンと張ったトラウトのむなびれなんて、
本当にたまらんねえ。

とはいえ、早く北海道に行きたい病に駆られている俺。
新調したORVISに、早く魂を入れたい・・・。
Commented by akisiko at 2008-04-16 07:08
>在東京広島人 
やっぱりね!
この造形、色彩美。
そこから生み出される推進力、爆発的ダッシュ。

鰭フェチ同盟、ここに結ばれました・・・

トラウト以外ではヨシノボリ(婚姻色・オス)の背鰭が好き(笑)
Commented by 在東京広島人 at 2008-04-17 02:53 x
オレは、鮎の背びれが好き。
学名の由来だけあって、帆のような、アゲハチョウのような、
なんとも癒えないあの感覚が好き。
ちなみに、アブラビレも大好き。
Commented by akisiko at 2008-04-17 05:42
アユの背鰭ね!立派だよね。華麗かつ力強いというか。
・・・マニアックだなぁ。

バラムンディの尾びれが気になるわぁ。現物見たことないけど。
あの丸さがマディ・ウォーターな感じ?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2008-04-13 16:07 | | Comments(4)