2年目のガテン系講習会

昨年の今頃は刈払い機とチェーンソーの特別安全講習を受けました。

林業2年生の今年は、「車両系建設機械・運転技能講習」というのを受けてまいりました。
「車両系建設機械」っていうのは、所謂建設現場で動いている重機械で、ブルドーザやユンボのことです。
この講習を受けて修了書を取得しないと、業務でこれらの重機を使えないことになっています。

2日間・14時間の講習で1日目は学科、2日目は実技でした。
それぞれ試験があるので、昨年のチェーンソーのように学科の退屈なお話のあいだに居眠りをしている、というわけにはいきません。

d0051707_21265060.jpg

実技で乗ったのはこのタイヤショベルと、
d0051707_21273451.jpg

バックホゥです。

タイヤショベルには大特免許取得の際に乗ったことがあるけれど、バックホゥには生まれて初めて乗りました。
右手と左手で別々に操作してアームを動かすのは、なかなかに難しい。

だけど、私が遠くない将来に運転するであろう林業用重機は、さらに複雑な「グラップル」というもの。
↓グラップル
d0051707_21343128.jpg

バックホゥの動きに、さらに木材を「つかむ」「まわす」「ノコギリで切る」という3系統の動きが加わり、操縦は難解を極めると思われ・・・

こんなもの動かせるのかしら?
やっかいなものを考えついた人がいるものです。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2007-04-21 21:36 | | Comments(0)