手作り手甲

d0051707_6283411.jpg

つれあいにリクエストして作ってもらった毛糸の手甲(てっこう)です。

モデルとなったのは、70歳の山仕事人が使っていたもの。
彼はこの手甲の上にゴム手袋をして、冬季の仕事をしていました。
手の甲を暖めると指先が冷えないうえ、厚手の手袋に比べて自由度が高くてチェーンソーなどが扱いやすいとのこと。

冬山の仕事も終わったので、その手甲を借りてきて、つれあいが同じものを作ってくれたのです。

季節外れのアイテム?
私はこれをフライフィッシングに使おうと思っています。

厳冬期には指先の無いネオプレーン素材のグローブを使いますが、ラインのすべりが悪かったり鉤が結びづらかったりで不自由するのです。

でもこの毛糸の手甲なら、これからの気候にはじゅうぶん暖かいし、手のひらが出ているので細かい作業もキャスティングもやりやすいのではないかと・・・

能書きはともかく、忍者みたいでかっこいいんで気に入ってます。
[PR]
Commented by tossy at 2007-03-31 20:58 x
そらぁあったかそうだわぁ。指先が出てるのって意外とシーズン関係なく使えるシーンが多いよ。冷え性の私なんぞは、わざわざ手袋切ったものをはめて、早朝のキーボード打ちとか書き物とかしてるもん。
ま、akisikoのは、あったかさが違うだろうねぇ。ふふふ・・・。
Commented by akisiko at 2007-04-03 20:09
だいぶ春めいてきたものの、まだまだ冷える北海道です。
そちらはもう青い息吹が見えるのかな?
こっちではやっとフキノトウが出てきたところ。
本格的な山菜シーズンには、あと1ヶ月ってところかな・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by akisiko | 2007-03-27 06:58 | | Comments(2)