アリンコ・ウェット

盛夏のフライパターンを模索中。
渇水、高水温、ライズなし、それでも魚は何かを食べている・・・
昨年7月に苦戦した、そんな状況に対応すべき毛鉤が必要なのです。
d0051707_5511060.jpg

アリンコ・ウェットのバリエーション。
コーチマン風のボディにパートリッジのシンプルフライ。サイズは#16。

効くかな?ダメかな??

啓蟄を前にして、気分は夏、です。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2008-03-04 05:54 | | Comments(0)