Fat Albert

夏の渓流を夢想しながら、だらしなくネットで釣り情報を見ていると・・・

かのヘンリーズフォークでグッドサイズのニジマスをばしばし引きずり出すというフライを発見。

その名も「ファット・アルバート」

くわしい巻き方もリンクされてあったので、作って見ることにしました。

で、そのファット・アルバートはこんな感じの毛鉤。
d0051707_1625236.jpg

・・・え?
シビアな釣りで有名なヘンリーズフォークで、このフライ?
プラスティック素材を組み合わせて、まるで玩具のような。
d0051707_16264714.jpg

日本でもチェルノブイリ・アントというパターンが、ニジマスキラーとして有名になっていますが、それにゴムの足を追加させ、フォーム材も大盛り。

自分もたまにチェルノブイリ・アントを使います。

ライズの捕食物がわからないとき、何を投げても釣れないとき、ドライフライに全く反応がないとき・・・
気分転換で唐突に使うことが多いのだけれど、その結果、全く無視されたり、あるいは入れ喰い状態になったりと、魚の反応も気まぐれ。

d0051707_16323971.jpg


しかし、何かしら強いアピール力を持ったフライなのでしょう。

いずれにせよ、こんな楽しいフライにドカン!と出たら病みつきになっちゃうかもなぁ。

来年、やっぱり気まぐれ的に使ってみたいファット・アルバートでした。
[PR]
Commented by nokky at 2007-12-12 23:42 x
チェルノブイリアント、お気に入りです。
蛍光のインジケーターにアタックしてきたのをヒントに、
周りが苦戦している中ヒット連発したのには真夏の昼のこと。
分らないもんです。
浮力が変わらないので、初心者にはもってこいですな。
Commented by akisiko at 2007-12-16 08:45
ドカンと出る真夏のニジマス・・・はやく夏が来ないかなあああ。

俺も浮力が維持するこのフライを、ダブルハンドでキャストするつもり。
へたくそスペイでは普通のフライじゃすぐ沈んじゃうので。。。

今度ファット・アルバート、送るわ!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2007-12-12 16:35 | | Comments(2)